お腹のムダ毛
お腹の毛に悩まされていませんか?

お腹のムダ毛は、男性特有で女性には生えていないと思われがちですが、女性にもお腹周りの毛が濃い人はいます。

お腹の毛が濃いと、水着を着たり、へそ出しコーデをするときに困ってしまいますよね。

お腹周りのムダ毛が生える理由として考えられるのは、2パターンで、一つは、手や足と同じように、濃いムダ毛が生えているというもの、もう一つは、妊娠してからムダ毛が濃くなったというものです。

妊娠するとホルモンバランスの関係から、一時的にお腹周りの毛が濃くなるという人が多いですが、これについては、出産後戻るので、それほど気にしなくても良いでしょう。

今回は、お腹の毛の処理方法について書いていきます。

1.お腹の毛の最適な処理方法

ムダ毛の処理方法は、大きく分けて3つです。

除毛する・脱色する・脱毛するというやり方です。このうちおすすめは脱毛です。

1-1.お腹の毛を除毛すると剃り跡が目立つ

除毛する方法としては、カミソリ、シェーバー、除毛クリームが代表的なものです。どれも手軽で簡単ですが、デメリットも多いです。

特に、お腹の毛の処理としては向いていません。

お腹の毛をこれらの方法で処理すると、黒いポツポツとした剃り跡が残ってしまいます。お腹の色が白い方は、より目立つので要注意です。

女性のお腹には毛がないものだと思っている男性が多いので、女性のお腹の剃り跡は、醜いものとして見られてしまいます。

1-2.お腹の毛の脱色は違和感しかない

ムダ毛は黒色だから目立つもの。脱色してしまえば目立たなくなるはず、と考える人もいますよね。

確かに、黒色よりは目立たなくはなります。

しかし、脱色してもムダ毛はそのまま残ってしまいますので、ムダ毛の存在に気づかれた時がとても恥ずかしいです。

光の当たり方によって、逆にムダ毛が目立つこともありますし、他のムダ毛は黒いのにのに金髪の毛がワサワサと生えているのは、違和感があります。

1-3.お腹周り毛のお手入れには脱毛が最適

お腹周りの毛をお手入れするなら、脱毛が一番です。

脱毛すれば、剃り跡に悩まされることもなく、綺麗に仕上がります。

脱毛の方法には、脱毛ワックス、家庭用脱毛器、脱毛エステ、医療脱毛があります。

お腹の毛の脱毛方法

当サイトでは、脱毛エステによる脱毛をおすすめしています。

ここからは、その理由を、各脱毛方法との比較を交えて書いていきたいと思います。

脱毛ワックスは費用や手間がかかる

お腹のムダ毛
脱毛ワックスは、料金が安いということや手軽さはありますが、繰り返し継続してお手入れする必要がありますから、ワックスを購入しつづけることを考えると、意外と費用もかかります。

そうしたことを総合的に考えると、脱毛エステの方がお得です。脱毛エステの場合は、回数を重ねていけば、自己処理負担が軽くなっていきます。

また、ワックスは、慣れていないとうまく脱毛できないというデメリットがあります。

一度に綺麗にならず、何度もやるのは、手間がかかります。

また、ワックス脱毛の場合、ワックスに毛を絡ませて引き抜くので、処理をするときは、ある程度伸ばしておかなければいけません。

脱毛エステの場合は、処理前に自己処理をしてから受けます。ムダ毛を伸ばさなくて良いというのがメリットです。

こうしたことから、ワックス脱毛は、あまりおすすめしませんが、もし、ワックス脱毛で脱毛することを考えているなら、水性ワックスが良いでしょう。

水性ワックスで人気が高いのはアンジェリカワックスです、アンジェリカワックスは水性ワックスなので、初心者に向いています。

アンジェリカワックスについて詳しくは、「アンジェリカワックスの口コミや特徴は?」を参照してください。

家庭用脱毛器は効果が緩やかで継続が難しい

家庭用脱毛器には、いろいろなタイプがありますが、最近は、光脱毛タイプの脱毛器が人気です。

毛を引き抜くタイプの脱毛器は、痛みが強く脱毛後、赤みが出たり埋没毛になることもあるので、あまりおすすめしません。また、使用できる部位にお腹周りが含まれているものを見たことがありません。

