ニードル脱毛の仕組み
現在の脱毛で人気があるのは脱毛エステの光脱毛ですが、脱毛エステよりも高い効果を求めてクリニックで脱毛する人もいますよね。

クリニックの脱毛で主流なのは、レーザー脱毛です。痛みや費用の面から、あまり人気はありませんが、他にニードル脱毛(針脱毛)という方法もあります。

痛くても、費用が高くても、敢えてニードル脱毛を選択される方もいます。

ここでは、ニードル脱毛の仕組みや特徴、痛みについてまとめていきたいと思います。

1.ニードル脱毛の仕組み

ニードル脱毛は、ムダ毛の毛穴一本一本に針を刺し電流を流して、毛を成長させる毛乳頭や毛母細胞を破壊して脱毛していく方法です。

ニードル脱毛では、その施術の特徴から2~3mm程度伸ばしてから、施術を受ける必要があります。

処理されたムダ毛は、その場で抜けます。(脱毛エステや医療脱毛のレーザー脱毛の場合は、施術されたムダ毛は数日後に抜けます。)

毛穴に針を刺して施術するので、出血することもあり、血液感染を防ぐためにも、針は使い捨てか、買い取りが基本です。

2.ニードル脱毛の特徴

ニードル脱毛(針脱毛)が激痛だというのはご存知の方も多いでしょう。

光脱毛が今のように手軽に行えなかった時代には、ニードル脱毛をする人もいました。しかし、今はエステの光脱毛のように、それほど痛くない方法があります。

それなのに、なぜ敢えてニードル脱毛を選択する人がいるのでしょうか。

それは、ニードル脱毛には、効果が高いという特徴と、エステの光脱毛やレーザー脱毛ではできない部位にもできるという特徴があるからでしょう。

ここからは、ニードル脱毛のメリットとデメリットについて書いていきます。

2-1.ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛の利点
ニードル脱毛は、日焼け部分や乳輪など色素沈着している部分にも施術できる、あざやタトゥー、白髪にも施術できるといったメリットがあります。

脱毛エステの光脱毛や医療脱毛のレーザー脱毛は、メラニン色素(黒色)に反応する特殊な光やレーザーをあてて熱エネルギーで脱毛していくという方法です。

その為、日焼けして肌が黒い部位、色素沈着している部位、色(黒色や茶色)がついているタトゥーをしている部位、眉毛など黒目の近くの部位に施術することは、火傷の危険性があり施術できません。

また、黒色ではない白髪には、光が反応しないので効果がありません。

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して電流を流し、一本一本処理していく方法なので、黒色に反応するというわけではありませんよね。ですから、施術する部位の肌の色やムダ毛の色に左右されず施術可能なのがメリットです。

また、一本一本処理していくので、レーザー脱毛より確実で効果が高いと言われています。

2-2.ニードル脱毛は痛みがとても強い脱毛法

ニードル脱毛の痛みがどれくらいかといいますと、悶絶するような痛みと言われるくらい痛いようです。

泣きながら施術を受けたという人もいますし、痛すぎてスタッフに怒りがこみあげてきた、1度受けたが痛すぎてやめてしまったという人もいます。

脱毛エステの場合の痛みは、”ゴムではじく程度の痛み”と一般的に言われています。レーザー脱毛は脱毛エステより痛みが強い方法です。

ニードル脱毛は、レーザー脱毛より痛みが強いと言われています。ニードル脱毛を受けるなら、痛みに対しての覚悟は必要でしょう。

クリニックのニードル脱毛の場合は、麻酔をしてくれる医療機関もあります。

2-3.ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛の一番のデメリットは、痛みが非常に強いということです。

よく脱毛エステよりレーザー脱毛の方が痛いなどと言われますが、ニードル脱毛は、そのレーザー脱毛よりも痛みを伴う方法です。

痛み以外のデメリットとしては、次のようなことが挙げられます。
針脱毛デメリット

  • 費用が高い
  • 時間がかかる
  • 全身脱毛は難しい
  • 炎症や毛嚢炎などのリスクがある
  • 施術者の技術力によるところが大きい

ニードル脱毛費用の料金体系

ニードル脱毛の料金体系は、一本いくらというクリニックと、何分いくらというように時間で金額を設定しているクリニックがありますが、どちらも施術に対する料金は高いです。

