脚の脱毛エステ

女性がムダ毛のお手入れの必要性を感じる箇所として代表的な部位は、ワキ、腕、足です。

特に、足は年中露出することが多く、お手入れも頻繁に行わなければならない部位ですね。

ムダ毛の処理方法は様々ありますが、足のムダ毛のお手入れは、どのような方法でしていますか?

ここでは、足脱毛でおすすめの方法についてまとめました。

足・ひざ下の脱毛は脱毛エステがおすすめ

脚の脱毛なら脱毛エステがおすすめです。

まずは、その理由を、他の方法との比較から説明したいと思います。

足のムダ毛の自己処理はデメリットがいっぱい

脚の脱毛エステ
ムダ毛を自己処理するメリットは、お金がかからず、いつでもどこでも簡単にできるということですが、脚のムダ毛の自己処理は、デメリットがたくさんあります。

カミソリでの除毛は、深剃りできる分、皮膚の表面まで傷つけてしまいます。

肌を切ってしまったり、色素沈着を起こしたりして肌が黒ずんでしまったり、繰り返しの処理で乾燥を招いてしまったりすることがあります。

それに、剃り跡が残ったり、すぐに生えてくるので、綺麗な状態を維持したいなら頻繁に処理しないといけませんね。

脱毛クリームは、手間もかからず簡単にゴッソリ処理できるイメージですが、肌には刺激が強い薬剤を使用しているので、肌に優しくない方法です。

薬剤が合わないという人も多いですし、そもそも効果がイマイチという方も多いですよね。

毛抜きや脱毛ワックスによる脱毛は、お手入れ後の見た目が綺麗というメリットはありますが、毛を無理やり引き抜ので、毛穴を傷つけてしまいます。一番避けた方が良い方法です。

傷口から雑菌が入って、毛嚢炎になどの肌トラブルを起こす可能性があります。

無理やり引き抜く脱毛法は、ムダ毛が生えているところの皮膚は、脱毛により傷ついた後、修復をし始めます。

その後、その下から新しいムダ毛が生えてきますから、埋もれ毛になってしまうことも多いのです。

私自身、カミソリや毛抜きタイプの家庭用脱毛器で処理していたころは、頻繁に埋没毛になったり、傷跡になったりしました。また、肌がとても乾燥し、ガサガサの状態でした。

ちなみに、埋もれ毛になってしまった場合は、無理に毛を引き出さない方が良いです。しばらく放置し、自然に毛が出てくるのを待ちましょう。

毛が出てこない場合や、炎症を起こしている場合は、病院で診てもらう必要があります。

このように自己処理には、デメリットがいっぱいです。

こうしたデメリットから解放されたくて脱毛エステに通う人が増えてきています。

今は、脱毛エステっぽいことができるいろいろな家庭用脱毛器もありますが、家庭用脱毛器は、脱毛エステほどの効果は望めませんし、口コミで良いとされている商品は、かなり高額です。

家庭用脱毛器は、コツコツと継続するのが難しかったり、出力レベルの調整が難しかったり、手が届きにくい部位やお手入れできない部位があります。

脱毛エステには、安いプランもありますし、通ったらお手入れはスタッフにお任せすればよいですし、施術前後のお手入れもしっかりしてもらえます。

なにより、通い続けていると自己処理が楽になるのがうれしい点です。

足の脱毛は、頻繁なムダ毛のお手入れが必要な部位です。

これからずっと自己処理を続けることを考えると、肌への負担、手間の負担、仕上がりの良さという点で、脱毛エステで脱毛したほうがメリットは大きいということが分かると思います。

医療脱毛は高い効果が期待できるが脱毛エステの方が通いやすい

医療脱毛の良さ
ご存知の方も多いと思いますが、脱毛エステでは永久脱毛はできないと言われています。

そのため、より効果が期待できる医療脱毛を考えている方もいますよね。

(ちなみに、永久脱毛といっても、施術後、一生ムダ毛が絶対生えてこないというわけではないです。このことについては、「永久脱毛してもまた生えてくるって本当? 」の記事を参考にしてください。)