フラッシュ脱毛の家庭用脱毛器で人気の商品は、ケノンです。

ケノンは、家庭用脱毛器の中では口コミが良い方ですが、商品価格が7万円くらいします。カートリッジなどの維持費もかかります。

そうしたことを考えると、脱毛エステの方がお得感があります。

それに、家庭用脱毛器は、出力レベルの調整も自己判断になり、手間がかかる割には、効果はあまり得られません。(効果には個人差があります。)

人に施術してもらうのが抵抗があるという方は、家庭で脱毛できるというメリットはありますが、家庭用脱毛器は、継続してお手入れできる人向きです。

高価な買い物になるので、継続して使用するかということを考えてから購入する事をおすすめします。

ケノンについて興味がある方は、「人気の家庭用脱毛器ケノンの口コミや効果は?」を参考にしてみて下さいね。

お腹・へそ周りの脱毛は脱毛エステが最適

へそ周りの脱毛エステ
お腹周りの脱毛は、脱毛エステが良い理由は、仕上がりが綺麗、処理の手間がかからない、料金面でお得なことです。

脱毛エステを受けると、だいたい2週間後くらいに、反応があったムダ毛が抜け落ちます。

除毛する場合と違って、剃り跡に悩まされる心配がなく、仕上がりが綺麗です。それに、回数を重ねるごとに自己処理負担が軽くなるというのも良い点ですね。

脱毛エステは、エステ店にいく手間はかかりますが、専門スタッフがしてくれるので、ワックス脱毛や家庭用脱毛器のように自分で処理方法にに悩みながらしなくて良いです。

自分ですると、継続できないという人もいますよね。脱毛エステは、予約をとるので、スケジュールに組み込まれ、通うことになります。

脱毛ワックスは、継続すれば費用も掛かりますし、家庭用脱毛器は効果が期待できるものは、高額な品ばかりです。

脱毛エステで、お腹の毛やへそ周りのムダ毛を処理する場合の料金について書いてみたいと思います。

脱毛ラボ

全身脱毛で人気の脱毛サロン、脱毛ラボの部位脱毛の例です。

お腹の毛(Lパーツ)5,980円(税抜)、へそ周り上下(Sパーツ)1,980円(税抜)です。(2017年5月調査時点)

お腹の毛とへそ周り上下を6回するなら、47,760円ですね。

あるいは、全身脱毛コースに通うというのもアリです。脱毛ラボの全身脱毛(パックプラン)の場合ですと、全身脱毛48ヵ所6回で109,760円(税抜)です。

脱毛ラボの全身脱毛コースには、選べる24ヶ所プラン(税抜78,760円)や12ヶ所プラン(税抜56,760円)もあります。いずれも6回の金額です。

お腹周りの毛だけでなく、手足やワキなども一緒にお手入れに通うということもできます。

家庭用脱毛器が7万くらいすることを考えると、脱毛エステの料金は、それほど高額な料金というわけではありませんね。

医療脱毛は料金や施術の痛みの点でハードルが高い

脱毛の状態を維持するということを考えると、一番効果があると言われているのは医療脱毛です。

ただ、医療脱毛は、脱毛方法としては、もっとも痛みが強い方法ですし、料金的にも高くなります。

また、医療脱毛の場合は、待合室が男性と共有だったり、施術スタッフが男性ということもあります

効果を重視するなら医療脱毛もおすすめですが、気軽に通えるのは、脱毛エステです。

2.お腹・へそ周りの脱毛方法まとめ

お腹の脱毛エステ
仕上がりを綺麗にしたい、料金もある程度安く抑えたい、脱毛に慣れたスタッフにお任せしたい、という方は脱毛エステが最適です。

ただ、人それぞれ、ライフスタイルが違いますし、お手入れに何を重視するかも違ってくるでしょう。

自宅で自分でしたいのなら、ワックス脱毛、家庭用脱毛器という方法もありですし、痛くても、高くても効果を重視したいということであれば、医療脱毛も良い方法です。

あなたに合った方法を選んで下さい。

脱毛エステに興味がある方は「脱毛キャンペーン速報」に、各脱毛サロンのキャンペーン情報を載せていますので、参考にしてみて下さい。

脱毛サロンでは、毎月お得なキャンペーンを実施しています。

各サロンは、その脱毛サロンが初めての方向けに、とても安い料金で脱毛できるプランを用意しています。

脱毛エステが初めての方は、ぜひキャンペーンを活用して下さいね。