脱毛前後に気を付けること
脱毛エステの施術日前後の過ごし方には、いくつか注意点があります。

運動や飲酒がNGだったり、日焼けに気を付けないといけなかったりするので、脱毛の予約と前後のスケジュールには気を付けないといけません。

これから、脱毛エステに通おうと考えている方は、ある程度知っておくと安心ですね。ここでは、サロンで脱毛前後に注意されることを列挙してみたいと思います。

1.脱毛エステに通う前後の注意点

持病や薬を服用している方は、脱毛エステの申し込みをする際に、申し出る必要があります。

各サロンでは契約前に無料カウンセリングを行っていますので、その時に確認されると思います。

ここでは、脱毛エステを受ける前後の一般的な注意事項を列挙しています。

注意事項はサロンによって若干異なりますから、実際に通う際は、規約やサロン側からの注意点を守るようにしましょう。

1-1.予約日前後には予防接種の予定を入れない

予防接種の予定を入れている方は、脱毛の予約を取る際に気を付けないといけません。

脱毛を受ける日の、1週間前後に予防接種を受けた方、受ける予定の方は、脱毛できません。

接種から空ける日数は、サロンによって異なりますが、だいたい1週間前後です。予約時に注意しましょう。

1-2.脱毛エステを受ける前には事前にムダ毛の処理が必要

脱毛エステでお手入れを受ける際は、事前にムダ毛の処理をしておく必要があります。

ほとんどのサロンで事前の自己処理が必要です。

サロン側で有料で行ってくれる場合もありますが、ほとんどのサロンが、基本的に自分で処理をしておいて下さいというスタンスです。

背中など自分では手が届きにくい箇所に限って、サロン側がしてくれる場合もあります。

シェービング代が必要なサロンかどうかは、申し込み前に確認しておくと安心ですね。

光脱毛(フラッシュ脱毛)の脱毛エステを受ける際は、毛根を残しておく必要があり、毛を抜いて処理すると脱毛がうまく行えなくなりますので、事前の自己処理は電気シェーバー等を使用するように言われます。

TBCのスーパー脱毛(美容電気脱毛)の場合は、2~3mm程度伸ばしておく必要があります。

ムダ毛の処理時に、傷を作ってしまうと、傷がある部分は施術してもらえなくなりますので、気を付けて行って下さいね。

1-3.脱毛前後は日焼けをしてはいけない

脱毛エステ注意点
日焼けや紫外線は、肌に負担をかけてしまいます。肌に負担がかかった状態で脱毛すると、肌トラブルを招きかねません。

また、光脱毛は、メラニン色素(黒色)に反応して脱毛を促す方法です。

日掛け後、肌が黒くなっている状態で脱毛を行うと、上手く脱毛できなかったり、やけどなどのトラブルを起こす可能性があります。

軽い日焼けでも、サロンによっては断られることもありますので、脱毛前は紫外線対策を行って過ごすようにしましょう。

脱毛後も、日焼けに注意が必要です。

サロンによっては日焼け止めは、使用しないように言われるので、サロンに通う際は日傘や、帽子、日焼け対策グッツなどで日焼け対策をしておくと良いでしょう。

日差しが強い季節や日中を避けて予約を入れるという手もあります。

1-4.薬の服用に気を付ける

薬を服用していると、脱毛を断られます。

薬が、体にどんな影響を及ぼしているか分かりませんし、薬には副作用がある場合があります。

何らかの副作用が起きた場合、脱毛のせいなのか、薬のせいなのか、何が影響しているのか分からなくなると、対処のしようがありません。

薬を利用しなければならないほど、健康状態が良くない人は脱毛できません。体調不良の時は、キャンセルし利用を中止しましょう。

常時、薬を服用しなければならない方は、カウンセリング時に、相談しておくと安心です。

医師の同意書があれば、脱毛を行ってくれるサロンもあります。

1-5.飲酒は控える

前日や、当日の飲酒は控えるように言われます。

飲酒を行うと、血行が良くなり体温が上昇します。

そういった体の状態の時に脱毛を行うと、肌が赤らんでしまったり、かゆみがでてしまったりといった肌トラブル起こす可能性があります。

当日だけでなく前日もダメなのかと思われるかもしれませんが、アルコールは、しばらく体の中に残ります。

女子会などの飲み会は避けて予定を組みましょう。仕事のお付き合いの場合は、ノンアルコールで。

1-6.入浴、サウナ、スポーツ、海水浴、プール、エステ等は避ける

前日、当日の運動や発汗、体温上昇を促す行為は、避けるようにします。

脱毛前後は、体温が上昇すると、赤みやかゆみなどの肌トラブルを起こす可能性があります。

海水浴やプールは、日焼けをしてしまうも可能性があります。

脱毛当日は、お風呂は避け、ぬるめのシャワーで軽めにすませることになるでしょう。

また、ゴシゴシ体を洗う行為は、肌に負担を与えてしまうので、手のひらで優しく洗う程度にしましょう。

脱毛エステを受けた当日は、肌を休ませてあげる必要があるのです。

1-7.お手入れ後の毛は、無理に抜かない

脱毛後、2週間前後に毛が抜け落ちる期間がありますが、全ての毛が抜け落ちるわけではありません。

残ったムダ毛が気になるかもしれませんが、無理に抜くと肌が痛むので、そのままにしておきましょう。自己処理もしばらくはお休みです。

お手入れ後の自己処理は1週間くらいは開けた方がよいです。この辺はサロンによって違いがありますから、確認しておくと困りません。

1-8.当日の制汗剤、日焼け止め(湿布等薬)の使用に気を付ける

施術日は、制汗剤、日焼け止め等を使用する場合は、サロンに確認しましょう。

サロンが指定したものなら使用してOKというところもあります。

制汗剤や日焼け止めは、脱毛の妨げになりますし、肌トラブルを起こす可能性があります。

1-9.施術日後の肌のお手入れに気を付ける

脱毛注意点
施術後は、保湿に気を付けた方が良いでしょう。

肌のお手入れの仕方については、カウンセリング時にスタッフに確認するのが一番です。

効果的な、お手入れの仕方を教えてくれます。

ただ、保湿ローションなどの商品を取り扱っているサロンの場合、その商品を進めてくる可能性もありますから、営業されたくない人は、注意したほうがよいですね。

持っている保湿ローション等を使用して良いかというような聞き方が良いかと思います。

2.疑問点や不明点は、事前にサロンに確認しておく

その他の細かな注意点は、脱毛前にサロンに確認しておくと困りません。

例えば、下記のような点を確認しておくと安心です。

  • 脱毛に行く前の、自己処理の仕方(サロン側で行ってくれるサービスはあるか)
  • サロン側でシェービングサービスがある場合、有料か無料か
  • 脱毛後、ムダ毛の処理はどうしたらよいか(どれくらいの日を開ければ自己処理可能か)
  • 脱毛後、制汗剤や日焼け止めの使用で可能なものがあるか

疑問に思ったことは、遠慮せず、通っているサロンのスタッフに聞いてみましょう。