水着を着る機会が増えたり、彼氏ができたりするとデリケートゾーンのムダ毛が気になってきますね。

アンダーヘアのお手入れは、どのような方法でしていますか?

アンダーヘアのお手入れ方法は、主に4つです。
VIOの脱毛方法

  1. 自分で処理する
  2. ブラジリアンワックスで脱毛
  3. 脱毛エステで脱毛
  4. 医療脱毛

ここでは、それぞれの脱毛方法のメリット・デメリットについて紹介し、痛み・効果・回数・値段などを比較しどの方法がよいのかについて書いていきたいと思います。

アンダーヘアの4つの脱毛方法のメリット・デメリット

先述した4つの脱毛方法【自己処理・ワックス・脱毛エステ・医療脱毛】のメリット・デメリットを考えてみましょう。

1.自己処理のメリット・デメリット

デリケートゾーンを自己処理する場合、カミソリや電気シェーバーで剃るという方法、毛抜きやワックスで抜くという方法、家庭用脱毛器でお手入れするという方法があります。

自己処理のメリットは、安くできるということですね。

また、デリケートゾーンを他人にお手入れされるのは抵抗があるという人にとっては、自分できるので安心感があります。

デメリットは、剃るという方法の場合は、すぐに生えてくること。抜くという方法の場合も、しばらくしたら生えてくるので繰り返しのお手入れが継続的に必要になります。

デリケートゾーンの場合、ムダ毛が伸びてくるときに、チクチクしたり、下着と擦れて痒みが出ます。

剃るという方法の場合は、剃り跡が残りますよね。アンダーヘアは、太くて濃いムダ毛が多いですから、剃り跡が目立ちます

アンダーヘアの場合、下着との摩擦や刺激により埋没毛になったり、繰り返しお手入れで、黒ずみの原因になってしまうことがあります。

家庭用脱毛器を購入する場合は、品物によっては、価格が高くなることがあります。

また、Iライン、Oラインについては、見えづらく、自己処理しにくい箇所です。

2.ブラジリアンワックスのメリット・デメリット

ブラジリアンワックスは、海外では、一般的なデリケートゾーンの脱毛方法です。
ブラジリアンワックス
簡単に説明しますと、脱毛したい箇所にワックスを塗り、専用のシートを置きます。

そして毛の流れに沿って一気にはがします。剥がした際に、ワックスに絡まったムダ毛が抜けるという仕組みです。

メリットとしては、エステや医療脱毛よりは安くできる場合が多いこと、抜くという方法なので、仕上がりが綺麗ということ、生えてこなくなるのが心配な方にとっては、また生えてくる点が良い点です。