クリニックの脱毛の代表的な方法はレーザー脱毛です。

脱毛エステとは違い、医療脱毛では強力なパワーを持ったレーザーを使用して、毛の成長を促す毛乳頭や毛母細胞を破壊しながら脱毛していきます。

そのため、リスクも高く、高度な技術や知識も必要になり、医師免許をもった者でないと医療脱毛はできないとされています。

永久脱毛とうたえるのは、医療脱毛だけなのです。

医療レーザー脱毛の効果は脱毛エステより高いと言われている

レーザー脱毛の良い点は、強いパワーをもったレーザーで施術していくので、高い効果が期待できるという点です。

そのため、脱毛エステと比べると、少ない回数で満足いく結果を得やすいです。

また、クリニックなので万一の時には、すぐに医師に診てもらったり、薬を処方してもらったりすることも可能という点が良い点でしょう。

医療レーザー脱毛は脱毛エステより通いにくい

医療脱毛の欠点
脱毛には痛みが伴いがちですよね。

個人差はあるものの脱毛エステの痛みは”ゴムをはじく程度の痛み”なので、我慢できる範囲の痛みで、それほど痛くないです。

医療脱毛は、痛みが非常に強いという特徴があります。

強いパワーで施術していくわけですから仕方がないことですが、痛みが苦手という人は継続が難しくなる人もいて、途中で辞めてしまう人います。

今は、クリニックによっては、麻酔を使ってくれるところもあります。

医療脱毛をするなら、麻酔を使わないと我慢できない人もいるくらい痛みが強いということを、覚悟しておいた方がよいですね。

また、医療脱毛の場合、健康保険は適用できませんから、費用が高額になります。

脱毛したい人は、高い効果を求めている人がほとんどですが、医療脱毛は、痛みが強い、費用が高いという観点から、ハードルが高いと感じる人が多く、脱毛エステの方が人気があります。

返金保証制度を設けているクリニックもありますが、医療脱毛は、医療行為になるので、今のところ、特定商取引法の対象外となり、クーリングオフ制度は使えません。(脱毛エステは、クーリングオフの対象になります。)

他にも、医療脱毛は通いづらい点があります。

医療脱毛は、クリニックに通うことになるので、敷居が高いと感じる人もいますよね。

脱毛エステのほとんどが、スタッフも利用者も女性ですが、医療脱毛の場合は、待合室に男性の利用者がいたり、医師やスタッフが男性だったりということもあります。

VIO脱毛や全身脱毛は、やはり女性のスタッフが良いという人も多いですよね。

自己処理や脱毛エステより高い効果を求めるなら医療脱毛もよいですが、こうしたデメリットから脱毛エステの方がおすすめです。

クリニックを利用したい場合は、技術面や契約の面で信頼できるところや女性専用のところなど、あなたのニーズを満たしてくれる利用しやすいクリニックを探してみると良いでしょう。

脱毛エステの足脱毛プランの選び方

足のムダ毛の処理なら、自己処理や医療脱毛より脱毛エステがおすすめです。

ここからは、大手脱毛サロンの足脱毛プランの特徴や選び方をまとめていきたいと思います。

また、自己処理方法や医療脱毛についてもまとめています。

無制限・し放題プランなら銀座カラー

銀座カラー

関東を中心に展開する銀座カラーは、し放題プランがあるのが良い点です。

足は、毛量が多くて毛質が太いという人が多い部位ですから、脱毛エステを繰り返し受けて、しっかり脱毛したいという人もいますよね。

銀座カラーの足脱毛の部位は、両ひざ上、ひざ、両ひざ下、両足の指・甲の4箇所に分かれています。

足全体をお手入れしたい方は、定番セットコースの足全セットプランが良いでしょう。

このプランでし放題プランを選択した場合、通常料金で225,600円(税抜)です。

ひざ下や気になる箇所だけしたいという人は、フリーチョイス脱毛コースで、脱毛したい箇所を選ぶことができます。

範囲が狭いひざと両足の指・甲は、し放題プランの場合、通常料金で1ヵ所37,600円(税抜)。

範囲が広い両ひざ上と両ひざ下は、し放題プランの場合、通常料金で1ヵ所75,200円(税抜)。

脱毛したい箇所が少ない場合は良いですが、足全体の場合は、高額になってしまいますね。

今回は、し放題プランで見ていますが、回数を決めれば、もう少し安くなります。

ただ、他の脱毛サロンと比べると、銀座カラーは全体的に料金が高めなので、安さにこだわるなら他のサロンも検討したほうがよいかもしれません。

し放題プランを受けたい場合は、銀座カラーはおすすめです。

また、キャンペーンを利用すると、もっと安く受けられることがあります。

キャンペーンは時期により変わりますから、最新の情報をご確認ください。銀座カラーの申し込みやキャンペーン情報については、下記公式サイトから確認できます。

ちなみに、銀座カラーの全身脱毛コース、「新・全身脱毛」のし放題プランの料金が285,000円(税抜)です。

銀座カラーで足と他の部位の脱毛も一緒にしようと考えている場合は、全身脱毛のし放題プランの方がお得になることもあります。
(上記金額については、いずれも2017年9月調査時点のものです。)

