全身脱毛の後悔今人気の全身脱毛ですが、必ずしも全ての女性が全身脱毛施術後に満足というわけではありません。

全身脱毛したけど、ちょっと後悔してるって女性もいるってことです。

ここでは、「全身脱毛」した後、どのような点に後悔したのか、そして後悔しないためには、どのようなことに注意して脱毛すればいいのかについてまとめています。

全身脱毛をしようと思っている方は、よかったら参考にしてみてください。

全身脱毛をして後悔したこと【厳選】

よく聞かれる「全身脱毛」にまつわる失敗した例を厳選して6つ列挙してみました。

  1. 効果に満足できなかった
  2. 費用面で後悔した
  3. サロンが合わなかった
  4. 希望する部位が入ってなかった
  5. Vラインを無毛にして後悔した
  6. 継続して通うのが面倒になった

1.効果に満足できなかった

【失敗例】
「全身脱毛を10回で申し込んで、ほぼ満足しているが、ワキやデリケートゾーンについては、もう少し回数が必要だった。」

全身脱毛の場合、月額制のプランがあるサロンもありますが、回数制のプランを取り入れているサロンの方が多いです。

月額制の場合は、満足するまで通い続ければいいわけですが、回数制の場合は、先に回数を決めて料金を支払いますね。

全身脱毛となると、少なめで6回にしても総額10万円を超えてしまいます。

少ない回数でも満足できるかもしれないわけですから、なるべく費用を抑えたい場合は、初めは少なめに契約しますよね。
全身脱毛の満足感

全身脱毛の場合、脱毛部位が多いので、ある部位は、申し込んだ回数で満足できたけど、他の部位はもう少し回数が必要だったというようなこともあります。

部位によって毛の質や量が違うため、効果の現れ具合が、部位により多少違ってくる可能性があるのです。

脱毛エステの初心者は、何回が自分に合った回数かというのは、やってみないと分からないですし、サロンの機械との相性も施術を受けてみないと分からないですね。

いきなり全身脱毛を申し込むより、料金が安いキャンペーンなどのお試しプランを利用して、そのサロンの脱毛を受けてみてから、全身脱毛を検討されると良いでしょう。

2.費用面で後悔した

全身脱毛は、費用が高くなりがちです。費用面での後悔の声は次のようなものです。

  1. 分割払いが大変だった
  2. 思ったより費用がかかってしまった
  3. シェービング代が毎回必要になった
  4. 契約後にもっと安いキャンペーンが出てきた

2-1.分割払いが大変だった

脱毛エステの分割払い
【失敗例】
全身脱毛が受けたかったけど一括払いがきつかったので分割払いにした。
脱毛エステは終了したものの、支払いはまだ終わっていない。他の出費が重なるとやり繰りが大変。もう少しよく考えればよかった。」

全身脱毛の契約で気を付けないといけないのは、支払方法が、月額制なのか、一括払い(回数に応じた料金総額を支払う)なのかということです。

月額制は、月謝のように一定額を毎月支払っていくもので、途中で解約した場合は、解約が認められた以降の料金は支払わなくてよくなります。

注意するべきは、一括払いの方です。こちらは、回数によって料金が決まっています。一括払いが基本ですが、分割払いも可能というサロンは多いです。

契約は総額の料金で契約することになりますから、分割払いは、総額を支払い終えるまで、支払い続けるのが基本ですね。

サロンの公式サイトや料金表では、月額いくらという形で掲載されていて、月額制のような感覚で申し込む方もおられますが、月額制とは、上記のような点が違いますので注意が必要です。

分割払いの場合、サロンに通うのが終わっても、支払は終わらないこともあります。良く計画立てておかないと、他の出費と重なって、サロンの分割払いをキツく感じてしまうこともあるでしょう。

