子供のムダ毛
子供の頃、ムダ毛に悩んだことはありませんか?お子さんにムダ毛のことを聞かれたことはありませんか?

子供も、ムダ毛に悩むことがあります。

だいたい小学生高学年くらいから中学生くらいになると、ワキ毛やVIOラインの毛が生えてきます。

それよりも早く生える子もいるので、自分は早いんじゃないか?うちの子は早すぎるのでは?などと悩んだりしなくても大丈夫です。

ムダ毛が生える年齢や生理が始まる年齢は、人によって違うので、どういうふうに対処したらいいのか、悩む子や親は多いでしょう。

VIOラインは、服を着れば隠れてしまいますから大丈夫ですが、ワキ毛は、体操着を着たり、プールの時間に水着を着たりするので、そのままにしているのは、子供にとっては恥ずかしいもので苦痛に感じることもあります。

大人は、子供だから処理はまだ早いなどと思わず、もし自分がそういう状況に置かれたらどうだろうと考えてみて下さい。

ワキ毛が生えたまま、水着を着るのは、恥ずかしくありませんか?周りから何か言われるのではと不安になりませんか?

ムダ毛について子供が感じている例を挙げてみました。

  • 恥ずかしいけど、どうしたらよいかわからない。
  • 気になるけど、どうしたらよいかわからないから、そのまま。
  • 同級生に指摘されるから嫌だ。
  • 皆には内緒だけど、自分で、ハサミで切ったり、抜いたりしている。
  • カミソリでこっそり剃っている。
  • 脱毛クリームや脱色剤を使ってみた。
  • 友達に毛深いと言われて学校に行くのが辛い。
  • 姉から、やり方を教わって処理した。
  • 自分で剃ったけど、肌を傷つけてしまった。
  • 剃っているけど、時々、皮膚の中に毛が埋まって気になる。
  • いじめられて困っている。

悩んでいる子や、言えなくて秘密にしている子、こっそり処理する子、姉や親に相談する子さまざまです。

親にムダ毛処理をやってもらっている子や方法を教えてもらってやっている子もいます。

学校は集団生活です。ムダ毛が原因で、いじめられることもあります。

子供は、正直に言ってしまいますから、見慣れないものを見ると、指摘することもありますよね。

悪気がなくとも、言われた方は傷つき、一人で悩んでしまいます。

そのことで、消極的になり、学生生活を楽しく遅れなくなってしまうこともあるのです。

親に相談してくれればいいのですが、言えない子もいます。一緒にお風呂に入っていれば、気づくかもしれませんが、親の方からは、なかなか気づかないものですね。

親の立場になると、自分が子供の時どうだったのかというのを忘れがちです。また、親が毛深くなくて、子供が毛深いという人もいますしね。

自分は、ムダ毛が生える年齢が遅かったけど、子供は早いということもあります。

子供が間違ったムダ毛の処理をすると、肌を傷つけて危険ですし、赤みやブツブツができたり、バイ菌が入って炎症を起こしたり、埋没毛になってしまうこともあります。

間違った自己処理を続けていると、傷跡や黒ずみの原因になって、肌が汚くなってしまいます。子供の肌は綺麗ですから、綺麗なまま成長させてあげたいですよね。

女の子の場合は、生理が始まる年齢の平均が10歳から15歳くらい(早い人は8歳くらいから)です。
子供のムダ毛の悩み

ですから、小学生高学年か、それより少し前くらいに、生理やムダ毛のことなど、これから起こる体の変化について教えておいて、何かあったら相談してねと声をかけておくと、子供としても、変化が起きたときに親に話しやすいでしょう。

子供のムダ毛の自己処理は、カミソリや毛抜きより、安全ガードがついた顔用やボディ用の電気シェーバーの方が、肌を傷めにくいです。

最近は、子供の脱毛エステを利用する子もいます。

子供でも通える脱毛エステについては、「子供は何歳から脱毛エステに通えるの」のページで詳しくまとめています。