この新・全身脱毛プランの価格には、顔脱毛は含まれていません。顔脱毛を含む場合は、別途追加料金が必要です。

銀座カラーについては、「銀座カラーの特徴・おすすめプランは?」の記事にも詳しくまとめていますので、良かったら参考にしてください。

ミュゼの足脱毛はキャンペーンがある時期が狙い目

ミュゼ

ミュゼは、スタッフの評判が比較的良い、店舗数や会員数が多いといった特徴があるサロンです。

ミュゼの足脱毛の部位は、両ひざ上、ひざ、両ひざ下、両足の指・甲の4箇所に分かれています。(銀座カラーと同じですね。)

ミュゼで足脱毛をする場合、フリーセレクト美容脱毛コースになります。

このコースは、LパーツとSパーツで値段が違い、通常料金でLパーツ1回9,000円、Sパーツは2回9,000円です。(いずれも税抜)

(いずれもレギュラープラン。平日12時から18時の利用に制限される時間限定プラン「デイプラン」なら税抜7,500円です。)

範囲が広い、両ひざ上と両ひざ下は、Lパーツになり、範囲が狭い、ひざと両足の指・甲はSパーツになります。

脱毛エステの回数については、後述しますが、最低でも6回くらいは受けないと、効果は期待できないと言われています。

足全体を6回するとして、通常料金で単純に計算した場合、198,000円です。(レギュラープラン)

但し、ミュゼは、回数を多く選択すると割引になったり、キャンペーンの適用でかなりお得になったりすることがあります。

ミュゼのキャンペーンの最新情報の確認は、下記公式サイトから確認できます。

ミュゼは、12,000円(税込)以上お支払い場合、特典として、ワキ+Vラインの美容脱毛完了コースが無料でプレゼントされます。

ミュゼは、ワキ脱毛、Vラインの脱毛がとってもお得なサロンですが、足の脱毛の料金自体は普通です。

キャンペーンによる割引を活用しましょう。
(上記金額については、いずれも2017年9月調査時点のものです。)

脱毛ラボは足脱毛料金が安い

脱毛ラボ


脱毛ラボは、部位脱毛も全身脱毛も、他のサロンと比較すると安く脱毛エステが受けれるサロン
です。

また、最短2週間~月1ペースで通えるスピードプランがあるのが特徴です。

月額制やパックプランといった支払方法や、全身脱毛、セット、単発といったメニューがあり、ニーズに合わせて選べるのも良い点です。

足脱毛を安くしたいなら、脱毛ラボがおすすめです。

脱毛ラボの足脱毛の部位は、左右は別、裏と表は別、ヒザも別、指と甲は別というようにかなり細かく分けられています。

両ひざ上・ひざ・両ひざ下・足の指・甲を数えると全部で14箇所に分かれることになります。

例えば、足全体(14箇所)をお手入れする場合で回数パックプランと1回単発プランを通常料金で申し込むとします。

回数パック脱毛プランの選べる部分脱毛12ヶ所というプランが6回で83,760円(税抜)です。

また、1回脱毛単発プランのSパーツが1,500円(税抜)なので、こちらをSパーツにあたる指と甲の2箇所を6回を受けるとして単純計算で、18,000円。合計すると、101,760円(税抜)になります。
(金額は、2017年9月調べのものです)

単発プランの方は、回数を多く選択すると割引になる可能性もあるので、もう少し安くできるのではないかと思います。

他の脱毛サロンと比較しても低価格なので、安い足の脱毛エステを考えているなら、脱毛ラボは選考の候補に入れるべきサロンです。

脱毛ラボの申し込みや最新情報の確認は、下記公式サイトからできます。

先ほど取り上げた銀座カラーとミュゼを安さの点からいうと、銀座カラーはキャンペーンを利用しても、安さに限界があることが多いです。

ただ、し放題プランとなれば、銀座カラーの方がお得になることもあるので、し放題を考えているなら、検討してみても良いでしょう。

ミュゼは、キャンペーンによっては、破格の値段になっていることがあるので、最新のキャンペーンはチェックしておきたいサロンです。

痛くない足脱毛ならディオーネ

ディオーネ

脱毛エステの施術時の痛みは、”ゴムをはじく程度の痛み”と表現されるように、我慢できないほどの痛みではありません。

ただ、足の脱毛の場合、ひざ下、ひざに関しては、他の部位より、やや強めの痛みを感じる方が多いようです。

とにかく痛いのが嫌という方は、痛くない脱毛方法のサロン、「ディオーネ」があります。
ハイパースキン法でお手入れをしていく脱毛サロンのディオーネは、痛くない脱毛サロンとして人気があります。

料金的には、やや高めのサロンです。

ハイパースキン法は、敏感肌でもお手入れできる、痛くないので子供でも通える、産毛に強いといった特徴があります。

ハイパースキン法は、他のサロンで一般的な光脱毛(フラッシュ脱毛)とは、お手入れ方法が異なります。

簡単に説明すると、光脱毛では、メラニン色素(黒色)に反応する光を、成長期のムダ毛に当てて、熱エネルギーでムダ毛をお手入れしていきますが、ハイパースキン法では、休止期の毛に対して光を当てて、毛の種(発毛因子)に働きかけて抑毛していく方法です。

