ワキの青い剃り跡
カミソリやシェーバーでの脱毛は、お金もかからず簡単ですが、剃り跡が残ったりチクチクして、頻繁に処理することにより肌が汚くなってしまうというデメリットがありますよね。

そこで、自宅でもっと綺麗に脱毛したいと考えている人が興味を持つのが家庭用脱毛器だと思います。。

家庭用脱毛器には、いろいろなものがありますが、ここでは、家庭用脱毛器トリアについて詳しくまとめました。トリアに興味がある方は、参考にしていただければと思います。

家庭用脱毛器トリアの特徴

トリアは、クリニックでも使用されるダイオードレーザー技術を応用した家庭用脱毛器です。

本来、レーザー脱毛は、クリニックで医療資格をもった者でなければ行うことができないのですが、トリアのレーザー脱毛は、自宅でも安全に行えるくらいものなので、医療脱毛ほどパワーは強いものではありません。

トリアのムダ毛の処理方法は、レーザーでムダ毛のメラニン色素(黒色)に働きかけ、熱エネルギーでムダ毛を処理していくものです。

トリア脱毛器には、トリア・パーソナル脱毛器4Xとトリア・パーソナル脱毛器プレシジョンがあります。

4Xの方は、照射パワーが5段階の出力になっていて、プレシジョンの方は3段階になっています。
家庭用脱毛器トリア
価格は、4Xが定価で54,800円、プレシジョンは36,800円です。プレシジョンの方が軽量で小さく、小回りが利きます。

全身のケアには、4X、ワキやVラインなどの敏感で細かい箇所にはプレシジョンというような設計になっているようです。

ただ、トリアは、フラッシュ脱毛の家庭用脱毛器よりも照射面が狭いので、脱毛部位によって買い分けなくても、4Xで十分細かい箇所でも対応できるのではないかと思います。

トリアは、カートリッジ交換などはありません。充電して使用するので、コードレスで使用できます。

トリア・パーソナル脱毛器4Xの使用できる範囲は、脚、腕、ビキニライン、ワキ、足、手、胸、背中、腹部、顔の下半分(鼻より下部分)です。

18歳未満の使用は不可となっているので、お子さんと使用しようと考えている方は、子供の年齢によっては、一緒に使用できません。

使用頻度は、2週間に1度位の間隔で、効果の実感には、個人差がありますが、約4ヶ月間くらいは使用し続けてみる必要がありそうです。

口コミや評判・効果は?

トリア口コミ
効果の実感は、個人差がありますし、使用した出力レベルによっても違います。

クリニックのレーザー脱毛は、痛みが強いことで知られていますが、トリアも出力レベルを高く設定すると、やはり痛みも強くなります。それでも、医療脱毛ほどではないでしょう。

痛みの感じ方には、個人差がありますが、レーザー脱毛なのでフラッシュ脱毛の家庭用脱毛器よりも痛いと思っておいた方が良いでしょう。

特に顔への使用は痛みが強く感じやすいので、レベルを低めにしてから使用するのをが良いでしょう。

また、産毛には効果が出にくいようです。メラニン色素(黒色)に反応するようになっているので、産毛だと効果が出にくいのでしょう。

トリアは、本体に重さがあるので、長時間使用するには手が疲れてしまうこともあります。充電式なので、あまり長時間使用には向いていません。

また、照射面が狭く、手間がかかります。こまめに照射していかないといけないので、上手に使用しないと打ち漏れることもあります。逆に小さな範囲に当てる場合は、狙いやすいので使いやすいという面もあります。

