海外では一般的なハイジニーナ(デリケートゾーンを無毛にすること)ですが、以前の日本では、デリケートゾーンの脱毛をする人は、それほどいませんでした。

しかし最近では、若い人を中心に、脱毛エステでデリケートゾーンを脱毛(VIO脱毛)する方が増えてきています。
デリケートゾーンの脱毛
ただ、部位が部位だけに、恥ずかしさもあり、脱毛するか迷っているという方も少なくないようです。

そこで今回は、恥ずかしくてもしたくなるVIOの脱毛のメリット、脱毛エステでVIO脱毛はどのように行われるのか、後悔しないVIO脱毛の方法について書いていきます。

また、脱毛エステで脱毛を考えている方のために、デリケートゾーンでおすすめのサロンについても書いていきますね。

エステで脱毛したくなるVIO脱毛のメリット

皆がVIO脱毛をしたキッカケやデリケートゾーンを脱毛するメリットと言われるものには、次のようなものがあります。

  1. ムレや痒みの軽減
  2. 雑菌の繁殖を抑え、臭いを軽減する
  3. 生理中の不快感の軽減
  4. より衛生を保つ
  5. ムダ毛を気にせず好きな下着や水着が着れる
  6. 異性に喜ばれる
  7. 自己処理しにくい部位たから
  8. 仕上がりが綺麗

1.ムレや痒みの軽減

デリケートゾーンは、他の部位と比べるとムダ毛が密集している部位です。

さらに、下着やストッキングを履いたり、足を閉じていることがほとんどということもあり、非常にムレやすい部位です。

トイレに行って用を足すと、尿で濡れるため、雑菌が繁殖しやすく、痒みが出ることもあります。

ムダ毛を処理することで、通気性が良くなりムレや痒みが軽減されます。

2.雑菌の繁殖を抑え、臭いを軽減する

デリケートゾーンは、臭いの原因の汗が出るアポクリン汗腺が多い部位です。その上、雑菌が繁殖しやすいので、汗の臭いがキツくなってしまいます。

ムダ毛を処理することでムレの解消ができ、そのことで雑菌が抑えられるため、臭いが軽減されるでしょう。

3.生理中の不快感の軽減

生理中、経血がムダ毛について不快感を感じることはありませんか?

経血の不快感が嫌でIラインの脱毛を考える方は割と多いです。

4.より衛生を保つ

Iラインのムダ毛が多いと、生理中の経血や尿が綺麗にふき取れなかったり、Oラインにムダ毛があると、便がムダ毛についてしまうことがあります。

脱毛して、より衛生的にしたいという人もいます。

5.ムダ毛を気にせず好きな下着や水着が着れる

Vラインの脱毛については、好きな水着が着たいから脱毛するという方が多いです。ムダ毛が多い人は、Iラインも水着からはみ出ないか気になりますね。

VIO脱毛することにより、ムダ毛を気にすることなく好きなファッションを楽しめます。

6.異性に喜ばれる

性行為のエチケットとして、デリケートゾーンの脱毛したり、彼氏に頼まれてハイジニーナ脱毛(無毛)をする人もいます。

最近は、VIOの脱毛している子も多いので、異性にも抵抗なく受け入れられる場合が多く喜ばれるでしょう。

Oラインのムダ毛は勘弁という男性は結構います。

ただ、男性の中には、無毛は抵抗があるという人もいるので、ハイジニーナ脱毛しようと考えている人は、彼氏の好みは知っておいた方が良いでしょう。

7.自己処理しにくい部位だから

VIOラインは、自分では、綺麗にお手入れしづらい部位です。

特にIラインとOラインは、鏡を使用したりしないと難しいです。気を付けて処理しないと、傷つけてしまうこともあります。

8.仕上がりが綺麗

VIO脱毛のメリット
VIOラインは、自己処理しにくい部位のため、仕上がりが綺麗にするのは難しいですね。

カミソリやシェーバーで処理すると生えてくるときにチクチクしたり、痒みが出ることもありますし、毛抜きで抜くと埋没毛や出血することもあります。

そうしたことから、頻繁にお手入れするのは大変な部位です。

脱毛エステなら、回数を重ねるごとに、自己処理の手間が減っていきますし、自己処理による肌のへの負担も軽減できます。

デリケートゾーンは、下着で締め付けたり、摩擦が起きやすい部位ですから、自己処理を繰り返していくと黒ずみの原因になることもあります。

自分で処理するより、手間の面でも、仕上がりの面でも、脱毛エステが人気です。

VIO脱毛の施術方法と注意点

VIO脱毛に興味があっても、見られると恥ずかしい部位なので、他人に処理してもらうのは抵抗があるという人がほとんどです。

ここからは、一般的な脱毛エステでは、どのようにVIO脱毛をしているのかについて紹介していきます。

エステのVIO脱毛は事前に自己処理が必要

まず、脱毛エステの光脱毛を受ける前に、自宅で自己処理してサロンに行くことになっています。

Vラインの形については、希望の形にすることができるサロンやプレート(型)をくれて、そこからはみ出した毛を自己処理するサロンがあります。

デリケートゾーンの自己処理をしたことがないという方もいると思いますので、どのように処理するか説明しますね。

自己処理を行うときは、カミソリよりも安全ガード付きの電気シェーバーがおすすめです。

少し、時間がかかってしまいますが、顔用のシェーバーを使うと、細かい部分まで処理しやすく、肌を傷つけにくいです。

電気シェーバーを使用する前に、処理するムダ毛をハサミで短くカットしておくとスムーズです。毛の流れに沿って、上から下へ向かって使うと、肌を傷つけにくいです。

Iライン、Oラインは、非常に見にくいので、鏡を使用します。

体が硬い人は、背中を丸めても、なかなか見えづらく処理しづらいという人もいますよね。
VIO脱毛施術前の準備
そういう人は、床に鏡を置いて、その上にしゃがむと、見やすくなります。陰になってしまう場合は、ライトなどを使用してみましょう。

