画像の文字列
ミュゼは、ワキ脱が安いことで人気がある大手脱毛サロンです。

エピレは、総合エステティックサロンの老舗TBCがプロデュースした脱毛専門のサロンです。

どちらも全国展開しているサロンですが、ミュゼの店舗数は全国に180店舗以上。

一方、エピレは約30店舗ですから、店舗数で比較すると、圧倒的にミュゼの方が多いです。

どちらも、初めての方向けに部位脱毛のキャンペーンをしていることが多いです。

今回はミュゼとエピレを比較していきます。

1.ミュゼとエピレを全身脱毛で比較

脱毛サロンの中では、ミュゼもエピレも全身脱毛の料金は、比較的高めのサロンです。

通常料金で比較するなら、脱毛ラボやキレイモの全身脱毛の方が安く通えるでしょう。

(脱毛ラボやキレイモについて知りたい方は、「安いと評判の脱毛ラボの特徴は?」「キレイモの特徴・評判と口コミ」の記事を参考にしてください。」)

ここからは、ミュゼとエピレの全身脱毛の料金と特徴を比較していきたいと思います。

1-1.ミュゼの全身脱毛はお得なキャンペーンを狙う

エピレとミュゼの全身脱毛の料金を比較したいと思います。

6回の場合の各サロンの通常料金は、下記の通りです。(いずれも税抜価格)

  • エピレ「全身トータルプラン」6回・・・176,100円
  • ミュゼ「全身脱毛コース」(レギュラープラン)6回・・・378,000円
  • ミュゼ「全身脱毛コース」(デイプラン)6回・・・315,000円

ミュゼのレギュラープランは、平日も休日も予約が可能なプランです。

デイプランは、平日の12:00~18:00の時間限定で予約可能なプランです。

時間が限定されているデイプランの方がお得に通えます。時間に融通がきく方は、デイプランも良いですね。

ミュゼの通常料金は、レギュラープランの場合、単価63,000円(税抜)、デイプランの場合、単価52,500円(税抜)に、希望する回数を掛けた額になります。

上記のように単純計算すると、ミュゼの全身脱毛は、とても高くなりますが、実際は、キャンペーンなどでもっと安くなります。

例えば、2017年7月のキャンペーンですと、4回以上を申し込む場合は、無料カウンセリングを受けて公式アプリのダウンロードで半額になります。

半額キャンペーンを適用後、エピレと比較すると、レギュラープランはエピレの方が安く、デイプランの場合は、ミュゼの方が安く通えますね。

ミュゼ

ミュゼの全身脱毛の料金を他のサロンと比較する場合は、キャンペーンなどの割引を考慮して比較したほうが良いです。

キャンペーンは、時期によって変更されますから、その時になってみないとわかりませんが、半額キャンペーンだと、他のサロンと同じくらい、若しくは安くお手入れできることもあるので、ミュゼの全身脱毛は、キャンペーンを行っているときが狙い目ですね。

ミュゼで全身脱毛をしたい方は、ぜひ、最新のキャンペーン情報を下記の公式サイトでチェックしてみて下さい。

エピレは、今までの傾向から考えると、部位脱毛のキャンペーンが多いので、全身脱毛が安くなることはなさそうですが、今後に期待したいですね。

(上記料金は、2017年8月調査時点のものです。)

1-2.ミュゼは顔脱毛ができない

ミュゼは、全身脱毛でも部位脱毛でも、顔のお手入れができません。

以前は、鼻下とアゴのメニューがありましたが、現在はありません。

ミュゼは、顔以外は、ほぼ全身のお手入れが可能です。

顔脱毛を含む全身脱毛を考えているなら、エピレがおすすめです。

エピレ

エピレの全身脱毛は、エピレが決めた全身30部位から24部位選べるプランです。

エピレの場合は、全身を30部位に分けて、大きめの範囲をLパーツ、小さ目の範囲をSパーツとしています。

選べる24部位は、Lパーツ12部位とSパーツ12部位の合計です。
(Sパーツ2部位は、Lパーツ1部位と交換できます。逆も可能です。)

