おすすめの脱毛エステ
ムダ毛の処理については、自分でお手入れをしているという方は多いですよね。

自己処理は、お金や時間がかからず、お手軽にできるのがメリットですが、気を付けて行わないと傷跡が残ったり、肌荒れの原因になります。

あなたは、どのような方法で自己処理していますか?

シェーバー、除毛クリーム、家庭用脱毛器など様々ありますが、ここでは、おすすめの自己処理方法や自分で処理するときのの注意点などを紹介したいと思います。

自己処理には、除毛と脱毛がありますので、分けて書いていきますね。

1.自宅でできる自己処理方法【除毛編】

自宅で除毛する場合の方法としては、主に次のようなものがあります。

  1. カミソリ
  2. 除毛クリーム
  3. 家庭用脱毛器(除毛器)
  4. 脱毛スポンジ
  5. 電気シェーバー

1-2.肌を傷つけやすいカミソリは使用方法が重要

カミソリを使用するメリットは、安いこと、簡単なことですよね。また、深剃りできるのがいいという方もいるでしょう。

このような理由からカミソリを愛用する人もいますが、実は、カミソリにはデメリットも多いのです。

カミソリで剃ることにより、肌の表面の角質層も傷つけています。そこのとで、肌の保護機能が弱くなり、肌荒れの原因になってしまうことがあります。

カミソリを使用される方は、どのように使用していますか?

カミソリを使用して毛を剃るときは、毛の流れに沿って剃るとと肌を傷つけにくいのですが、この方法では、あまり深く剃れません。

綺麗な仕上がりにしたくて、ついつい毛の流れとは逆に剃りたくなりませんか?私自身、カミソリを使用して処理していた時は、逆剃りをしていました。

細い毛を剃るときは、割とスムーズに処理できますが、太い毛を剃るときは、毛と一緒に皮膚部分を剃って傷つけてしまうことが多いです。

お手入れ後に赤らんだり、ばい菌が入って炎症を起こしやすくなります。最悪の場合、傷痕が残ってしまうこともあります。
カミソリで除毛

1回1回、カミソリを使い捨てされている方は、あまりいないとは思いますが、カミソリは清潔に保つために頻繁に交換するのが理想的です。

長期で使用していると、刃がかけたり、錆びることがあります。そうしたものを使用し続けていると衛生的ではありませんし、肌も傷つけてしまいます。

カミソリを使用する場合は、以下のような点に気を付けて使用すると肌への負担が少ないです。

  • 剃る前に毛を温めておく。
  • シェービングクリームを使用する。
  • 毛の流れに沿って行う
  • 処理後は、保湿を十分に行い、日焼けなど肌に負担を与える行為は避ける
  • カミソリは清潔を保ち、定期的な交換を心がける

剃る前に、除毛部位を温めておくと、毛が柔らかくなり処理がしやすいです。

カミソリで剃るときは、専用のシェービングクリームがおすすめです。体を洗う用の石鹸の使用は、乾燥を招くのでおすすめできません。

シェービングクリームは、保湿成分など肌をいたわる成分が含まれています。

カミソリの処理に限らず、ムダ毛の処理後に日焼けすると、肌が炎症を起こすことがあります。ムダ毛の処理は、自宅でするなら、夜がおすすめです。

1-3.除毛クリームは肌との相性を見極める

除毛クリームは、痛くなく簡単にできるイメージがありますが、仕組みを知ると肌に負担が大きいことが分かります。

除毛クリームの中には、毛のたんぱく質を溶かすアルカリ性の薬剤が含まれています。

この薬剤で、毛を溶かすことで除毛していくのですが、実は、肌もタンパク質なので、アルカリ性の薬剤は肌にもダメージを与えてしまっていることになります。

除毛クリームは、肌との相性があり、合わない方は肌荒れすることもあります。まずは、小さな範囲で試してみて肌に合っているかを確認してから使用したほうが良いですね。

除毛クリームで多い口コミとして、うまく除毛できなかったというものです。除毛クリームは、うまく除毛できる人とできない人がいます。

また、すぐに毛が伸びてくるので、繰り返しお手入れする必要がありますね。

こうしたことを総合的に考えると、他の方法の方が良いのではないでしょうか。

除毛クリームは、あまりお勧めできませんが、使用される場合は、次のことに注意したいです。

  • まずは、パッチテストをして肌に合っているかを確認する
  • 放置時間を守る
  • 使用できない部位があるので注意する
  • 説明書をよく読み、注意点を守る

