ワキ脱毛
ドラックストアなどで除毛クリームを探すと、エピラットやヴィートといった商品をよく見かけますね。

エピラットは、パッケージにバレリーナの絵が載っています。ドラッグストアやネットで手に入りやすく、人気の商品です。

今回は、エピラットについて、その特徴や使用感、効果をまとめました。

エピラット除毛クリームの特徴

エピラット除毛クリームは用途に合わせて、いくつか種類があります。

通常タイプの他、敏感肌用や放置時間が短いスピーディタイプ、泡で除毛する除毛フォームなどです。

エピラットは、ひじ、ひざ、うで、あし、ワキに使用できますが、商品により、使用できる部位が違うので、注意してくださいね。

エピラットは、ビキニラインの使用ができるものはありません。

除毛クリームのヴィートは、ビキニラインにも使用ができる商品がありますので、除毛クリームでビキニラインをお手入れしたい方は、そちらを検討されると良いでしょう。

ヴィートはフランス製ですが、エピラットは日本製です。

エピラットは、ドラッグストアやネットで1,000円前後で購入することができます。

バレリーナのイラストで女性らしいパッケージで売られていますが、男性の使用も可能です。

除毛クリームの良さ

除毛クリームのメリット
除毛クリームは、自宅でとても簡単にお手入れできるというメリットがあります。

また、カミソリと違って、除毛後のチクチク感が軽減されます。

カミソリの場合は、ムダ毛をカットするので、毛先が尖ってしまい、チクチク感がありますが、除毛クリームの場合、毛を溶かしながら除毛するので、毛先が丸くなります。

脱毛ワックスなど、毛を引き抜いて処理する場合は、痛みが伴いますが、除毛クリームの場合は、そうした痛みがないのが良い点ですね。

エピラット除毛クリームの使い方

まずは、クリームが肌に合うかパッチテストを行います。

ヘラがついているタイプの場合は、ヘラで除毛したい部位にクリームを塗っていきます。

塗るときは、1~3mmの厚さで、根元の方にもクリームがいきわたるように塗ります。

5~10分程(放置時間は商品により異なります)放置したら、ヘラやティッシュでムダ毛とクリームを取り除きます。

最後に、肌に残ったクリームを、ぬるま湯や水で洗い流します。

(使用の際は、商品の説明書に従って使用してください。)

エピラット除毛クリームの口コミや効果は?

エピラットの使用感
エピラット除毛クリームを実際に使ってみた感想や口コミについてまとめました。

除毛クリームは、独特のニオイがすることがあります。エピラットもニオイはしますが、それほど気になりませんでした。

クリームの香りについては、私のように気にならない人もいれば、パッケージに書いてある香りとは違った匂いがする、クリーム独特の臭いが苦手という方もいます。

今回、私が使用したのは、敏感肌用です。かなり昔に、別の除毛クリームを使用したところ肌に合わなかったということもあり、敏感肌用を選んでみました。

敏感肌用でしたが、クリーム使用中に、他の商品ほどではなかったですが、少しピリピリする感じがありました。使用後、少し赤みが出ました。

除毛効果については、中途半端な除毛状態になって、かなり微妙な仕上がりになりました。ほとんどの毛が、除毛できませんでした。

ちなみに、使用した部位は足で、毛質は人より太めで硬いと思います。除毛クリームは、他のメーカーを試したことがあるんですが、綺麗に仕上がったことがありません。

私の毛質には、除毛クリームは合っていないのだと思います。

除毛クリームの効果は、個人差があり、私のように、あまり除毛できなかったという人もいれば、綺麗に除毛できて、継続して愛用される方もいます。

除毛クリームの刺激についても、使用者によって、肌に合う人、合わない人様々です。使用前に、肌に合うかパッチテストをしましょう。

クリームが合わなかった人の意見としては、赤くなった、痒みが出た、ヒリヒリしたという意見があります。

エピラットには、うるおい保護成分が入っているので、仕上がりがしっとりとしたというような感想もあります。

除毛クリームの評価は、かなり分かれます。

除毛クリームでうまく除毛できない場合は?

除毛クリームのデメリット
エピラットを使用して、うまく除毛できない場合に、放置時間を伸ばすという人もいますが、肌のためにも、放置時間は伸ばさず、一度洗い流して、日を改めて1日おいてから使用するというのが良いようです。

それでも、うまく除毛できない場合や除毛クリームの肌への刺激が強すぎる場合は、別のお手入れ法を検討された方が良いでしょう。

除毛クリームは、アルカリ性の薬剤で、毛のタンパク質を溶かして除毛するという方法です。

私たちの肌には、タンパク質も含まれているので、除毛クリームは、肌へ多少の負担があると考えてよいでしょう。

肌に合わないまま、使用し続けるのはおすすめしません。

また、中途半端にしか除毛できない場合、結局カミソリやシェーバーで処理することになり、あまり意味がありません。

ムダ毛のお手入れには、いろいろな方法がありますが、中でも脱毛エステはおすすめの方法です。

除毛クリームでは難しいデリケートゾーンや顔、体の背面などのお手入れもできます。

脱毛エステは、ムダ毛に光を当ててお手入れしていきますが、光に反応があったムダ毛が、2週間前後で抜け落ちます。

除毛と違い、回数を重ねるごとに自己処理の負担が軽くなっていきます。また、仕上がりが綺麗なのも脱毛エステの良さです。

脱毛エステは、料金が高いイメージですが、部位脱毛の場合やキャンペーンを利用すると、費用を抑えることもできます。

除毛クリームは、容量も少ないですし、うまく除毛できたとしても繰り返しお手入れが必要です。単価は安くても総合的には、費用がかかってしまうこともあります。

脱毛エステには、下記のような、お得なコースもあります。

脱毛サロンミュゼの美容脱毛完了コース

  1. ミュゼ

    ミュゼ

    ミュゼの美容脱毛完了コースは、「ワキのみ」、「Vラインのみ」、「ワキ+Vライン」のお手入れができるコースです。2016年12月調査時点の通常価格は、下記の通りです。

    「ワキのみ」又は、「Vラインのみ」のお手入れの場合、3,600円(税込)。

    「ワキ+Vライン」のお手入れの場合、2,400円(税抜)。

    キャンペーン次第では、もっとお得になることもあります。(キャンペーンは時期により異なります。)

一見、除毛クリームの単価よりは、高いと思いますが、このコースは、回数無制限のコースです。ですから、何回でもお手入れを受けることができます。

除毛クリームが700円くらいで買えたとしても、繰り返し使用し、3回くらいの追加購入で、このコースと同じくらいの値段になります。

また、通常、脱毛エステの料金は、回数ごとに料金が変わりますから、たくさん回数を重ねたければ、料金もその分高くなってしまします。

ミュゼの美容脱毛完了コースは、他のサロンの料金と比較しても、とってもお得なコースなんです。

ワキとVラインのお手入れを考えているなら、おすすめのコースです。

除毛クリームで、肌荒れもなく綺麗に除毛できる場合は、とても手軽で簡単な良い方法だと思いますが、合わない方は、あなたに合ったお手入れ法を探してみて下さい。

脱毛エステにご興味がある方は、脱毛エステの選び方のページも参考にしてみて下さいね。