子供とムダ毛
お子様が、毛深くてムダ毛に悩んでいるということはありませんか?

幼稚園・小学生・中学生は、集団生活を送っていますから、人と違うことを指摘されたり、いじめの対象になってしまったりする心配もありますね。

学生生活には、プールの時間や、体育の時間がありますし、習い事でバレエや水泳をしていたりと肌を露出することも多いです。

そのため、ムダ毛が生える年ごろになると子供でもお手入れが必要になります。子供がムダ毛処理について悩んでいたら、私たち大人は、どうアドバイスしたらよいのでしょう。

ここでは、子供でも通える脱毛サロン子供のムダ毛の自宅での処理方法子供が脱毛エステに通う場合の注意点についてまとめました。

1.子供でも通える脱毛サロン

小さなお子さんでも脱毛エステに通えるサロンがあります。

子供でも通える有名なサロンを列挙してみました。

  1. ディオーネ

    ディオーネ

    ディオーネは、多くの脱毛サロンで行われている光脱毛とは、違った方法の脱毛エステです。
    ハイパースキン法と言って、高熱を使用しない方法でお手入れしていきます。
    その為、ディオーネの脱毛エステは、痛くありません。
    また敏感肌の方でも通えます。
    痛くなくて肌にも優しい方法なので子供でも通えるサロンとして有名です。
    ディオーネは、3歳から通える脱毛エステサロンです。

  2. エピレ

    エピレ

    エピレには、7歳からできるキッズプランがあります。
    キッズプランは、痛みがほとんどない方法で、子供でも通える脱毛エステです。
    エピレは、大手エステティックサロンTBCがプロデュースした脱毛専門サロンです。

子供の脱毛方法
ディオーネの脱毛方法は、ハイパースキン法といって、熱を抑えた脱毛方法です。通常、脱毛エステの光脱毛(フラッシュ脱毛)は、成長期の毛(今生えている毛)に対して、光を当ててお手入れしていきますが、ハイパースキン法は、休止期に光をあてて施術していきます。

エピレは、黒色(ムダ毛)に反応する光をあてて、施術していくお手入れ方法です。

どちらのサロンも、無料カウンセリングをしています。無料カウンセリングは、上記の公式サイトから申し込めます。

無料カウンセリングでは、脱毛方法について詳しく聞けるほか、料金や疑問点を質問できます。

興味がある方は、ぜひ活用してみて下さい。

2.子供のムダ毛の処理方法

上記のように、子供でも通えるサロンはありますが、脱毛エステは子供にはまだ早いとお考えの方も多いでしょう。

自宅でムダ毛を処理したいという方もいますよね。

ご家庭でのムダ毛の処理方法は、カミソリ・シェーバー・脱毛ワックス・毛抜き・脱毛クリームなどがあります。

それぞれにメリット・デメリットありますが、子供のムダ毛の処理ということを考えると、負担が少ない安全ガードが付いた電気シェーバーがおすすめです。

ムダ毛の処理方法として、一番に思いつくのは、カミソリでの処理ではないでしょうか。

カミソリの良い点は、手軽にできてムダ毛をギリギリまで、剃ることができることですよね。

ですが、深剃りできる分、肌を傷つけやすいので、子供のムダ毛の処理には向いていません。

子供は日焼けをする機会が多いです。傷ついた肌のまま日焼けをすると、黒ずみの原因になったり、傷跡がのこってしまったりします。

子供の肌は綺麗ですから、毛深いがために処理をして痕が残るなんてことは避けたいですよね。

除毛の場合は、剃り跡やチクチク感が残ってしまうので、脱毛を考える方もいるかもしれません。

ワックス脱毛や毛抜きでの脱毛は、無理やり引き抜く方法なので、埋没毛(皮膚の下に、毛が埋まってしまう症状)になったり、無理に引き抜くことで傷ついた毛穴から、ばい菌が入って肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