1-4.サーミコン式家庭用脱毛器は臭いと火傷に注意

サーミコン式の家庭用脱毛器は、熱線で、毛を焼き切る方法で除毛する脱毛器です。有名な商品としては、ノーノーヘアなどがあります。

サーミコン式脱毛器の良さは、熱線でカットするので、カットした部分の毛先が丸くなり、チクチク感が軽減するところです。

ただ、毛の焼き切るわけですから、臭いがするのがデメリットです。また、火傷にも注意が必要です。使用法を良く守って使用しましょう。

1-5.脱毛スポンジは肌を傷つける方法

脱毛スポンジのデメリット
脱毛スポンジ(タオル)は、毛を絡み取る、毛を切るというやり方で、除毛していくものです。

一度使用したことがありますが、肌を傷つける割には、ムダ毛は処理できないという感じでした。

どう考えても、肌に負担がかかりますよね。ゴシゴシ行うと、肌を傷つけるのは、目に見えています。

一気に処理できて簡単そうなイメージですが、毛がなくなればいいという問題でもないかと思います。もっと肌に優しい方法で処理されることをおすすめします。

1-6.除毛で最もおすすめの方法は電気シェーバー

除毛するなら、電気シェーバーがおすすめです。

電気シェーバーは、安全ガードなどがついて肌を傷つけにくいように作られているものがほとんどです。

電気シェーバーのデメリットは、深剃りができないことです。毛が太い部位などは剃り跡が残ったり、チクチクすることもあります。また、すぐに伸びてきます。

からだ用、顔用、デリケートゾーン用と別れているものが多いです。

使用後は、衛生的を保つためにも管理し、水洗いや石鹸ぞりできるタイプのものはサビ防止のため、よく乾かすようにしましょう。

2.自宅でできる自己処理方法【脱毛編】

脱毛のメリットは、毛を根元から引き抜くので、除毛するより見た目が良い、抜いた直後は、チクチク感がないという点です。
埋没毛
ただ、無理やり引き抜くので肌だけでなく、毛穴にまでダメージを与える可能性があります。毛抜き後、毛穴から出血したり、埋もれ毛(埋没毛)になったり、毛嚢炎になったりすることもあります。

脱毛するときは、正しい方法で、アフターケアにも気遣いながらお手入れしたいものです。

2-1.脱毛ワックスは水性ワックスが使いやすい

ワックス脱毛は、海外でよく使用されている脱毛方法です。

ワックスを温め、毛の流れに沿ってワックスを塗ります。その上に専用シートをのせ、一気にはがすことにより、ワックスに絡まっている毛が引き抜くという方法です。

毛を一気に引き抜くわけですから、痛みは伴います。また、無理やり引き抜くという方法なので埋もれ毛や出血などの肌トラブルを起こす可能性があります。

慣れていないと、うまく脱毛できないことも多いです。

脱毛ワックスには、大きく分けて2種類あります。油性ワックスと水性ワックスです。自己処理で使用するなら、水性ワックスがおすすめです。

水性ワックスは、水で洗い流せるものが多いので、扱いやすいです。油性ワックスはプロ向きと言われています。

使用方法や使用上の注意事項を守るのは大前提です。

商品によって使用できない箇所があるので注意しましょう。アンダーヘアの処理デリケートな部分は、一度別の部位で試してからの方が安心です。

ワックス脱毛専門店もあります。ワックス脱毛をしたいけど自分でうまくできないという方は、専門店の利用も考えましょう。

2-2.家庭用脱毛器はこつこつ続けられる人向き

家庭用脱毛器は、いろいろな種類のものが販売されていますね。

高いものになると7万円ちかくするものもあります。

どの商品にも、使用上の注意があります。使用する際は、説明をよく読んで、注意事項を守りましょう。

家庭用脱毛器の代表的なものは、毛を抜くタイプ・フラッシュ式脱毛器・レーザー式脱毛器です。

毛を抜くタイプの有名な商品は、パナソニックのソイエです。毛を複数本一気に抜けるような仕組みになっている脱毛器です。

私も以前使用していましたが、かなり痛いです。人によっては、慣れてくれば、大丈夫という方もいらっしゃいますが、個人的には全く慣れませんでした。

個人的な感想になりますが、使用後は、毛が根元から抜けてツルツルにはなりますが、抜けたところが赤いポツポツとした見た目になります。

赤みが引くまでに時間がかかるので、露出する直前などはやめた方がよいです。他の方法より埋没毛になりやすかったです。

使用前に肌を温めて毛穴を広げておくと若干抜けやすい気がします。保湿などのアフターケアはしっかりしたほうが良いです。

毛を引き抜くので、除毛よりはツルツル感があります。

フラッシュ式の家庭用脱毛器は、エステサロンで行われている光脱毛に似ていますが、もっと出力レベルを弱くしたものです。メラニン色素(黒色)に反応する光をあてて脱毛するというものです。良く知られている商品はケノンです。