デリケートゾーンに使えるワックスは自分で購入して使用できますが、慣れていないと、うまく脱毛できないことが多いです。

また、強い痛みを伴い、肌への負担が大きいです。

出血や埋没毛などの炎症を引き起こす可能性があります。

毛を引き抜くという方法なので、処理しても、生えてくるので、繰り返し継続的なお手入れが必要です。

自分で行うと、うまく処理できなかったり、肌トラブルを起こす可能性がありますので、VIO脱毛の脱毛は、ブラジリアンワックス専門のサロンの方が良いでしょう。

自分でするより料金がかかりますが、ワックスの種類にもいろいろあり、日本人には向かないものもありますので、ワックス脱毛は専門店を活用することをおすすめします。

3.脱毛エステのVIO脱毛のメリットとデメリット

脱毛エステサロンの脱毛は、光脱毛(フラッシュ脱毛)が一般的です。

光脱毛(フラッシュ脱毛)は、メラニン色素(黒色)に反応する光を当てて、毛根にダメージを与えることにより脱毛する方法です。

メリットは、医療脱毛のように強いパワーを用いてしないので痛みが少ないこと、医療脱毛より費用がかからないこと、仕上がりが綺麗なことです。

また、回数を繰り返すごとに、自己処理が楽になってくるという点も良い点です。

デメリットは、自己処理と比べると費用が高くなることです。

ブラジリアンワックスや家庭用脱毛器は、頻繁なお手入れが継続的に必要ということを考えると、効果の現れ方によっては脱毛エステの方がコスパは良いでしょう。

4.医療脱毛のVIO脱毛のメリットとデメリット

クリニックで行うレーザー脱毛は、黒色に反応するレーザーを照射して、ムダ毛を脱毛していくという方法です。

メリットとしては、パワーが強いため、一番効果が期待できる脱毛法と言えるでしょう。
医療脱毛

ただ、強い痛みを感じる、費用が高いという点がデメリットです。

脱毛時の痛みは個人差があるとは言いますが、医療脱毛は、ほとんどの方が強い痛みを感じます。中には、我慢できず途中でやめてしまったというかたもいます。

デリケートゾーンは、敏感で痛みを感じやすい箇所ですから、医療脱毛は向いていないのではないかと感じます。

VIOの脱毛方法を比較

ここからは、上記で紹介した脱毛方法を下記の点から、比較していきたいと思います。

  1. 痛みが少ない方法
  2. 脱毛効果が高い方法
  3. 脱毛回数が少ない方法
  4. 値段が安い方法

1.痛みが少ない方法

4つの脱毛方法を痛みが少ない順に並べました。

  1. 自己処理(カミソリ、電気シェーバー)
  2. 脱毛エステ
  3. ブラジリアンワックス
  4. 医療脱毛

痛みの感じ方は個人差がありますし、痛みの種類も違いますが、一般的に言われている痛みの度合いで判断しました。

光脱毛(脱毛エステ)の痛みは、”輪ゴムではじくような痛み”と表現されます。VIOの場合は、敏感な部分なので人によっては、もう少し痛いかもしれません。

ブラジリアンワックスは、一気に引きはがす痛みで一瞬の激しい痛みです。デリケートゾーンは、他の部位と比べると強めの痛みになります。

綺麗に処理するまでに、数回繰り返すことになりますし、繰り返し継続的に通うことになります。

レーザー脱毛は、手に汗握るほどの痛みと表現する人もいて、痛くて泣いてしまった、歯を食いしばって耐えたなどの体験談もあります。痛みが最も強い方法です。

2.脱毛効果が高い方法

脱毛効果が高いと言われている順に並べました。

  1. レーザー脱毛
  2. 脱毛エステ
  3. ブラジリアンワックス

自己処理する場合の家庭用脱毛器(フラッシュ脱毛)は、商品によって効果が分かれますし、個人差が大きいのでここでは含めていません。

ちなみに、家庭用脱毛器の出力は、医療脱毛や脱毛エステほど強くはありません。

エステサロンの脱毛は、クリニックのような強いパワーで行うことができませんので、脱毛効果は、クリニックが最も高いと言えるでしょう。

また、脱毛エステも、ブラジリアンワックスも永久脱毛ではありませんので、繰り返しお手入れが必要です。

脱毛エステの場合は、繰り返し通うことで、自己処理が楽になっていくので、ブラジリアンワックスより上にしました。

3.脱毛回数が少ない方法

  1. レーザー脱毛
  2. 脱毛エステ
  3. ブラジリアンワックス

レーザー脱毛は、強いパワーで施術していくため、他の方法よりも、脱毛回数は少なくてすみます。

光脱毛の場合は、毛周期に合わせて通うのが一般的で、2~3ヶ月に1回くらい、10回前後で自己処理がかなり楽になるという方が多いです。

最近は、毛周期は関係なく月1ペースで通えるサロンもあります。

ブラジリアンワックスの場合、割とすぐに生えてきてしまう為、最低でも月1回は必要でしょう。伸びるのが早い人は、頻繁に通う必要があります。

4.値段が安い方法

  1. 自己処理
  2. ブラジリアンワックス
  3. 脱毛エステ
  4. 医療脱毛

やはり、剃るという方法の自己処理が一番お金がかかりません。

家庭用脱毛器は、高価なもので70,000円くらいするものもありますから、それくらいの金額を払うなら、ワックスサロンやエステサロンをおすすめします。

ブラジリアンワックスは、エステサロンやクリニックに比べると比較的値段が安くすみますが、長期で通い続ける事を考えると、総合的には、費用が高くついてしまいます。

脱毛エステは、様々なキャンペーンを行っておりますので、うまく活用すれば、安く抑えることも可能です。

クリニックの脱毛は、やはり高くなります。医療機関ですが、健康保険は適用外です。

安く費用を抑えたいなら、自己処理が一番ですが、仕上がりの事を考えると他の方法が良いでしょう。

通いやすいのは脱毛エステ

痛み・回数・効果・安さを総合的に考えると、脱毛エステが通いやすいでしょう。
脱毛エステのVIO脱毛
脱毛エステというと高いというイメージをお持ちの方も多いですが、キャンペーンをうまく活用したり、安いプランを選択すればお得に通えます。

VIO脱毛の場合ですと、エピレのファーストプラン、脱毛ラボの1回単発プラン、ミュゼプラチナムの美容脱毛完了コースがおすすめです.

エピレのファーストプランは、エピレが初めての方向けのプランで、通常料金より安い料金になっています。

ファーストプランには、VIO脱毛があります。ただ、回数が決められているので、ファーストプランで受けれるのは少ない回数になりますが、通常料金よりお安く受けることができます。

脱毛ラボは、全身脱毛が安いサロンとして知名度が高いですが、1部位から脱毛できる1回単発プランもあります。

脱毛部位によって料金が違いますが、部位脱毛の通常料金は、他のサロンと比較すると比較的安いサロンです。

Vラインのみの脱毛なら、ミュゼプラチナムの美容脱毛完了コースが一番お得です。

ミュゼ

美容脱毛完了コースは、Vラインの脱毛が回数無制限・期間無制限で受けれるコースです。

通常料金は3,600円(税込)。ワキ脱毛をセットにすると2,400円(税抜)となり、若干安くなります。

ミュゼは、IOラインを含むデリケートゾーンの脱毛がセットになったハイジーナ7VIO脱毛コースもあります。

キャンペーンで安くなっていることもありますので、興味がある方は下記公式サイトより最新情報をチェックしてみて下さい。

脱毛エステに通う場合、まずは無料カウンセリングに申し込みます。無料カウンセリングでは、そのサロンの脱毛方法や料金案内などがあります。

疑問点がある場合は、その場で質問することもできます。無料カウンセリングで話を聞いてみて、申し込みたいと思ったら契約します。

もし、思っていたものと違う、希望に合わない場合は、その場で断ることもできます。ミュゼもエピレも強引な勧誘はしないサロンです。

気軽に受けてみましょう。無料カウンセリングは、上記の各公式サイトから予約できます。

脱毛エステでのデリケートゾーンの脱毛に興味のある方は、こちらのページでおすすめのサロンやエステのVIO脱毛の方法を詳しく解説していますので、こちらも参考にしていただけたらと思います。