脱毛エステとほくろ

脱毛エステで主流の光脱毛という方法は、メラニン色素(黒色)に反応する光をムダ毛にあてて熱エネルギーで処理していく方法です。

そのため、ほくろが多い方は、黒色のほくろが反応して火傷しないか心配になってしまいますよね。

今回は、脱毛エステとほくろについて書いていきたいと思います。

ほくろが多い場合の脱毛エステのお手入れ

脱毛エステを受ける部位が、白色で綺麗な肌とは限りませんよね。

ホクロがあったり、シミがあったり、傷跡があったり。

脱毛エステでは、光を当てると良くない部位には、保護シールなどを貼って光が当たらないように保護してから、光を当てていきます。

保護シールなどの対処は、スタッフがチェックしてやってくれますので、こちらで事前に何かする必要はありません。

保護の仕方は、サロンによって異なりますから、エステを受ける前に確認しておくと安心です。

脱毛エステでほくろが消えるって本当?

脱毛エステとほくろ
脱毛エステでほくろが消えるということはありません。

一方、医療脱毛では、ほくろが消えたという人もいます。

医療脱毛と脱毛エステでは、使用している光が違い、医療脱毛の方は、レーザーを使用します。

レーザーは、ほくろの除去にも使用されることがあるので、レーザー脱毛器の場合、ほくろが消えてしまうこともあるようです。

そもそも、脱毛エステでは、ほくろ部分は保護シールを貼って、光が当たらないようにします。

そのため、ほくろが、脱毛エステの光の影響を受けることはありません。

脱毛エステでほくろが増えることはないの?

では、脱毛エステを受けてほくろが増えるということはあるのでしょうか?

ほくろができる原因は、紫外線やホルモンバランスの変化、過度の摩擦や圧力によるものだと言われています。

脱毛エステの光は、紫外線ではありません。また、光を当てることによってホルモンバランスが変化するということは考えられません。

それに、摩擦や圧力を与えるものでもありません。

これらのことから、脱毛エステの光によってほくろが増えるということは考えにくいです。

もし、脱毛エステを受けて、ホクロが増えたと感じている人がいたら、他のことが原因でしょう。

脱毛するなら脱毛エステがおすすめ

普通の脱毛サロンでは、ほくろを保護してお手入れしてくれます。また、脱毛エステの光によって、ほくろが増える心配もありません。

ムダ毛が気になっているなら、脱毛サロンでのお手入れがおすすめです。

自己処理では、剃り跡が残りますし、繰り返し頻繁に処理し続けないといけないため、肌への負担も大きくなります。

脱毛エステなら、脱毛なので綺麗に仕上がりますし、繰り返し受けることでお手入れが楽になります。

脱毛エステを申し込むときは、回数を選択するのが一般的ですが、脱毛エステを受けたことがない方は、何回受けたらいいのかわからず、まよってしまいますよね。

脱毛エステの回数と、仕上がり具合のイメージについては「脱毛の回数は?いつから始める?」の記事に書いていますが、個人差があります。

脱もエステを実際に試してみるのが一番です。

脱毛サロン「ミュゼプラチナム」は、気軽に脱毛エステを試してみたいという方に最適のコースがあります。

ワキ脱毛・Vラインの脱毛の美容脱毛完了コースです。

ミュゼ

このコースは、回数無制限・期間無制限なので、何回でもいつまでも受けることができるのがメリットです。

しかも、通常料金でワキ+Vラインの脱毛が、2,400円(税抜)、ワキのみ又はVラインのみの脱毛が3,600円(税込)とかなりお得な料金です。(2017年5月調査時点)

さらに、キャンペーンでは、通常料金よりお安くなっていることもあり、初心者がはじめてエステを受けるのに最適なプランです。

キャンペーンの最新情報は、下記の公式サイトからご確認ください。

ほくろの毛の処理方法は?

ここまでは、ほくろがある場合の脱毛エステについてや、脱毛エステのほくろへの影響について書いてきましたが、ほくろに生えている毛を脱毛したいと考えている人もいるでしょう。

ほくろは、良性のものと悪性のものとあり、ほとんどの場合が良性で、そのままにしておいても特に問題はないと言われています。

ほくろの毛を抜くとガンになると聞いたことはありませんか?

ほくろの毛を抜くと、必ずしも癌になるというわけではありませんが、ほくろをいじることによって、良性のほくろが悪性に変化するということも考えられるため、ほくろの毛は、抜いたりしないことをおすすめします。

ほくろの毛の処理方法は、抜くよりも、ハサミなどでカットするという方法が一般的です。
ほくろのムダ毛処理
ほくろに毛が生えているといっても、1つか2つくらいでしょうから、それほど手間もかからないですよね。

無理やり毛抜きで抜くよりも、ハサミなどでカットする方が、ホクロにとっては優しい処理方法と言えます。