アトピー肌のムダ毛処理
アトピーや敏感肌の方は、ムダ毛の処理方法で悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

カミソリで剃るとカミソリ負けを起こしたり、脱毛クリームを使用すると肌が荒れたりすることがありますよね。

また、ムダ毛の自己処理は、頻繁に処理を繰り返さないといけないというデメリットがあります。

脱毛エステなら、回数を重ねるごとに、自己処理の負担を軽くしてくれます。

アトピーや敏感肌だと、脱毛エステは受けれないと諦めていませんか?

ここでは、アトピー肌の方でも利用できる脱毛サロンや脱毛エステ利用時の注意点についてまとめました。

ムダ毛の自己処理は何度も繰り返ししないと綺麗な状態を維持できない

ムダ毛を安く自宅で簡単に処理するなら、カミソリなどのムダ毛処理グッツを用いた方法ですよね。

多くの方が使用しているムダ毛処理グッツは次のようなものですよね。
ムダ毛の自己処理方法

  • カミソリ
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛ワックス
  • 家庭用脱毛器

これらの脱毛方法は、簡単にできますが、ムダ毛がすぐに生えてくるので、頻繁なムダ毛のお手入れを行う必要があります。

繰り返しムダ毛の処理をすることで、肌にダメージを与えてしまうというデメリットがあるのです。

特に、アトピー肌の方や敏感肌の方にとって、繰り返しの自己処理は、かなりの肌負担になりますから、なるべく避けたい行為です。

それぞれの方法のデメリットを一つ一つ挙げていきたいと思います。

カミソリは肌を傷つけやすい

カミソリムダ毛処理デメリット
カミソリで、ムダ毛の処理をすると、肌とのギリギリまでムダ毛をカットできて、剃った直後は、それほどチクチクしないというメリットがありますが、逆に言うとカミソリの刃が肌と接触することがあり、肌を傷つけながらムダ毛処理をしているということになります。

カミソリの使用時は、滑りをよくするために、お風呂場で石鹸を用いてやっているという方も多いですが、石鹸を用いることで、肌への刺激がより強くなります。肌の油分を奪い乾燥を招いてガサガサになってしまいます。

また、お風呂場でムダ毛処理を行うことによって、雑菌が傷口から入ってしまい、炎症の原因になることもあります。

カミソリの管理にも注意が必要です。お風呂場に置きっぱなしにしていると、雑菌の繁殖や錆びの原因になることもありますので、定期的に新しいものに買い替えたり、使用後は、よく乾燥して管理する必要があります。

カミソリで処理するくらいなら、安全ガードついたジェーバーの方が肌への負担は少ないでしょう。シェーバを使用する場合は、清潔を保つために、処理後は綺麗に掃除して保管しましょう。

アトピーの方は、カミソリやシェーバーを使用することで、さらに悪化することもありますので注意が必要です。

脱毛クリームに使用されている薬剤は肌の負担になりやすい

脱毛クリーム(除毛クリーム)は、ムダ毛のタンパク質を溶かすアルカリ性の薬剤から作られています。

皮膚もタンパク質からできていますから、脱毛クリームの薬剤は、肌にとって刺激が強いものになります。普通肌の方でも、肌に合わないことがあります。

また、口コミなどを見ると分かりますが、効果の個人差が激しく、効果がないという方も多いですよね。

敏感肌用の商品もありますが、アトピー肌の方は、使用を控えた方が良いでしょう。

脱毛ワックスは無理に毛を引き抜くという点で肌負担が大きい

脱毛ワックスは、ワックスをムダ毛に絡めて、その上にシートを乗せ、一気にムダ毛を引き抜くという方法で脱毛していくものです。

脱毛ワックスに限らず、毛抜きや毛を抜いていくタイプの家庭用脱毛器など、無理やりムダ毛を引き抜くという脱毛法は、毛穴を傷つけるため、肌への負担が大きい脱毛法です。

毛を無理やり引き抜くことによって、周辺の皮膚が傷つき、肌は修復しようとかさぶたを作ります。ムダ毛は一時的に抜けただけで、しばらくすると成長しますから、かさぶたの下でムダ毛が成長し、埋もれ毛になることもあります。

アトピーや敏感肌の方は家庭用脱毛器の出力レベルの判断が難しい

家庭用脱毛器デメリット
家庭用脱毛器には、様々なタイプのものがあります。毛を焼き切る脱毛器や脱毛エステの出力を弱くしたもの、先ほど紹介した毛を引き抜くタイプのものなどです。

値段も様々で、安く手に入るものから、7万円くらいするものまであります。

こうした家庭用脱毛器の共通点は、購入後の使用は、自己判断に任せられるという点です。どの部位に使用するか、どれほどの出力レベルで使用するかといったことは、こちらで判断しないといけません。

使用方法によっては、肌荒れをおこしたり、火傷したりといった肌トラブルを招くことになります。

特に、敏感肌やアトピー肌の方は、使用時の判断に迷われるでしょう。

また、家庭用脱毛器は、コツコツ継続できる方向きです。

アトピー肌の方のムダ毛処理方法

アトピーの脱毛エステ
前述したように、ムダ毛の自己処理には、様々なデメリットがあります。

一番のデメリットは、肌に負担がかかる処理を頻繁に行わなければならないという点です。

肌に負担がかかる自己処理は、極力回数を抑えたいものですよね。

そこで、検討してほしいのが脱毛エステやクリニックでの脱毛です。

どちらも、回数を重ねることにより、自己処理負担が軽くなります。

高い効果が期待できるのは医療脱毛ですが、肌への負担が軽く、痛みや料金面などの点から通いやすい脱毛方法は脱毛エステでしょう。

脱毛エステは、アトピー肌には無理と思われている方もいるかもしれませんね。

あまりに、症状がひどい場合や、医師の同意が得られない場合は断られる可能性もありますが、程度によっては受けることができる場合もあります。

一度、無料カウンセリングを活用して、相談してみてはいかがでしょうか。

また、脱毛エステで断られた場合は、医療脱毛という方法もあります。

医療脱毛は、強力なレーザーを使用するため、痛みがかなり強い、料金が高いといったデメリットはありますが、脱毛エステより高い効果が期待できますし、医師による施術なので、何かあった場合は、すぐに対処してもらえるといったメリットもあります。