これは、脱毛エステに限らず、お買い物やサービスに分割払いを申し込んだときに、よくありがちな後悔ですよね。

2-2.思ったより費用がかかってしまった

【失敗例】
「当初、全身6回くらい受ける予定で全身脱毛の月額制に申し込んだ。
6回終了後、自己処理は楽になってきたけど、もっと綺麗にしたかったので、解約はせずそのまま続けていた。
だいたい満足したところで終了したけど、後から総額を計算してみたら、当初予定額より大幅に高くなってしまった。」

全身脱毛を月額制で申し込んだ場合で、最初は、6回のつもりだったのが、もっと綺麗に、もっとツルツルにと欲が出てしまい、継続していたら、当初の予定費用を超えてしまったという例です。

月額制の良いところは、満足した時点で辞めれるという点ですが、どれくらいで辞めるかというのを考えておかないと費用が高くなってしまいます。

月額制は、毎月かかる費用は、それほど高額ではありませんが、費用負担が軽いと勘違いしやすく、今、総額いくら使ったというのを把握しておかないと、ダラダラと続けてしまいがちですので気を付けてください。

2-3.シェービング代が毎回必要になった

【失敗例】
「脱毛料金が安いサロンに申し込んだ。シェービング代が有料なのは知っていたけど、自分で綺麗にする予定だったので、大丈夫と思っていた。
実際、エステに通う前に自己処理をしみると、体の背面の処理がしづらくてうまくできなかった。結局、シェービング代がかかってしまった。」

脱毛エステでは、サロンに通う前に、脱毛箇所の自己処理をしていきますが、全身脱毛の場合、背中やVIOラインなど自分ではしづらい部分も出てきます。

自己処理がうまくできなかった場合に、有料シェービングのサロンだとシェービング代が発生してしまいます。

自己処理しても残ってしまった部分は、施術しませんというサロン、無料でシェービングしますというサロン、有料でシェービングしますというサロンがあり様々です。

自分でするからシェービング代は大丈夫と思っていても、全身脱毛の場合は、処理する部位も多いですし、手が届かない箇所もあり、実際やってみると大変です。

申し込みの際は、その点も考慮しておきましょう。

2-4.契約後にもっと安いキャンペーンが出てきた

【失敗例】
「安いキャンペーンを見つけて申し込んだけど、翌月にキャンペーンを見たら、もっと安くなっていた。あと少し待てば良かった」

これは全身脱毛に限らない話ですが、契約後安いキャンペーンを見つけてしまうと残念な気持ちになりますよね。
脱毛エステのキャンペーン内容

次にどんなキャンペーンがあるのか、こちらで知ることはできませんから、運としか言いようがないですが、キャンペーンが安くなりやすい時期はあります。

例えば、新年キャンペーンです。今年の初め、新年ということで、どのサロンも、かなりお得なキャンペーンをしていました。クリスマスや新年など、特別な機会には、脱毛サロンに限らず、お店のキャンペーンというのは安くなる傾向があります。

サロンに通うなら思い立った時が一番良いですが、安さにこだわるなら、そういった時期を待ってみるというのもありです。

3.サロンが自分に合わなかった

高い費用を払って、サービスに満足できなかったら、とても後悔しますよね。

サロンが合わないと感じる代表的な例を3つ挙げてみました。

  1. 苦手なスタッフにあたった
  2. 施術時の痛みが思ったより強かった
  3. 予約がなかなか取れない店舗だった

3-1.苦手なスタッフにあたった

【失敗例】
「スタッフが話しかけてくれるのはいいけど、友達か!ってツッコミたくなるほど馴れ馴れしすぎて嫌だった。」

脱毛サロンのスタッフは担当制ではありませんので、どのスタッフに当たるかは、行ってみないとわかりません。いろいろなスタッフがいますから合わないこともありますよね。

多少、この人とは性格が合わないかなくらいならいいですが、失礼な態度をとるスタッフだと最悪です。

スタッフの雰囲気がよくて働きやすそうな店舗だとあまりそういう人は見かけない傾向があります。

また、かしこまって丁寧な接客をするサロンやアットホームな雰囲気のサロンなどサロンによって接客の仕方が違っていますので、無料カウンセリング時に、店舗の雰囲気などもチェックしてみましょう。