一本いくらで設定されている場合は、毛量が多い方は、かなり高くなってしまいます。時間で金額を設定している場合は、施術者の技術力に左右されますね。

ニードル脱毛に使用される針は、使い捨てか買い取りになりますから、針の料金が別料金になっているクリニックもあります。針代はだいたい5,000円くらいです。

また、感染症予防のため血液検査をします。こちらも5,000円くらいかかります。初診料がかかることもあります。それから、麻酔や薬を使用する場合は、その料金も必要ですね。

いずれにしても、光脱脱毛やレーザー脱毛よりも金額が高額になることがほとんどです。

針脱毛は時間がかかる

ニードル脱毛は、一本一本処理していきますから、どうしても時間がかかってしまう脱毛方法です。これも、施術者の腕にも左右されます。

光脱毛やレーザー脱毛の方が照射面が広いので時間はかかりません。

ニードル脱毛で全身脱毛するのは難しい

想像してみてもわかりますが、ニードル脱毛で全身を脱毛するのは、無理でしょう。

ニードル脱毛は強烈な痛みを伴います。お金や時間もかかりますし、全身といった広範囲の脱毛には向きません。

光脱毛やレーザー脱毛をしたけど、数本気になる毛があるというような場合に利用するのが良いかもしれません。

ニードル脱毛はリスクが高い

ニードル脱毛は、その威力の強さから、火傷や毛嚢炎などの炎症のリスクが高いです。毛嚢炎は、見た目が白ニキビのようなもので、毛穴の奥にブドウ球菌が感染して起こる皮膚病です。

クリニックのニードル脱毛の場合は、薬などを処方してくれるでしょう。

ニードル脱毛は施術者の技術力によるところが大きい

光脱毛でもレーザー脱毛でも施術者の技術力は必要ですが、とくに針脱毛の場合は、一本一本針を刺して施術していく方法ですから、信頼できるクリニックを探すことが重要です。

痛みや時間、炎症のリスクは、施術者の技術力に影響されます。

2-4.ニードル脱毛でワキガの治療はできない

ニードル脱毛でワキガが軽減したといった話もあります。ワキガの臭いには、アポクリン汗腺という汗腺(汗を分泌する腺)が関わっています。

ニードル脱毛の方法によっては、このアポクリン汗腺の一部を破壊できるのではないか、だからワキガが軽減するのではないかという話ですが、ニードル脱毛でワキガが根治するというようなことはないです。

ワキガを治したい場合は、専門医に相談したほうが良いでしょう。
針脱毛とワキガ

また、臭いが軽減したという口コミがあっても、臭いの感じ方は個人の感覚によるものが大きいため、自分もそうなるかというと疑問です。

脱毛することで、通気性がよくなったり、汗を拭きとりやすかったりと臭いの原因になる雑菌が増えにくい環境を作るということは可能かもしれません。

2-5.ニードル脱毛はメリットが少ない脱毛法

脱毛エステとニードル脱毛
ニードル脱毛のデメリットを考えると、脱毛エステやクリニックのレーザー脱毛の方が通いやすいと思います。

光脱毛やレーザー脱毛がそれほどなかった時代には、ニードル脱毛という選択しもあったのかもしれませんが、今は光脱毛のサロンもたくさんありますし、各サロンはキャンペーンをしていて、料金的にもお得に脱毛できるようになったので、費用や痛み、通いやすさを考えると脱毛エステが一番おすすめです。

また、脱毛エステは、一般的にも多くの人に受け入れられています。脱毛エステの効果に満足できなかった場合に、医療のレーザー脱毛を考えてみると良いでしょう。

レーザー脱毛は、脱毛エステより料金が高い、痛みが強いというデメリットはありますが、より高い効果が期待できると言われています。

光脱毛やレーザー脱毛ではできない部位もあります。そうした部位を脱毛したい場合にニードル脱毛を考えてみても良いかもしれませんね。