脱毛エステと日焼け
脱毛エステに通っている期間中は、日焼けに注意する必要があります。サロン側からも、最初に注意点として説明されます。

日焼け対策を行っていても、完全に紫外線を防ぐことは無理で、日焼けしてしまうこともありますよね。

ここでは、脱毛エステで、日焼けに気を付けないといけない理由や、どの程度の日焼けだったら施術してくれるのか、日焼けしてしまった場合、どのくらい期間を空けるべきかといったことをまとめてみました。

脱毛エステ前後の日焼けは肌トラブルを招く

脱毛エステ前後に日焼けをしてはいけない主な理由は、火傷する可能性や肌トラブルを招く可能性が高まってしまうからです。

多くの脱毛エステでは、光脱毛(フラッシュ脱毛)という方法によって、ムダ毛のお手入れをしていきます。

光脱毛は、メラニン色素(黒色)に反応する光を当てて、ムダ毛に反応させ、発生した熱エネルギーで毛にダメージを与えて処理していくという方法です。

日焼けして黒くなった肌に光脱毛の施術を行うことは、光が黒くなった肌に反応する可能性があり、火傷する危険性が高まってしまいます。

そもそも光脱毛は、肌が黒っぽい人には、向いていない脱毛方法です。

(また、白色や金色のムダ毛には反応しませんから、肌が肌色でムダ毛が黒い日本人向きの脱毛方法です。)

日焼けをすると、日光を浴びた部分の肌は熱を帯びますよね。日焼けをした後は、皮膚の表面が火傷した状態になっているのです。

脱毛エステでは、熱ダメージを与えてムダ毛を処理しますから、照射して反応した部分は高熱になり、ムダ毛だけでなく、周辺の肌も多少のダメージを受けることになります。

脱毛エステでは、施術時に冷却ジェルや保湿など使用することで、肌への負担を軽減していますが、もともと日焼けによって炎症を起こしている状態の肌に、光脱毛を行うことは、肌トラブルと招きかねません。

また、施術後の肌は敏感になっている状態ですので、その状態で日焼けをすると、炎症を起こす可能性もありますので、避けなければなりません。

日焼けして炎症がある場合は脱毛エステはできない

脱毛エステ日焼けの程度
気を付けていても、予定外に強い日差しを受けてしまって、予約を入れているのに日焼けをしてしまうということもありますよね。

予約をとるのが難しい人気サロンもありますから、どの程度なら施術してもらえるのかというのも気になるところです。

服との境目や水着の痕が付くなど、黒くくっきり日焼けしてしまった場合や、赤みや炎症がみられる場合は、施術を断られると考えておいた方が良いでしょう。

サロンによって異なりますが、UVケアをしっかりしていて炎症がみられない場合や日焼けが分からない程度なら、施術してくれることが多いです。自己判断が難しいときは、サロンに相談してみましょう。

ただ、日焼けしたと自覚がある場合は、上記でまとめたように、リスクもあるため、しばらく空けてから予約を取り直した方が、肌にとっては良いでしょう。

日焼けしてしまった場合脱毛エステは2ヶ月くらいは空けた方が良い

脱毛エステ日焼け後の期間
脱毛エステに通っている期間中は、なるべくUVケアをこまめに行って、日焼け対策をしましょう。

日焼けをしてしまったら、まずは冷却を十分にして、たっぷり保湿してあげる必要があります。

肌が落ち着いたら、美白対策やビタミンCを摂取するなど、肌のケアをしてあげましょう。ビタミンCには、メラニンの生成を抑えたり、肌の活性化を助けたりする働きがあります。

かなり日焼けしてしまった場合は、脱毛エステを再開するのは、2ヶ月くらいは空けが方が良いと言われています。

サロンによっても違うので、通っているサロンがある方は、確認しましょう。