施術スタッフとカウンセリングスタッフが分かれているところもありますから、安いお試しキャンペーンがあれば利用してみて判断すると良いでしょう。

3-2.施術時の痛みが思ったより強かった

【失敗例】
「他のサロンで一部脱毛済みで、光脱毛だから同じようなものと思ってたけど痛かった。全身脱毛だと辛い」

全身脱毛を始める人は、他の部位を脱毛エステで経験済みという人も多いです。

全身脱毛サロンの中には、他のサロンで一部脱毛済みな部位があれば、割り引いてくれるところもあり、別のサロンで脱毛しようという方もおられます。

ですが、脱毛サロンによって脱毛器や施術の仕方が多少違いますから、痛みの感じ方が変わるということもあります。

無料カウンセリング時にパッチテストできるサロンもありますので、可能なら活用してみましょう。

ただ、痛みの違いは、脱毛サロンが変わったからという理由だけではないかもしれません。
脱毛エステの痛み

部位によって痛みが強く出てしまうことがあるのです。

例えば、顔、デリケートゾーン、ワキ、ひざ、ひざ下、手足の甲や指などは痛みを感じやすいと言われています。

全身脱毛は全身を施術します。今まで経験していない部位の施術もありますから、部位の違いによって痛みを強く感じることはありえます。このことは知っておいた方が良いでしょう。

3-3.予約がなかなか取れない店舗だった

【失敗例】
「2ヶ月に1回通う予定で計画していたけど、予約したい日に予約がとれず、計画通りにいかなかった」
全身脱毛で人気のサロンは、全身脱毛を希望する利用者が多いということです。

1回で広範囲の全身脱毛をしているようなサロンの場合、どうしても一人当たりの施術時間は長くなってしまいます。

そのため、店舗によっては、予約が埋まりやすいという状況になることがあります。

全身脱毛サロンは、当然そのことには配慮しているはずですから、施術室を多く設けたり、営業時間を長くしたりと対策をしてるはずですが、それでも、通いやすい場所の店舗だったり、平日夜や休日など、希望者が多い時間帯に予約を入れようとしたりすると、予約が取れないということもあり得ます。

通う期間に定めがないプランならよいですが、たいていの場合有効期限がありますから、有効期限が短い場合、予約が取れない時はどうすればいいのか、どうなるのかなどをカウンセリング時に確認しておくと安心です。

4.希望する部位が入ってなかった

【失敗例】
「全身脱毛に申し込むつもりでカウンセリングを受けた。
話を聞くと、顔脱毛は別料金だった。高くなるから顔脱毛なしの全身脱毛に申し込んだ。あとで他のサロンの料金を見ていたら、顔脱毛込みの全身脱毛がもっと安い料金であった。もっといろいろなサロンの料金を見ればよかった。」

全身脱毛というと、全身のあらゆるムダ毛を脱毛してくれそうですが、選んだプランのお手入れ部位の内容をよく確認する必要があります。

サロンやプランによって、全身部位ではないこともありますし、サロンによって脱毛できる部位が違っていることもあるからです。

特に、顔脱毛を希望している方は注意しましょう。全身脱毛と顔脱毛は別料金というサロンは多いです。

ミュゼのように顔脱毛自体していないサロンもあります。

全身脱毛の部位については、「全身脱毛で脱毛できる部位を比較」の記事も参考にしてみて下さい。

5.ハイジニーナにして後悔した

【失敗例】
「思い切ってハイジニーナ脱毛(デリケートゾーンを無毛にすること)をしたけど、温泉やスポーツジムのお風呂で見られそうで恥ずかしい。少し残しておくべきだった。」

全身脱毛にはデリケートゾーンの脱毛が含まれているプランがほとんどですね。

どの程度、脱毛するかや形は、相談できます。
※形
Vライン・Iライン・Oラインの毛をすべて脱毛してる女性はハイジニーナと呼ばれ、清潔感や、男性受けの良さから、下半身すべての毛を脱毛する女性は近年増えてきています。