Oラインは、おしりに沿って、外側から内側に処理します。鏡にお尻を向けて行っても良いし、Iラインと同じようにしゃがんでも良いです。

剃り残しがあると、照射してもらえないことがありますので、最後に、よくチェックします。

VIO脱毛エステをするときの服装

VIO脱毛のお手入れは、どんな服装でするのか気になりますよね。

多くの場合、サロン側が用意した紙パンツや、タオルのようなものを着用します。照射時には、それらをずらしながら行います。

サロンによって若干違いがあります。気になる方は、契約前の無料カウンセリングなどで詳しく確認すると良いでしょう。

みんな初めての時は、恥ずかしいと感じますが、慣れてくると大丈夫になります。

スタッフは、毎日のように仕事していますので、見慣れていますし、お手入れに集中していますから、それほど気にすることはありません。

VIO脱毛時の体勢

デリケートゾーンの脱毛は、お手入れの時、どんな体勢をとらされるのか気になりますよね。

Vラインは、仰向けに寝て足を延ばして行います。足は閉じて行いますので、それほど恥ずかしさは感じないでしょう。

Iラインは、仰向けに寝て、脱毛を行う方の足をまげて行います。

紙パンツやタオルをずらしながら行ってくれます。とはいえ、デリケートな部分が見えてしまうことはあるかもしれません。

されている方は、かなり恥ずかしさを感じるかもしれませんが、スタッフは、毎度のことで慣れてますし、仕事に集中しているので、見えていてもムダ毛の方に集中しています。

問題は、Oラインですね。

Oラインは、うつ伏せになってお尻を広げながら行うサロンや、横向きで行うサロンがあります。
デリケートゾーンの脱毛
四つん這いだと、かなり恥ずかしいですが、そんな方法でやっているサロンは聞いたことがないです。

うつ伏せや、横向きなら、それほど恥ずかしくありません。

初めての時は、何をされるのか、どうしたらいいのかなどが分からないため、不安・緊張・恥ずかしさがありますが、一回経験すると、最初ほど恥ずかしくないので安心しましょう。

個人的には、婦人科の検査や大腸検査の方が、ずっと恥ずかしいと思います。

デリケートゾーンの脱毛で後悔しない方法

日本には温泉文化がありますから、お風呂でデリケートゾーンの脱毛を見られたら恥ずかしくないのか、後悔しないのか気になる方もいますよね。

また、彼氏やパートナーに受け入れてもらえるかも気になります。

心配な方は、Vラインは、ハイジニーナ(無毛)ではなく、自然な形にすることをおすすめします。

Oラインについては見られることは、ほぼありませんし、もともとOラインのムダ毛がない人もいますので、Oラインは脱毛しても問題ないでしょう。

Iラインを見られるのは婦人科受診のときと彼氏やパートナーですね。

最近は、Iラインの脱毛をしている人も増えてきていますから婦人科受診は問題ないと思います。
VIOの脱毛

彼氏やパートナーについては、抵抗があるという方もいますから、相手の気持ちを優先にするなら、事前に確認しておくと良いでしょう。

問題は、Vラインですよね。

IラインOラインは、見せなけれが見えない部位ですが、Vラインは共同のお風呂などで見えてしまいます。

恥ずかしい方は、Vラインを自然な形にとどめておくと良いでしょう。脱毛エステでは、どんな形に仕上げるか、どの程度脱毛するか相談できます。

VIO脱毛でおすすめの脱毛サロン

ここでは、デリケートゾーンの脱毛エステに興味がある方のために、おすすめのサロンを取り上げてみました。

Vラインだけの脱毛ならミュゼが一番お得です。

  1. ミュゼ

    ミュゼ

    Vラインのみの脱毛ならミュゼが一番お得です。
    ミュゼのVラインの脱毛は、美容脱毛完了コースです。このコースは、回数無制限・期間無制限で低料金なので、とってもお得ですよ。
    ワキとセットのプランもあります。Vラインのみより若干お得になります。
    コースは別になりますが、Iライン、Oラインのお手入れもできますよ。

  2. 脱毛ラボ

    脱毛ラボ

    脱毛ラボは、月額制の全身脱毛で有名ですが、部位脱毛できる単発プランもあります。
    他の脱毛サロンと比較すると、低料金なのがおすすめです。

  3. プリート

    VIO脱毛のプリート

    プリートは、VIO脱毛専門店です。
    デリケートゾーンの豊富なメニューやデザインが選べます。
    首都圏に5店舗(銀座・新宿・上野・大宮・横浜)のみの展開ですが、お近くにお住まいの方でVIO脱毛を考えている方は、ぜひ検討してみてください。

  4. エピレ

    エピレ

    エピレには、初めての方限定のお得なファーストプランがあります。
    VIO脱毛希望の方は、デリケートゾーンの脱毛がセットになったVIO・5プランがおすすめです。

  5. ディオーネ

    ディオーネ

    ディオーネの脱毛法は、ハイパースキン法といって、他のサロンとは違った脱毛方法です。
    熱量を抑えた脱毛なので、痛くない脱毛として有名です。
    VIO脱毛は、デリケートな部位なので、肌に優しい脱毛が良い方はディオーネもおすすめです。

興味があるサロンが見つかったら、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。無料カウンセリングは、上記の公式サイトから申し込めます。

無料カウンセリングでは、脱毛方法や料金について詳しく聞いたり、疑問点についても質問できます。

上記のサロンについては、無理な勧誘はしないサロンですから気軽に無料カウンセリングを利用してみましょう。