脱毛エステできない人
ここでは、一般的にどんな人が脱毛エステがNGとなっているのかについて取り上げました。

(今回は、今、主流の光脱毛(フラッシュ脱毛)について取り上げてみたいと思います。)

サロンが求める注意点を守らないと、脱毛の効果が半減したり、健康や肌の状態が悪くなったりすることもあります。

脱毛エステを受ける前に、エステを受けることができない人については、サロン側から説明がありますので、サロンの指示に従い、安全に利用して美しい肌を手に入れましょう。

1.肌の状態が良くない人は脱毛できない

肌の状態が良くない方は、脱毛エステは難しいですし、肌状態が良くても光脱毛(フラッシュ脱毛)が向かない肌の方もいます。

以下のような肌状態の場合は脱毛を断られる可能性があります。

1-1.日焼けをしている部位、肌の色が黒い部位

日焼け後の肌は、炎症を起こしやすい状態になります。

ですから、脱毛前後に日焼けは避けるように言われます。

光脱毛は、メラニン色素(黒色)に反応する光を使用して脱毛していくものです。

そのため、日焼け後、黒くなった肌は、効果が出にくかったり、炎症がひどくなってしまう場合があり、エステを断られることがあります。

光脱毛の仕組みからもわかるように、光脱毛は、毛色が黒くて、肌が白っぽい日本人むけの脱毛方法です。

毛が金髪の方や肌の色が黒っぽい方には、効果は期待できません。

1-2.肌が極端に乾燥している人

肌の乾燥が酷い方は、脱毛を断られることがあります。日頃の、お手入れに気を付けましょう。

肌が乾燥していると、脱毛時、痛みを感じやすくなったり、効果が出にくくなる場合があるためです。

1-3.塗り薬、制汗剤、日焼け止め、湿布などを使用した部位

肌に異常がある部位は脱毛できません。

薬や制汗剤等を利用した箇所に施術を行うと肌トラブルを起こす可能性がありますので、施術を断られます。

また、脱毛後、肌トラブルを起こした場合に、薬や制汗剤等が原因なのか、脱毛が原因なのかわからなくなり、対処が難しくなるというのもあります。

前日や当日の注意点をよく確認してから、サロンに行くようにしましょう。

1-4.アトピーがある部位

アトピーがある部位はお手入れできない場合があります。

肌の状態が安定していて、医師の同意書があれば、行ってくれるサロンもありますのでカウンセリングで相談してみましょう。

1-5.タトゥー・ホクロがある部位

タトゥーやホクロがある部位はお手入れできません。

光脱毛の光は、黒色に反応するため、光が反応してしまうことがあり危険だからです。

1-6.結婚式を控えている人

1ヶ月後に結婚式を控えている方は、お手入れを断られることがあります。

ウエディングフォトについても同様です。施術後、万一、肌トラブルを起こした場合に大切な記念日に影響が出る可能性があるからです。

脱毛は1回で完了というわけでもありませんし、結婚式の為の脱毛は、もっと余裕をもっていくようにしましょう。

脱毛エステについては、こちらの「ブライダル脱毛間に合うの?」で詳しく解説しています。

2.健康状態が良くないと脱毛できない

脱毛できない人
脱毛エステは、健康状態が良くない人には、施術できない場合があります。

持病や薬を常時服用している方は、申し込み前に確認しましょう。

契約前のカウンセリングでもサロン側から確認はあると思います。

2-1.薬の服用をしている人

薬の服用をしている方は、脱毛を断られるでしょう。お手入れ後、体調が悪くなった場合、薬の副作用なのか、脱毛によるものなのか判断が難しいですので安全の為にも断られるでしょう。

常時、服用している人は、医師の同意書があれば、脱毛できるとしているサロンもあります。

2-2.持病がある方・体調がすぐれない方

持病をお持ちの方は脱毛を断られる可能性があります。持病といっても、内容に寄りますので、サロンに相談してみるとよいでしょう。

せっかく予約したのに、当日、体調がすぐれないという時もあると思います。

次の予約が取れないかも、予定がくるってしまう等といった理由から無理して行こうとされる方がいらしゃるかもしれませんが、そういった日は、お休みするようにしましょう。

2-3.妊娠・授乳中の方

妊娠中は脱毛できません。

すでに脱毛エステに通われている方で、妊娠しているのに気づかず脱毛していたという方がいらっしゃるかもしれませんが、光脱毛が胎児や母体に影響が出ることはないと言われています。

しかし、妊娠が分かった後はサロンに通うのをやめましょう。

妊娠中の施術は、脱毛時の痛みや無理な体制など母体にストレスがかかるためお手入れできません。

また、授乳中はホルモンバランスが不安定なため、施術できません。

脱毛エステの再開の目安は、授乳が終了して、生理が2回以上順調に来たくらいの時期です。サロンによって異なるため、通っているサロンに確認しましょう。

詳しくは、「妊娠中は脱毛できるの?休会と再開のタイミング」の記事でまとめていますので、そちらも参考にしてください。

2-4.生理中の方

生理中はホルモンバランスが崩れて肌が敏感になっています。そういった状態の時に、脱毛すると痛みを感じやすいし、肌荒れも起こしやすいです。うまく脱毛できないこともあります。

VIOライン(デリケートゾーン)以外の施術は行ってくれるところもありますが、上記の理由から、なるべく生理日は避けた方が肌のためにも、効果の面でも良いでしょう。

2-5.予防接種を受ける人受けた人

予防接種を受ける前、受けた後の脱毛はできません。

サロンにより、異なりますが、だいたい予防接種の1週間前後は、脱毛できないことになっています。

体質により、体調が悪くなる方がいるためだそうです。

2-6.飲酒している方

飲酒後は、体温が上昇しており、脱毛すると肌トラブルを起こす可能性があります。また、施術後の飲酒も、控えるようにしましょう。

どれくらいの時間ダメなのかは、サロンによって違います。飲み会など飲酒予定のある方は、早めに確認しておきましょう。

以上、列挙してみましたが、結構、気を付けることがありますね。

サロンによって、若干異なりますが、基本的に、健康状態・肌の状態が良くない方は断られると考えてよいでしょう。

規約やカウンセリング時に、サロン側から注意点を言われるはずです。火傷等の肌トラブルを避けるため、効果をよりうまく出すためにも、注意点を良く守ってサロンを利用しましょう。