最近の若い人は、思い切ってハイジニーナ脱毛(無毛)にする人もいますが、海外では一般的なハイジニーナも、日本では、まだ、そこまで浸透していませんね。

日本には温泉文化もあるし、ジムで共用のお風呂に入ることもあり、ハイジニーナに恥ずかしさを感じる人も多いようです。

Vラインは希望の形を残しつつ、IOラインは全処理というのが人気のパターンです。
Vラインの脱毛
脱毛エステでVラインの脱毛をしたけど、思った感じにならなくて失敗したと後悔する例として、残したVラインの毛が多くて、下着を着たときに、毛がモサッと膨らんでに気なるというものです。

そうならないためにはどうしたらよいのでしょう。

ここでは、脱毛サロンでお手入れするときに、Vラインの密度が自然になる仕上げ方についてまとめました。

脱毛サロンでVラインの密度を減らすには?

Vラインの毛がもともと多かったり、太くて硬い毛質の場合は、脱毛した部位と、していない部位の差が激しく、残した部分が膨らんでしまう可能性があります。

そうしたことを避けるために、初めの数回は、全照射してもらうという方法があります。

初めの数回は全剃り、全照射する

Vラインの脱毛エステに通う際は、事前に自己処理をしていかないといけません。自己処理する範囲は、照射する部分です。

Vラインの毛の密度を減らしたい場合は、初めの数回、全照射してもらうために、自己処理も全処理していきます。

申し込んだプランによっては、全照射できないこともありますから、全照射を希望する方は、そのプランで全照射可能かどうか確認しておきましょう。

Vラインは濃いという方も多いため、他の部分をするより少し痛みが強いかもしれません。

全照射すると、お手入れ後、ムダ毛が処理されて、ハイジニーナになってしまうのではと心配になるかもしれませんが、毛には毛周期というものがあるので、光脱毛で1回照射したくらいでは、ずっとハイジニーナ状態になってしまう心配はありません。

(ただ、毛量がもともと少なく全処理の必要がない人や、一時的でもムダ毛がなくなる状態が嫌な人には、おすすめできません。)
毛周期
毛周期というのは、毛が生え変わるサイクルのことです。

毛は、生えて抜けてを繰り返していて、毛が成長して伸びている時期(成長期)、毛の成長が止まり抜け落ちるまでの期間(退行期)、毛が抜け落ちて次に成長するまでの期間(休止期)があります。

光脱毛で照射して反応する毛は、成長期の毛(その時に生えている毛)になります。ですから、反応しなかった毛は、また、成長して生えてきます。

Vラインの全照射の最適な回数は?

Vライン全照射回数
全照射は、やりすぎても不自然な形になってしまったり、薄くなりすぎたりしてしまいます。

最適な回数は、一般的に最初の2~4回と言われていますが、個人差があるため注意が必要です。

毛量がもともと少ない、細くて柔らかいという人は、全くしなくても自然な仕上がりになることもあります。

全照射することで、毛の密度が少なくなったり、不自然な形になることもありますから、気を付けましょう。

密度を薄くしたい人は、1回全照射後、数ヶ月経った後に生えた毛量や毛質を見ながら、次に全照射するかどうかを考えると良いでしょう。

最近は、スピード脱毛というように、毛周期をあまり気にすることなく、短いスパンで脱毛エステを受けれるサロンもありますから、脱毛エステを受ける間隔が短い場合は、2~3か月後の毛の様子で確認したほうが良いでしょう。

VIO脱毛でおすすめのサロン

  1. プリート

    VIO脱毛のプリート

    VIO脱毛にこだわりがある方は、VIO脱毛専門店のプリートがおすすめです。
    プリートは、デリケートゾーンの豊富なメニューやデザインがありますし、フォト脱毛や美白ケアができるコースもあります。
    店舗は、首都圏に5店舗(銀座・新宿・上野・大宮・横浜)のみの展開です。
    お近くにお住まいの方でVIO脱毛を考えている方は、ぜひ検討してみてください。

  2. ミュゼ

    ミュゼ

    ミュゼには、回数無制限・期間無制限のVライン美容脱毛完了コースがあります。
    このコースは、何度でもできて値段も安いのでかなりお得!
    好きな部位が選べるフリーセレクト美容脱毛コースがあるので、組み合わせて、初めの数回は全照射してもらってもいいですね。
    他に、デリケートゾーンがセットになったコースもあります。

  3. エピレ

    エピレ

    エピレには、デリケートゾーンの脱毛がセットになったVIO・5プランがあるのでVIO脱毛希望の方におすすめです。
    初めての方限定のお得なファーストプランもありますよ。

  4. ディオーネ

    ディオーネ

    ディオーネは、他のサロンとは違った脱毛方法ハイパースキン法でお手入れしていきます。
    休止期の毛に対して照射する熱量を抑えた脱毛なので、痛くない脱毛として人気。
    VIO脱毛は、痛みを感じやすい部位なので、肌に優しいディオーネの脱毛エステもおすすめです。

  5. キレイモ

    キレイモ

    全身脱毛をしたい方は、キレイモがおすすめ。
    キレイモは、顔脱毛を含んだ全身脱毛が比較的低価格です。もちろん、VIOもしっかりできます。
    冷たいジェルを使用しないので、脱毛時の不快感がありません。