アンジェリカワックス
ワックス脱毛のメリットは、自宅で簡単にムダ毛の処理ができることです。

自分でセルフ脱毛するなら、ワックスの中でも、水性のワックスが扱いやすいです。

水性ワックスは、砂糖や蜂蜜を原料としていて、肌にも優しいですし、油性ワックスのように引っ張りが強力ではありませんので肌への負担も軽くてすみます。

また、ワックスが残っても水で簡単に洗い流すことができますから、ワックス脱毛初心者におすすめです。

水性ワックスの中でも、人気があるのが、アンジェリカワックスです。ここでは、アンジェリカワックスについてまとめました。

1.アンジェリカワックスの使い方

アンジェリカワックス

アンジェリカワックスは、蜂蜜やレモンを主原料とした100%天然素材の日本製の水性ワックスです。

海外製のものは、日本人には合わないこともありますが、日本人の肌質にあわせたワックスなので安心して使用できます。

また、固形ワックスではないので、温めは不要ですし、水溶性なので、肌に残っても水で洗い流すことができ、初心者でも扱いやすいのが特徴です。

アンジェリカワックスの使い方

水性ワックスを使用するときは、最低でも1センチは伸ばしておく必要があります。短すぎると、うまく脱毛できないことが多いです。また、産毛や細い毛の場合、うまく脱毛できないことがあります。

日焼け後の肌や、肌が炎症をおこしている箇所への使用はできません。

アンジェリカワックスは、顔や首から上の部位は使用不可となっています。

生理中やその前後は、肌が敏感になっているので、脱毛処理は避けることをおすすめします。

ワックス脱毛の場合、無理やり毛を引き抜くので、毛穴が傷つくことがあります。すぐに日焼けしたり、海やプール、温泉に行く予定がある方は、前日の使用はやめた方が良いでしょう。

1-1.ワックス以外に用意するもの

ワックス脱毛する前に、次のようなものを用意しておきましょう。

  • タオル
  • ティッシュペーパー
  • ベビーパウダー
  • ウエットティッシュか濡れタオル
  • スパチュラ(ワックスを塗る際使用するヘラ)
  • ストリップス(ワックスを塗った後に乗せるシート)

アンジェリカワックスの場合、ベビーパウダー、スパチュラ、ストリップスは、スターターキットなどセットになっているものがあります。

ワックス脱毛が初めての方は、こうしたセットになっているものがおすすめです。

必要に応じて、鏡やハサミを用意しておくと便利です。

1-2.アンジェリカワックスの使い方とコツ

アンジェリカワックスの使い方
商品を購入したら、詳しく書いた説明書がついているので安心です。使用できない部位や注意点もあるので、使用上の注意をよく読んで安全に使用しましょう。

簡単にではありますが、アンジェリカワックスの使い方について書いておきます。

ワックスは、基本的に温めは不要ですが、気温の低い季節などは、若干硬くなっていて扱いにくいことがあるので、必要に応じて軽く温めます。(人肌くらいが適温です。)