両者の違いは、お手入れ後のムダ毛の状態に現れます。光脱毛ではお手入れ後、2週間後くらいに反応があったムダ毛が抜け落ちる期間がありますが、ハイパースキン法では、そういったことがありません。

回数を重ねるごとに、ムダ毛の成長が抑えられて、自己処理が楽になっていくというイメージです。

ムダ毛が抜け落ちた方が、効果があったというような満足感が得やすいかもしれませんが、痛くない方法をお探しなら、ディオーネがおすすめです。

ディオーネの申し込みや内容については下記公式サイトから確認できます。

口コミを見ると痛くない脱毛法で人気のディオーネは、その方法の特徴から効果の実感が遅いようです。

その点が不安な方は、やはり光脱毛の脱毛サロン(ミュゼ、脱毛ラボ、銀座カラー、キレイモなど)の方が良いでしょう。

脱毛エステの足脱毛プランの選び方

最近は、新しい脱毛サロンが次々とできて、店舗やプランの選択肢が多くなってます。

脱毛サロンを選ぶにあたって、プランのお得感や効果の実感というのは、重要なことですよね。

そこで、ここからは、下記のような視点から、脱毛エステの足脱毛プランの選び方についてまとめました。
画像の文字列

  1. サロンによって1部位の捉え方が違う
  2. 足脱毛と全身脱毛の料金を比較しておく
  3. 足脱毛エステは6回以上必要と考えておく

サロンによって1部位の捉え方が違う

足脱毛といっても、足の範囲は細かく分けられます。サロンによって分け方も違います。

脱毛ラボのように、左右や裏表などかなり細かく分けているサロンもありますので、料金をみるときは、注意が必要です。

足脱毛と全身脱毛の料金を比較しておく

あなたが受けたい脱毛エステは、足のみですか?

もし、他の部位も脱毛したい部分があるなら、全身脱毛の方がお得になることがあります。

足の脱毛といっても、足の範囲を細かく分けて価格設定しているサロンもあり、希望する足脱毛の範囲によっては、総額が高くなることも考えられます。

部位脱毛は、全身脱毛より割高になる傾向があります。

ワキや腕、鼻下、VIOラインなど足の他にムダ毛が気になる部分があるという方、たくさんの部位を脱毛したいけど値段が高くなるだろうから足脱毛のみに絞ったという方は、全身脱毛を安く提供しているサロンもありますので、そちらも検討されてみてはいかがでしょうか。

キレイモ

例えば、全身脱毛サロンのキレイモは顔を含む全身の脱毛が低料金のサロンです。

全身脱毛6回のパックプランの値段が、通常価格で114,000円(税抜)(2017年9月調べ)ですから、それなら、全身脱毛の方がお得と感じる人もいるでしょう。

脱毛エステを受けて満足感を得ると、他の部位も脱毛したくなってきます。

ちょこちょこ脱毛すると結局、高くついてしまうことがあるので、足以外の他の部位も気になっているなら、一度全身脱毛の費用と比較してみることをおすすめします。

足脱毛エステは6回以上必要と考えておく

毛周期
ムダ毛には、毛周期(毛が生え変わるサイクル)あります。主に成長期、退行期、休止期です。

成長期は、毛が成長して伸びている期間、退行期は、毛の成長が止まり抜け落ちるまでの期間、休止期は、毛が抜け落ちて次に成長するまでの期間のことです。

このように、ムダ毛は生えて抜けてを繰り返していますが、光脱毛の場合、成長期のムダ毛に対して光を当ててお手入れしていきます。

つまり、退行期や休止期の毛には効果は望めないので、全てのムダ毛に光を当てるには、1~2回くらいでは、全然足りないと言えます。効果の実感を得るには、繰り返し回数を重ねる必要があります。

脱毛エステの回数と仕上がり具合については、個人差がありますが、一般的に、6回で半分くらい、12回で8割くらいのムダ毛が脱毛できるイメージだと言われているので、毛量の多い足の脱毛の場合、最低でも6回くらいは必要になるかと思います。

足脱毛に限らず、脱毛エステを受けた人は、6回くらいで自己処理が楽になったと感じる、10回くらいで満足感を得たという人が多いようです。

毛質や毛量、生えるスピードなどに個人差があるので、はっきりとは言えませんが、足脱毛の場合は、お手入れ6回以上のプランを選んだ方が良いでしょう。

あとは、どれくらいの状態にしたいのかによって、回数を増やしてみても良いかもしれませんね。