欧米などの海外では、Vラインの脱毛は当たり前ですし、陰毛が全く処理されていない状態では不潔だと敬遠されるケースも多いため、日本でもVラインの毛含め、下半身の毛を全処理する女性も増えてきています。

ただ、いくら見た目がかっこいいからと言って、下半身の全ての陰毛を完全に脱毛することは、年配の女性をはじめ、日本の女性に定着しているとは言えないのも事実です。

共有のお風呂を利用したときや婦人科受診などで、恥ずかしい思いをしそうだから、迷っているという方もいますよね。

恥ずかしさを心配を解消するためには、全処理をIライン、Oラインに限れば問題は解決します。

VIO脱毛で後悔が少ない形

Iラインは、パートナー以外の他人にじっくり見られることは、ほとんどありません。

他人に見られる機会は、婦人科の診察です。ですが、医者は、多くの患者を診ているので全く気にしないでしょう。最近は、処理している人も増えてきていますし、もともと毛量が少ないという人もいます。

Iラインの毛が剛毛で、モサモサ生えていると、パートナーにもドン引きされますし、温泉や大浴場などで、背後から見られたときに、不衛生から嫌悪感を抱かれる可能性もあります。

それに引き換え、Iラインの毛が脱毛されていると、異性からはもちろんのこと、同性からも嫌な感じを持たれることはなくなるでしょう。

ただ、Vラインの毛を少なくするとIラインが少し見えてしまうことがあります。ですから、Iラインの上の部分を少し残すのがおすすめです。

Oライン脱毛は肛門周辺のムダ毛を脱毛することですが、Oラインにムダ毛が生えていることで得することなんて何一つありません。排泄物は付着しますし、性行為中に男性から幻滅される可能性も高いです。

Oラインは、必要性を感じる人が少ないため、全処理希望者がほとんどです。
ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛

デリケートゾーンの脱毛後の後悔は、Vラインを少し残しておくかナチュラルな形に整える、Iラインの上の部分を少し残すということで回避できます。

VIOラインを全処理するとスッキリして快適に過ごせそうですが、見られることも考えておきましょう。

6.継続して通うのが面倒になった

【失敗例】
1回で全身を施術するコースに申し込んだけど、1回あたり2時間もかかる。場所も若干遠いし通うのが面倒くさくなった。

全身脱毛の場合、部位の脱毛よりも1回の施術時間が長くなりがちです。また、施術時の痛みも多少ありますから、継続して通うのが面倒に感じてくることもあります。

全身脱毛の1回の施術範囲は、プランやサロンにより異なります。

1回で全身全てを施術するところもあれば、全身の1/2、全身の1/4というところもあります。

施術時間が長いのは大変そうというのであれば、期間や通う回数はかかってしまいますが、分けて通うという方法もあります。

プランを選ぶ際に、通い方が自分にあっているかについても考えておくと後悔が少ないです。

また、サロンの場所もよく考えておきましょう。通学や通勤、お買い物のついでに寄れるようなところの方が通いやすいでしょう。

脱毛エステは、全身脱毛を自己処理をするより遥かに手間はかかりません。自宅で家庭用脱毛器を使って、全身脱毛をしようとすれば大変です。手が届かないところもありますしね。

契約前の無料カウンセリングを活用する

全身脱毛は総額が高くなりますので、契約前に内容や支払い方法などをしっかり確認することが大切です。

無料カウンセリング時は、不明点が残らないように、疑問点は解消するまで質問しましょう。

今回紹介した失敗談を参考に、自分のライフスタイルに合っているか、希望しているサービスと一致しているか、継続して通うことができるかなどについてじっくり考えておくことをおすすめします。

安い全身脱毛サロンに興味がある方は、「全身脱毛で一番安いエステはどこ?」でサロンの比較をしてますので、良かったら見て下さい。