綺麗に脱毛するには、脱毛する箇所は、湿っていたり、余分な油分がない方が良いです。

余分な皮脂や汗がある場合、クリームなどを塗っている場合などは、洗って取り除いておきます。

洗った後は、乾いたタオルなどで拭き、肌が乾いた状態で使用しましょう。

脱毛したい箇所にベビーパウダーを薄く塗ります。スパチュラでワックスを適量とり、毛の流れに沿って塗っていきます。

ワックスを塗ったら、上からストリップスを押し付けてワックスをなじませます。

ワックスを塗った方向とは逆方向(毛の流れに逆らう方向)へ一気に素早く剥がします。

上に引っ張って剥がすと、肌が痛みやすいので、肌に沿って剥がすようにしましょう。

ワックスが肌に残ってしまったら、ウエットティッシュや濡れタオルでふき取ります。アンジェリカワックスは水性ワックスなので、水で洗い流せます。

ワックス脱毛は、綺麗に脱毛するには慣れやコツがいりますが、作業自体は、だれでも簡単にできますね。

2.アンジェリカワックスの口コミや使ってみた感想

アンジェリカワックスの口コミ
アンジェリカワックスは、ブラジリアンワックスの中でも、割と口コミや評判がよい水性ワックス剤です。

温めは基本的に不要ですが、寒い季節などは、硬くなっていることもあるので、その場合は、少し温めた方が使いやすいです。

私は、硬いと塗りにくく感じたので、お湯で少し温めて使用していました。

ただ、暖め過ぎると使用時に抜けにくくなるので、注意してください。

抜け具合は、綺麗に抜けたり、抜けなかったりすることがあります。

口コミでも、抜けて高評価な人と、あまり抜けないという人がいます。

セルフワックス脱毛なので、使用者の使い方や慣れ、毛質などによっても変わってくるでしょう。

私は、いろいろ試してみた結果、脱毛前に、脱毛部位を少し温めておくと、毛穴が開いて抜けやすい気がしました。

痛みは、部位によって変わってきます。個人的には、毛量が多かったり、毛が長かったりする部位に強い痛みを感じました。

長すぎる毛は、ハサミで少し切ったほうがよいでしょう。ただ、毛の長さについては、ある程度伸ばしておかないと、うまく抜けないこともあります。1㎝以上は必要です。 
シートを剥がすときは、一気に剥がすのがコツです。痛いからと言って躊躇すると、痛みが強いわりに、ムダ毛はあまり抜けてないということが多いです。

脱毛後、2週間くらいは綺麗な状態が持つといわれていますが、継続しないと毛量は徐々に元に戻ります。

油性のワックスと違って、残ったワックスを水で洗い流せるのが良い点です。

実際に使用してみた感想としては、ワックス脱毛は、やはり慣れないと難しい部分があります。

私の場合は、毛量が多い、太いということもあるせいか、痛みが強く、使用後赤くなった部位もありました。

プロがやると、もう少し綺麗に仕上がるのかもしれませんね。また、産毛や細い毛は、ほとんど抜けませんでした。

本来、水性ワックスは、こうした毛質には適さないので、しょうがないのかなと思います。

口コミでは2週間ほど綺麗な状態が続いたという方もおられましたが、毛深い私は1週間も持たなかったです。

アンジェリカワックスは、他のワックス脱毛と比較してみても使いやすい方です。

ただ、全身脱毛や広範囲の脱毛には向いていません。時間や手間がかかりますし、体の背面など1人では難しい部分がでてきます。

全身脱毛をしたい方は、ワックス脱毛専門店に通うか、ワックス脱毛にこだわらないなら、脱毛エステがお得です。

2-1.アンジェリカワックスで抜けなかった私が選んだ脱毛方法

私が感じたワックス脱毛のデメリットは次のようなものです。
ワックス脱毛のデメリット

  • 毛を無理やり引き抜くので、毛穴が傷つき、埋没毛・毛嚢炎などの肌トラブルを起こしやすい
  • 毛を引き抜くときの痛みが強い
  • 全身や広範囲脱毛には、向かない
  • 顔の脱毛ができない
  • 継続が必要で、やめると毛量が戻る
  • 慣れやコツが必要でうまく抜けない
  • 次のお手入れまでに、1㎝以上伸ばさないといけない
  • 剃るよりは良いが頻繁なお手入れが必要