使用感は、若干使いづらさを感じる人もいるでしょう。

脱毛器トリアと脱毛エステ

家庭用脱毛器がよいのか、脱毛エステがよいのか迷っている人もいますよね。

家庭用脱毛器の良さは、自宅で自分で簡単にお手入れできることです。また、広範囲の脱毛を考えている場合は、脱毛エステの方が料金が高くなる傾向があります。

ただ、家庭用脱毛器の場合、自分でお手入れするので、お手入れできる範囲に限界があります。例えば、背中などの背面は、自分でお手入れするのはとても難しいです。

また、トリアの使用範囲は、脚、腕、ビキニライン、ワキ、足、手、胸、背中、腹部、顔の下半分(鼻より下部分)です。

顔の脱毛をしっかりしたい方、IOラインも脱毛したいという方は、トリアでは難しいでしょう。

トリアは、照射面が狭いことや、本体が重たかったり、充電式ということからも、全身脱毛をするには、難しい面があります。

こうしたトリアでは難しい部位を考えている方には、脱毛エステか医療脱毛の方が向いているでしょう。

家庭用脱毛器よりおすすめの脱毛サロン

トリアでは、お手入れできない部位を考えている方は、脱毛エステがおすすめです。

ここからは、おすすめの脱毛サロンについて書いていきます。

顔の脱毛も含む全身脱毛サロンキレイモ

キレイモ

全身脱毛を考えているなら、全身脱毛サロンを検討してみてはいかがでしょうか。
家庭用脱毛器での全身脱毛には限界があります。背中などの体の背面、IラインやOラインは、なかなか手が届きにくかったり、お手入れできなかったりすることがあります。
全身脱毛サロンのキレイモは、全身の脱毛と顔のお手入れができるサロンです。
キレイモには、一括払いのパックプランと月額固定の月額制プランがあり、料金は他サロンと比較して低料金です。
家庭用脱毛器では、行き届かない箇所のお手入れをされる方におすすめです。

ワキとVラインの脱毛が何度でもできるミュゼ

ミュゼ

家庭用脱毛器の購入を考えている方の中には、エステよりも家庭用脱毛器の方が効果が高くコスパがよいのではと考えている人もいるかもしれませんね。
脱毛エステの中でもコスパがよいコースがあるサロンがあります。
大手脱毛サロンミュゼの、ワキやVラインのお手入れができる美容脱毛完了コースは、回数無制限・期間無制限で通えるコースです。
ワキやVラインの脱毛が何度でも通えてとっても低料金なのでおすすめです。
また、ミュゼには、VIOの脱毛コースや好きな部位をチョイスできるフリーセレクトコースもあります。こちらは、回数や期間が無制限というわけではありませんが、キャンペーンによっては、お得になっていることもあります。
家庭用脱毛器では難しいIO脱毛をお考えの方におすすめです。

VIO脱毛専門店プリート

VIO脱毛のプリート

プリートは首都圏を中心に展開している脱毛エステサロンです。店舗は、銀座店、新宿店、上野店、大宮店、横浜店の5店舗です。(2016年12月現在)
VIO脱毛を得意としているので、Vラインのデザインが豊富だったり、美白ケアのメニューがあったり、他のサロンと比較してVIO脱毛の範囲が広いといった特徴があるサロンです。
首都圏にお住まいの方で、家庭用脱毛器では難しいIOラインのお手入れを考えている方におすすめのサロンです。

脱毛器トリアと医療脱毛

トリアを検討されている方の中には、脱毛エステやフラッシュ脱毛器の効果に満足がいかなかったという人もいるでしょう。

トリアは、レーザー脱毛器ですから、クリニックのような脱毛ができると期待されている方もいるかもしれませんが、クリニックの脱毛は、毛乳頭や毛母細胞を破壊するほどの強いパワーを持っているもので、脱毛効果もエステや家庭用脱毛器よりも効果が高いものと言われています。

そのため、クリニックのレーザー脱毛は、医師免許をもった資格のある者しかできなくなっています。トリアは、家庭用脱毛器ですから、それほど強力なパワーはありませんし、効果の面でも、医療脱毛ほどの効果はありません。

医療脱毛の場合、痛みが強い、料金が高いといったデメリットがありますが、高い効果を期待するなら、医療脱毛です。

医療脱毛の良い点は、高い効果が期待できること、医師が行うので、何かあったときに対処してもらえるといった点です。

お手入れ時の痛みに関しては、段階が調節できるトリアの方が便利ですが、効果を実感するには繰り返し使用する必要があるでしょう。

トリアのメリット・デメリットまとめ

トリアのメリット
トリアのメリットは、自宅で自分で好きな時にレーザー脱毛ができるという点です。効果の実感には、個人差がありますが地道に繰り返しお手入れし続けることで、自己処理が楽になっていくでしょう。

デメリットは、使用しづらさがあるという点です。照射面が狭かったり、本体が重かったり、充電式なので、広範囲のお手入れや長時間の使用には向いていません。

また、使用範囲が限られるので、お手入れできない部位もあります。

広範囲の脱毛を考えている方は、他の脱毛器やエステなどとの併用も考えた方が良いかもしれませんね。

家庭用脱毛器は、効果が出るまでに時間がかかるものが多いです。また、こまめにお手入れをしていく必要があります。
コツコツ続けられる方が向いているでしょう。

使用する部位の範囲や期待する効果等を考えて、あなたに合った脱毛方法を選んでください。