エピレでは、顔のパーツの鼻下とアゴはSパーツ、それ以外はLパーツと設定されています。

エピレは、脱毛したい部位を選択するプランなので、顔脱毛をしっかりしたい場合は、顔の部位を選択すればお手入れすることができます。

また、24部位では足りない場合は、好きな部位をお手入れできるチョイスプランもあるので、そちらを追加して申し込むこともできます。

1-3.ミュゼは全身脱毛コースが豊富

ミュゼは、「全身脱毛コース」の他にも、「全身脱毛コースバリュー」や「全身脱毛コースライト」といったコースもあります。

「全身脱毛コースバリュー」は、ミュゼが決めた12パターンの中から好きな組み合わせを選べるセットコースです。

「全身脱もコースライト」は、Aプラン、Bプラン、Cプランがあり、人気の部位がセットになったコースです。

全身の気になる部位だけをしたいという方におすすめのプランです。

エピレの場合は、10部位を選べるプランがあります。

2.ミュゼとエピレを部位脱毛で比較

上記でも書いたように、ミュゼには、顔脱毛のメニューはありません。

エピレには、フェイス・5プランという顔脱毛がセットになったプランがあり、顔のお手入れが可能です。

エピレの顔脱毛でお手入れできる範囲は、鼻下、アゴ、ひたい、ほほ、フェイスラインです。

エピレのフェイス・5プランの通常価格は、2回で27,200円(税抜)ですが、初めての方限定のファーストプランでは、2回6,000円(税込)でお手入れできます。

ここからは、ミュゼとエピレの部位脱毛の料金を比較していきたいと思います。

2-1.ワキとVラインの脱毛ならミュゼがお得

ミュゼのワキ脱毛
ワキとVラインのお手入れをするなら、どこのサロンよりもミュゼがお得です。

ミュゼには、ワキとVラインのお手入れができる「美容脱毛完了コース」があります。

このコースは、回数無制限・期間無制限で利用できるコースです。つまり、何度でもいつまでも通うことができます。

美容脱毛完了コースの料金は、下記の通りです。

  • ワキ脱毛のみ・・・3,600円(税込)
  • Vラインの脱毛のみ・・・3,600円(税込)
  • ワキ脱毛+Vラインの脱毛2,400円(税抜)

エピレにも、ワキやVラインの初めての方限定のファーストプランがあり、通常料金より安くお手入れできますが、回数が決められています。

ミュゼは、回数に関係なく、期間も無期限という点において、エピレよりもお得です。

ちなみに、エピレのファーストプランの料金は、両ワキ+Vラインの脱毛6回プランで700円(税込)です。

6回に限定してするなら、エピレの方が安く感じますが、ミュゼのワキ脱毛とVラインの美容脱毛完了コースは、キャンペーンで、さらに割引なることがあります。

ぜひ、最新のキャンペーン情報で比較してみて下さい。

2-2.ミュゼとエピレのVIO脱毛を比較

ミュゼもエピレもVIO脱毛がセットになったプランがあります。

6回の通常料金は、下記の通りです。

  • エピレ「VIO・5プラン」・・・56,100円(税抜)
  • ミュゼ「ハイジニーナ7VIO脱毛コース」レギュラープラン・・・108,000円(税抜)
  • ミュゼ「ハイジニーナ7VIO脱毛コース」デイプラン・・・90,000円(税抜)

こうして比較すると、ミュゼはとっても高いですが、こちらも、キャンペーンなどで割り引かれます。
ミュゼ半額キャンペーン
2017年8月のキャンペーンでは、4回以上の契約なら、無料カウンセリング+ミュゼ公式アプリのダウンロードで50%OFFになります。

つまり、このキャンペーンを適用するなら、レギュラープランは54,000円、デイプランは45,000円です。

キャンペーンの内容によっては、エピレより安く申し込めますね。
(上記料金は、2017年8月調査時点のものです。)

3.ミュゼとエピレをその他の特徴で比較

予約はしたものの、不意の予定や体調不良で行けなくなることもありますよね。

脱毛サロンの予約をキャンセルすると、キャンセル料がかかるのが一般的です。

キャンセルに厳しいサロンは、1回消化というようなペナルティがあるサロンもあります。

ミュゼとエピレのキャンセル料

ミュゼはキャンセル料がかかりません。

エピレは、以前キャンセル料が発生していましたが、今は、2回目以降のキャンセル料ありません。

ミュゼもエピレも、1回消化というようなペナルティがないので、予約の点からみると利用しやすいサロンといえます。

脱毛サロンでは、お手入れに通う前に、施術部位のムダ毛を自己処理していくのが一般的です。

ミュゼもエピレも自己処理が必要なサロンです。

ただ、自己処理をしても、体の背面など自己処理がしにくい部位は、自己処理しても、剃り残してしまう可能性はありますよね。

こうした剃り残しについての各サロンの対応は様々で、有料でシェービングしてくれるサロン、無料でシェービングしてくれるサロン、その部位を避けてお手入れするというサロンがあります。

エピレもミュゼも剃り残しがあった場合は、基本的にその部位は避けてお手入れします。

ミュゼについては、襟足、背中上下、ヒップ奥に限っては、スタッフがお手伝いしてくれます。

スタッフの対応や、お店の雰囲気については、店舗によって違いますので、無料カウンセリングで確認してみましょう。

無料カウンセリングは、下記公式サイトから申し込めます。

無料カウンセリングは、サロンを知る良い機会です。
どちらのサロンも、強引な勧誘は行われていないので気軽利用できます。

お得なキャンペーンや料金についても知ることができます。ぜひ活用してみて下いね。