脱毛サロンの料金
脱毛サロンの料金は、各サロンや申し込むコースにより支払方法や表示が異なります。

脱毛サロンを利用するときには、料金面は、無料カウンセリングなどを活用してしっかりと確認しておきたいものです。

ここでは、脱毛サロンの料金システムについて、注意点を交えながら解説していきたいと思います。

1.脱毛サロンの料金の月額表示は月額制とは限らない!

脱毛サロンの料金システムは、主に、一括払いと月額制です。

月額制で有名なサロンと言えば、脱毛ラボとキレイモがあります。

脱毛サロンの公式サイトをみると月額表示しているサロンが多いので、月額制のサロンは珍しくないと思っている方も多いかもしれません。

実は、月額制のサロンは珍しく、一括払いのサロンの方が多いです。

月額表示している脱毛サロンの料金システムは気を付けておいた方が良いです。

例えば、「脱毛ラボ」や、「キレイモ」の月額制は、習い事の月謝のように月々支払っていくというようなプランです。

通常、月額制というと、そのようにイメージしますが、脱毛サロンの中には月額表示されていても、このような月額制ではないサロンがあります。

最初に回数を選択して申し込むようなプランです。

有名どころでいうと「銀座カラー」が、これにあたります。料金を月額表示で載せてあるので、勘違いしやすいので注意してください。

銀座カラーは、料金総額を分割払いした場合の月額を表示しています。

すでに倒産した脱毛サロン「エタラビ」も月額表示していましたが、エタラビの場合は、月額を一定料金にしているものの、料金総額を支払うまで支払い続けるというような料金システムでした。

このような場合の月額表示は、参考にならないです。

なぜならば、分割回数が多いほど、月額の金額は少なくなりますし、毎月支払う金額が、定額だったとしても、長い期間支払うなら、総額は高くなりますよね。

このような月額表示をしているサロンの料金は、総額いくらかかるのかで考えるようにしましょう。

月額表示のサロンは解約時の返金額の計算方法に気を付ける

脱毛エステの解約料金
通常の「月額制」の料金システムの場合でも、長く通えば、かかる総額は高くなります。

でも、途中で辞めることができる「月額制」なら、解約すれば解約が認められた以降の月額料金は支払わなくてよいです。(解約できるタイミングや条件は、サロンにより多少異なります。)

スポーツジムの月額制に似ています。解約条件を満たせば、解約後は料金を支払わなくてよくなりますよね。

これと違って、回数や総額が、あらかじめ決められているようなサロンは、解約してもほとんどお金が戻らないこともあります。

あらかじめ回数や総額が決まっているようなプランは、総額で契約したと捉えられます。

月額制ではないので、毎月支払っている料金が、消化分の料金とは考えません。

解約時、契約した総額から、消化分の料金を差引き、未消化分を返金という返金方法と説明されたとしても、消化分の料金は、サロン独自の計算方法で、計算されることがあります。

料金が高額の場合は、中途解約時どういった計算方法になるのかまで確認しておいた方が良いですね。

何らかの事情で通えなくなることもあるかもしれません。

収入が安定しない学生のうちなどは、一括払いできない場合は、無理に分割払いにせず、途中で支払えなくなることも考えて、いつでも辞めることができるような月額制のプランの方が安心です。

2.脱毛エステはコース以外の料金がかかることがある

脱毛サロンでは、プランの料金以外にシェービング代やキャンセル料がかかることがあります。

脱毛エステを受ける際は、事前に自分でシェービングしていくのが基本です。

剃り残しがあると、その部分は施術してもらえなかったり、サロンのスタッフにシェービングしてもらうと料金がかかったりします。

シェービングについてのサロンの対応は、有料でしているところ、無料でしてくれるところ、基本的にしないところなど対応が違いますが、有料の場合は、1,000~1,500円くらいです。

全身脱毛の場合は、背中やデリケートゾーンなど、自分では剃りにくい箇所もありますので、申し込み前に、そのサロンの対応がどうなっているか等を確認しておくと良いです。

また、予約をキャンセルする場合で、サロン指定の日までに事前連絡をしなかった場合は、キャンセル料がかかるサロンが多いです。

事前連絡の期限は、前日まで、前々日までなどサロンによって違います。

予約はキャンセル自体できないというサロンもありますし、キャンセル料はかからないというサロンもあります。

サロンにより異なりますが、キャンセル料は、有料の場合だと1,000~3,000円くらいです。

中には、1回分を消化してしまうサロンもあります。

1回の施術代は、金額にすると大きいですから、予約キャンセルできないサロンは、どうしようもないものの、事前連絡すればよいというようなサロンなら、期限までにきちんと連絡することで、余計な出費を抑えられます。

(各サロンのキャンセル料について知りたい方は、こちらの「予約のキャンセル料はいくら?脱毛サロン比較」の記事も参考にしてみて下さいね。)

この他、サロン独自の美容液や、スキンケアを用意しているサロンもあります。脱毛後は、保湿などのお手入れが重要といわれています。

脱毛エステ後は、冷却パッドでクールダウンしたり、ローションなどで肌を整えたりしてくれますが、オプション(別料金)でよりよいスキンケアを用意しているサロンもあります。

より肌が良い状態になるということで、勧められることがあるかもしれません。

美容室などでも、当日に、トリートメントを勧められることはありますよね。

話をしているときに、不意に勧められると、話の流れから、冷静に判断できないこともあります。

こうしたものは断れますから、オプション料金があるサロンを利用するときは、オプションをつけるのかは先に自分の中で決めておきましょう。

3.安い全身脱毛は脱毛範囲が狭いことがある

全身脱毛を受けるときは、1回の脱毛範囲に気を付けましょう。

全身脱毛の場合、脱毛する箇所がたくさんあります。1回に施術する範囲は、サロンやコースによって違います。

1回で全身をするプラン、全身の1/2をするプラン、1/4をするプランなど、いろいろなプランがあります。

細かく分けられているプランの方が料金が安くなる傾向があります。

脱毛ラボ

例えば、脱毛ラボの月額制の場合、とっても月額料金が安いお試しプランがあります。

月額が安いので、こんなに安く通えるなら、申し込みたいなと思ってしまいますが、この安いお試しプランの場合、1回の施術範囲が狭く、1年くらいかけて、全身1回を行うというようなプランです。

全身脱毛で1回の施術範囲が狭い場合、全身1回をするのに何度もサロンに通わなければなりません。

そうすると、交通費や予約、スケジュール調整など手間がかかります。

また、全身1回をするのに何ヶ月もかかってしまいます。

脱毛ラボには、こうしたゆったりプラン以外にも、普通プランやスピードプランがあります。

スピードプランは、月額制ではなくパックプランですが、(月額制のスピードプランがある店舗もあります。)スピードプランの場合は、2週間~月1で通えるプランです。このプランの場合は、1回で全身を施術します。

月1で通えたら、1年で12回も全身脱毛できます。

ゆっくり通うプランと比べると、通う期間に随分と差が出てきますね。

そうしたことも考えて、プランを選ぶようにしましょう。

脱毛サロンの料金は、各サロンによって違っています。

話を聞くと、思っていたことと全然違うということもあります。

無料カウンセリングで料金についての説明はありますが、不明点はしっかり確認して契約するようにしましょう。