埋没毛になったら、子供は気になって、無理にほじくって肌を傷つけるということも考えられます。

子供は、外で遊ぶ機会もたくさんありますから、脱毛後の毛穴にばい菌が入ってしまう可能性も高いですね。

ですから、これらの脱毛方法は、おすすめできません。

除毛クリームや脱色剤という方法もあります。

ですが、こうした薬剤を用いる方法は、肌への負担が大きいです。

脱毛クリームや脱色剤は、大人でも使用中にチクチクしたり、肌荒れを招くことがありますよね。

もし、これらのワックス脱毛や除毛クリームを使用する場合は、子供でも使用可能なものなのかどうかという点を確認し、使用上の注意点を良く守って使用しましょう。

子供の肌は綺麗なので、自己処理を繰り返すことによって、傷跡になったり、黒ずみになるのは避けたいですよね。

自宅でムダ毛を処理する場合は、なるべく肌を傷つけないような方法が良いでしょう。

ご家庭でムダ毛の処理をするなら、肌を傷つけにくいように設計されている、顔用のシェーバーや電気シェーバーが良いでしょう。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の出力レベルが弱い家庭用脱毛器もありますが、高額ですし、使用方法が購入者本人の判断になるため、子供脱毛には向いていません。

子供に、どれくらいの出力レベルでお手入れしてあげればいいかは、判断が難しいです。

家庭用脱毛器を使用するのであれば、子供向けの医療脱毛や脱毛エステに通った方が、慣れたスタッフと相談しながら受けれるので安心です。

医療脱毛は、痛みが強いですし、費用面でも高いので、子供の脱毛にはハードルが高いですが、何かあった時にドクターが対応してくれるというメリットはあります。

脱毛エステでは、痛みが少ない子供向きのプランがありますので、医療脱毛より通いやすいです。

ただ、医療脱毛も脱毛エステも、年齢制限を設けているところや生理がきていないと受けれないところなどもありますから、通う場合は確認が必要です。

子供の脱毛エステの注意点・考えておきたい事

子供でもできる脱毛エステを挙げましたが、子供の脱毛で考えておきたいことがいくつかあります。

それは、若いうちはホルモンバランスが安定していないということです。

それにより、毛が太く濃くなったりすることもあります。

小さいころに、ムダ毛が多かったとしても、成長するにつれて女性ホルモンが活性化し、ムダ毛が薄くなったり、少なくなったりする可能性もあるのです。

ホルモンバランスが安定していないと、脱毛エステに通っても効果が現れにくい場合があります。

その時は、脱毛できていても、体が成長過程にあるので、今まで生えていなかったけど、これから成長する毛が、生えてくる場合もあります。

また、学生生活は、日焼けをする機会が多いですよね。光脱毛の場合、脱毛前後に日焼けを避けるように言われます。

光脱毛は、ムダ毛(黒色)に反応する光で脱毛していきます。日焼けをすると肌が黒くなるので、火傷などの肌トラブルを避けるために、脱毛を断られることがあります。

脱毛後も、肌に負担がかかるため、日焼けしないように気を付けなければなりません。

小学生は、お友達と外で遊んで楽しみますし、学生生活を送っていたら、体育など紫外線を浴びる時間が多くあります。

日焼けを避けるというのは、なかなか難しいので、もし、脱毛エステに通う場合は、暑い夏は避け、日差しが少ない秋や冬から通い始めるとよいでしょう。
子供の脱毛

最近は、子供でも脱毛エステに通っているという子は多いです。

脱毛エステの良い点は、仕上がりが綺麗な点や自己処理の負担が抑えられる点です。また、痛みをそれほどに気にせず通えるサロンがあります。

ただ、子供脱毛には、上記のようなデメリットがあることも考えておいた方が良いですね。

脱毛エステでは、無料でカウンセリングを実施しているサロンが多いですから、一度相談してみても良いでしょう。

未成年者の場合で脱毛エステを利用する場合は、親の同意書が必要になったり、サロンによっては、カウンセリング時に、親の同伴が必要になったりする場合があります。