くすぐったいエステ
脱毛エステのお手入れ中にくすぐったいと感じる人はいないのかな?

そう思ったことはありませんか?

私個人の経験から言うと、脱毛エステは、くすぐったいことがあります。

脱毛中というより、光を当てる前のシェービングやジェルを塗るときが、くすぐったいくて苦手です。

人にお手入れをされるとくすぐったいから、エステや整体など、そういったものは避けてきたという方はいませんか?

私がそうでした。正直、人に何かされるのは苦手です。でも、自己処理では綺麗にならないし、毛深くてお手入れが大変ということで、必要に駆られて通いました。

今回は、脱毛エステのお手入れがどんな感じなのか、くすぐったいときの対策などについて書いていきます。

脱毛エステのお手入れはどんな感じで進むのか

サロンによって、お手入れの仕方は若干異なりますが、一般的な脱毛サロンのお手入れについて書いていきますね。

脱毛エステを受けるときは、脱毛部位を事前に自分でシェービングしておきます。

当日、用意された施術服に着替えたら、スタッフに、脱毛部位がちゃんと自己処理されているかをチェックされます。

ここで、剃り残しがあったら、スタッフがシェービングしてくれます。(このシェービングは、サロンによって有料だったり、無料だったりします。)

まず、このシェービングがくすぐったいのです。

次に、光脱毛の熱で脱毛部位が炎症を起こしたりしないように、ジェルを塗ってくれます。

このジェルは、常温のジェル、冷たいジェル、温かいジェル、美容成分が入っているジェルなど、サロンによって違います。

脱毛サロンの「キレイモ」なんかは、常温ですが、冷たいジェルを使用するところの方が多いです。

このジェルを塗るときが、くすぐったいと感じやすいです。

くすぐったさの度合いは、お手入れするスタッフによっても異なると思います。丁寧で優しくされると、よりくすぐったさを感じやすいでしょう。

ガサツなスタッフは、もちろんお断りですが、ある程度、サッサとパッパとやってくれる人の方が、くすぐったさはありません。

シェービングが終わり、ジェルも塗り終わったら、光を当てて、ムダ毛のお手入れをしています。

このときもくすぐったいって感じるは、いるかもしれませんね。

くすぐったい部位は、ワキ、ワキ腹などのワキ周辺、お腹、足、デリケートゾーンなど、人によって様々です。

脱毛エステ中にくすぐったいときの対策

脱毛エステのお手入れ
くすぐったさは、脱毛エステを受けたいなら我慢するしかなくて、対策といっても、大したことはできないのですが、いくつか紹介したいと思います。

まず、事前の自己処理をしっかりしておくことです。しっかりシェービングしておけば、スタッフにされる時間が短くなります。

次に、くすぐったくなってしまうということを、スタッフにカミングアウトしておくことです。

我慢しないといけないと思うと、より意識してしまい敏感になって、くすぐったくなってしまします。

担当してくれるスタッフに、いつもくすぐったいと感じてしまうので、お手入れ中に動いてしまうかもしれないという旨を伝えておくと、リラックスしやすいです。

スタッフの人と話すと、くすぐったいと感じる人は結構いるみたいで、慣れているので気にしなくていいですよということを言われました。

特に、お腹周りや足、ワキはくすぐったがられるそうです。

くすぐったいと感じている人は多いんだと思うと、気が楽になりました。

迷っているならお試しキャンペーンがおすすめ

くすぐったさに躊躇している方は、一度脱毛エステを受けてみると良いでしょう。

最初から多い回数や複数部位を選ぶコースを選択して料金が高くなっていまうと、通えなくなったときにもったいないです。

脱毛サロンでは、初めての方向けに、安いお試しキャンぺーンを実施しているところがほとんどです。

くすぐったいのが苦手で躊躇しているあなたにおすすめのサロンがあります。

脱毛サロン「ミュゼプラチナム」です。

ミュゼ

ミュゼは、ワキ脱毛とVラインの脱毛が、他のサロンより安くてお得です。

キャンペーンは、時期により異なりますが、この部位については、ほぼ毎回キャンペーンをしていますので、利用されてみてはいかがでしょうか。

ワキ脱毛とVラインの脱毛は、美容脱毛完了コースになります。このコースは、回数無制限・期間無制限です。

何回でもいつまでも通える、とってもお得なコースです。

最新のキャンペーンや無料カウンセリングの申し込みは、下記公式サイトからご確認できます。

くすぐったさが気になるなら、無料カウンセリングで相談してみてもよいですね。

ワキやVラインは、くすぐったいと感じる人が多いので、お試しするのに最適ですよ。

お試しして大丈夫そうだったら、他のコースやサロンを考えると良いでしょう。