脱毛エステの場合は、アトピー肌や敏感肌の方の施術については、受け入れ可能範囲が狭くなっています。

それは、医師が常駐していないため、脱毛エステを受けてよいかきわどい肌状態の方の判断が難しいためです。

クリニックの場合は、医師が判断しますし、万一のことがあっても、治療するといったスタンスですから、脱毛エステで断られた場合でも、クリニックの脱毛で受け入れていくれる可能性はあります。

ただ、レーザー脱毛は強力なパワーでムダ毛を処理していきますから、肌への負担は、医療脱毛の方が大きいと思います。

アトピーや敏感肌でも脱毛できるサロン

ディオーネ

ハイパースキン法という脱毛方法で知られるディオーネ。

ディオーネの脱毛方法は、光脱毛と異なり、高熱を使用しないので、肌に優しい脱毛エステです。

アトピーや敏感肌の方でもお手入れできます。

光脱毛は、若干の痛みを伴いますが、ハイパースキン法は、子供もできるほどの痛くないお手入れ法です。

いろいろな脱毛サロンがありますが、現在主流の脱毛エステの脱毛方法は、光脱毛(フラッシュ脱毛)という方法です。

光脱毛でお手入れしているサロンでも、アトピーの症状によっては、脱毛エステが可能なサロンがありますが、よりお肌に優しい方法を求めるなら、上記のディオーネがおすすめです。

アトピーや敏感肌の方が脱毛エステを受ける場合に気を付けておきたいこと

脱毛エステを利用する際は、下記のような点を気を付けておいた方が良いでしょう。

  • エステを受ける前にかかりつけの病院と利用したいサロンに相談する必要がある
  • ステロイド剤を塗っている箇所は施術できない
  • 事前のパッチテストを利用する
  • 長く通えるコースを選ぶ

かかりつけの病院と利用したいサロンに事前に相談する必要があります

脱毛サロンの脱毛エステは、症状が落ち着いている場合や脱毛部位に症状がみられない場合は、受けられる可能性が高いです。

ただ、断られる場合もあり、その判断は、脱毛サロンによって違います

光脱毛と言っても、それぞれのサロンで使用している機械やお手入れ時のジェル、保湿液などやり方が違うからです。

また、ほとんどの場合、医師の同意書が必要になってくるでしょう。

脱毛サロンでは、契約前に無料カウンセリングを行っています。

無料カウンセリングでは、氏名や住所などの基本情報や料金・脱毛方法についての案内、いままでやっていた脱毛方法、病院に通っているか、服用している薬はあるかといったことも聞かれます。

その時に、アトピーの症状や肌状態、使用している薬などについて、しっかりと相談しましょう。

また、通っている皮膚科にも一度受診して脱毛エステを受けてよいかを確認しておきましょう。

ステロイド剤を塗っている箇所は施術できない

アドピー肌の方はステロイド剤を使用している人もいるかと思いますが、ステロイド剤を塗っている箇所は施術を断られるでしょう。

脱毛エステでは、脱毛箇所に薬を使用していたり、服用している場合は、施術を断られることがほとんどです。

契約書など利用時の注意点に書いてあることがありますので、肌トラブルを避けるためにもしっかり確認しておきましょう。

薬については、どのくらいの期間ダメなのかといったことも確認しておいた方がよいですね。

施術を断られる理由としては、肌トラブルを避けるためと、脱毛エステ後、炎症や肌トラブルが起きたときに、薬の影響なのか、脱毛の影響なのかわからなくなり、対処が難しくなるためだと考えられます。

事前のパッチテストを利用する

脱毛エステでは、無料カウンセリング時などに、事前にパッチテストをしてくれるサロンがあります。

そうしたパッチテストを利用しておくと良いでしょう。光脱毛が大丈夫であっても、お手入れ時に使用するジェルや保湿液が肌に合わないこともあります。

肌状態をみてもらい、脱毛エステを受けれることが可能でも、パッチテストで合わなかった場合は、契約はやめておいた方が良いですね。

途中で中断が可能な長く通えるコースを選ぶ

アトピー肌の脱毛エステ
脱毛エステ契約時に、肌の状態が良くても、通っているうちに症状が悪化するということも考えられます。

脱毛エステは、1回や2回では、それほど効果は期待できないため、6回以上は通うことになるでしょう。また、施術後は次の施術までにしばらく期間を空けて通うことになります。

割と長い期間、サロンに通うことになるので、その間に、肌の状態が変わることも考えられますよね。

症状が悪化した場合は、しばらく中断することになると思いますが、サロンによっては、この期間に通ってくださいねといった保証期間や有効期限があるコースもあります。

途中で通えなくなることも考えて、契約内容や肌の状態から中断する場合はどうなるかといったことも、契約前に確認しておきましょう。

脱毛エステに興味がある方は、「脱毛エステの選び方」でもディオーネ以外のサロンについて詳しく書いていますので、良かったら参考にしてくださいね。