ケノンという商品は、家庭用脱毛器の中でも割と高額な商品ですね。

出力レベルの度合いを自分で調整することになりますから、火傷などに気を付ける必要があります。

出力を上げた方が効果は高いようですが、その分、肌へ負担がかかります。逆に弱くすると、なかなか効果がみられないということがあります。

いきなり高いレベルにはせず、弱いレベルから始める方が安全です。説明書や注意事項を守って使用しましょう。

家庭用脱毛器には、レーザー式のものもあります。代表的な商品はトリアという商品です。ケノンほどではありませんが、こちらも脱毛器にしては高額です。

レーザー脱毛といえば、医療脱毛ですが、家庭用の脱毛器は、医療のレーザー脱毛のようなパワーはありません。

クリニックで行われているレーザー脱毛は、資格を持つ者しかできない医療行為です。

レーザー家庭用脱毛器は、メラニン色素(黒色)に反応するレーザーを当てて脱毛していくというものです。

フラッシュ脱毛器と比べると、痛みが強い、1回で照射できる範囲が狭いというデメリットがあります。

レーザー家庭用脱毛器も出力レベルの調整が必要なので、火傷しないように注意が必要です。

家庭用脱毛器は、説明書や注意事項を守って使用しましょう。信頼できるメーカーのものを選ぶようにしましょう。

よく家庭用脱毛器だと全身脱毛が安くできるといった話がありますが、使用できる部位は、商品により異なりますし、全身脱毛をするには、手間がかかりすぎます。

また、体の背面は、1人ではお手入れが難しいです。

家庭用脱毛器は、出力が弱いので、こつこつ定期的に継続してお手入れする必要があります。

人気の商品は、価格も高額ですから、購入後、途中から面倒になって最初しか使わなかったなんてことがないようにしたいですね。

2-3.脱毛なら自己処理より脱毛エステがおすすめ

頻繁に自己処理が必要な箇所は、手間を考えるとエステに通ったほうが、負担が少ないですし、仕上がりも綺麗です。

自己処理は、金銭面で負担が少なく、簡単に行えるものが多いですが、肌に与えるデメリットも多く手間もかかります。
脱毛エステと自己処理の併用

脱毛をよく行う部位や、自分で処理しにくい部分は、脱毛エステを利用するのがおすすめです。

エステは金額面で負担が大きいと思っている人もいますが、何度も自己処理をする手間や仕上がり具合を考えると、エステの方がコスパが良いともいえます。

高額な家庭用脱毛器を購入するくらいなら、

上記で挙げたように、部位やキャンペーン内容によっては、費用負担が軽いコースもあります。自分の目的に合わせて、脱毛方法を選択することをおすすめします。

脱毛エステに興味があるかたは、脱毛エステについて「脱毛エステの選び方」に詳しくまとめています。

  1. ミュゼ

    ミュゼ

    ワキとVラインは頻繁にお手入れが必要な部位ですよね。
    ミュゼの美容脱毛完了コースは、ワキやVラインの脱毛エステを、満足いくまで回数無制限・期間無制限で受けることができるコースです。
    料金もそれほど高くありませんから、自己処理の負担を少しでも減らしたいという人におすすめです。

  2. エピレ

    エピレ

    エピレには、ワキやVラインの脱毛エステがお得なファーストプランがあります。
    このプランはエピレが初めての方限定のプランです。
    回数を限定してお得に通いたい方におすすめです。

  3. 銀座カラー

    銀座カラー

    ワキ、Vライン以外の部位の脱毛をしっかりしたいなら、銀座カラーのし放題プランがおすすめです。
    料金的には割高になりますが、し放題プランのメリットは、満足いくまで繰り返し脱毛エステを受けられる点です。
    毛量や毛質は個人差があり、気になる箇所というのは人それぞれなので、いろいろな箇所のし放題プランが選べるのが、銀座カラーのメリットです。