いろいろ準備してやった割には、抜けない毛が残るし、広範囲の脱毛作業は手間がかかるし、定期的にするのが面倒くさくなってきました。

それに、毛を伸ばさないといけないというのも嫌でした。

ワックス脱毛に限界を感じ、脱毛エステに通うことにしました。

脱毛エステの場合は、お手入れ後、反応があったムダ毛は、2週間ほどで抜け落ちます。無理やり引き抜くわけではないので、肌への負担も少なくてすみます。

お手入れ時は、若干の痛みがありますが、一般的に、”ゴムをはじく程度の痛み”と表現されるくらいの痛みです。

サロンによってやり方は異なりますが、熱エネルギーを使用するので、お手入れ時に、冷却や保湿ケアをしてくれます。

脱毛エステでは、顔や全身脱毛が可能です。もちろんVIOの脱毛もできます。

デリケートゾーンお手入れをを他人にしてもらうのは、抵抗がある方も多いと思いますが、紙パンツのようなものを履きますし、ある程度隠しながらお手入れしていきます。

初回は、恥ずかしさがありますが、スタッフもお手入れに集中してくれますし、慣れる方が多いです。

脱毛エステのVIO脱毛については「デリケートゾーンは恥ずかしい?エステの脱毛方法」でも詳しくまとめていますので参考にしてみて下さい。

脱毛エステは回数を重ねるうちに、自己処理の負担が軽くなっていくのがメリットです。

料金が安い脱毛サロン

脱毛エステというと、料金が高いイメージがありますが、お得にお手入れできるプランもありますので、列挙してみました。

ワキ・Vラインのお手入れでお得なミュゼ

ミュゼ

ワキやVラインのワックス脱毛を考えているなら、脱毛エステのミュゼの方がお得にムダ毛のお手入れができます。
ミュゼの美容脱毛完了コースは、回数無制限・期間無制限でワキとVラインのお手入れができるコースです。
通常料金は、ワキ+Vラインのお手入れの場合、2,400円(税抜)、ワキ又はVラインのお手入れの場合3,600円(税込)です。(2016年12月調査時点)
この料金で何度でも通えるので、ワックス脱毛よりお得です。
ミュゼは、さらにお得なキャンペーンをしていることがあるので、最新情報を下記公式サイトからチェックしてみて下さい。

全身脱毛がお得な脱毛サロン

ワックス脱毛では難しい全身や顔の脱毛を考えているなら、キレイモと脱毛ラボがおすすめです。どちらも、他のサロンと比較して割と低料金で全身脱毛ができます。

ワックス脱毛より料金は高くなりますが、手間や脱毛にかかる時間を考えると、脱毛エステの方が効率が良いです。

全身脱毛サロンのキレイモ

キレイモ

キレイモは、顔の脱毛を含む全身脱毛サロンです。
月額固定の月額制と、一括払いのパックプランがあります。どちらも、1回のお手入れで全身の施術をしていきますから、ワックス脱毛と比較して、とても効率よくお手入れできます。
全身脱毛なので、VラインやIライン、Oラインのお手入れも含みます。
モデルやタレントの利用者も多く、若い人に人気のサロンです。

スピード重視の脱毛ラボの全身脱毛

脱毛ラボ

脱毛ラボは、顔の脱毛を含む全身脱毛や、部位脱毛を数ヶ所選べるプラン、部位脱毛のみのプランなど様々なプランがある脱毛サロンです。
月額制と一括払いのパックプランがありますが、パックプランの全身脱毛は、最短2週間~月1で通えるスピードプランで、毛周期(毛が生え変わるサイクル)を気にすることなく通えるプランです。
通常、脱毛エステは、2~3ヶ月に1回通うというところが多いので、このプランは、とても効率よく回数消化していけるプランです。こちらも、1回のお手入れで全身の施術をしていきます。

脱毛方法のメリット・デメリットを比較して一番良い方法を選ぶ

昔と比べると、今はたくさんの脱毛グッツや脱毛店がありますよね。

それぞれに良い点・欠点があります。

例えば、ワックス脱毛の場合、カミソリの除毛と比べると、価格は高くなるけど、見た目や仕上がりが綺麗です。

脱毛エステなどと比べると、料金が安く、すぐに毛が抜けるというメリットがありますが、ある程度伸ばさないと次の処理ができない、継続しないとすぐに毛量が元に戻るというデメリットがあります。

それぞれの脱毛方法を比較して、自分に合った良い脱毛方法を探してみて下さい。