脱毛エステと生理
エステサロンで脱毛を受けるときは、事前予約が必要ですが、VIO脱毛の予約で気をつけないといけないのが、生理日にあたらないかということです。

ここでは、生理の時に脱毛エステは受けれるのかということについて書いていきたいと思います。

生理中にVIO脱毛はできるの?

脱毛サロンでは、生理期間中の、VIO脱毛エステは断られます。

脱毛サロンのVIO脱毛の場合、紙パンツなどを履いて、それをずらしながら光を照射していきます。

生理中は経血の問題がありますのでお手入れは断られます。

また、生理中は、ホルモンバランスが崩れて肌トラブルを起こす可能性がありますし、痛みも普段より強く感やすいです。

VIO脱毛は、他の部位より痛みを強く感じる部位ですから、生理中に脱毛するのは避けた方が良いでしょう。

エステ当日に生理になったら?

生理は、いつくるのか、はっきりとは分からないものですよね。
生理中の脱毛エステ
VIO脱毛を予約したのに、エステ当日に生理になってしまうこともあり得ます。その場合は、どうしたらいいのでしょうか。

エステ当日に生理がきてしまったら、予約をキャンセルをするしかありません。

当日キャンセルは、サロンによっては、キャンセル料やペナルティがかかる可能性がありますから、予約を取る時は、出来るだけ生理にあたらないような日を選びましょう。

生理不順な人は、キャンセル料がかからないサロンや、キャンセル時のペナルティーが軽いサロンがおすすめです。

生理の終わりかけにVIO脱毛はできるの?

生理の終りかけは、経血の量も少ないですが、生理中であることは変わりないのでキャンセルしましょう。

ほとんどのサロンが、前日や前々日までに申し出れば、予約変更可能でキャンセル料がかからないことが多いです。

生理になった時点で、予約変更しておきましょう。

生理中にVIO脱毛してもバレないか?

タンポンを入れれば、スタッフにバレないのではと考える人もいるかもしれませんがやめましょうね。

ニオイや汚れ、感染リスクの問題などもありますので、たとえ予約をキャンセルすることになってしまったとしても、生理中はVIO脱毛できません。

生理中は他の部位も脱毛できないの?

生理中のVIO以外の部位の対応については、サロンによって違います。
生理中の脱毛エステ
生理中のVIO以外の脱毛はOKというサロンもありますし、生理中は、ホルモンバランスの関係から、痛みを強く感じたり、肌トラブルを起こしやすくなっているため、VIO以外でもお断りというサロンもあります。

生理中OKのサロンであっても、痛みや肌トラブル可能性を考えると、なるべく生理ではない日に脱毛エステを予約することをおすすめします。

生理中は、生理痛がひどくて痛み止めなどの薬を服用している方もいると思いますが、薬を使用していたらNGというところもあります。

薬を服用していたら、何かトラブルがあったときに、エステの影響か、薬の影響か不明になり、対処が難しくなるためです。

薬を使用する前に、サロンに確認しておきましょう。

生理中デリケートゾーンの脱毛以外ならOKのサロン

生理中の脱毛エステはあまりおすすめしませんが、ミュゼプラチナムは、VIO脱毛以外なら生理中でもOKのサロンです。

ミュゼ

また、ミュゼは、予約をキャンセルした場合でも、キャンセル料や、回数消化にはならないので、予約日に生理になっても安心です。
(但し、解約をした場合は、キャンセル分は、返金の対象外になります。)

そのため、生理不順で予約のキャンセル料が気になるという方にもおすすめできるサロンです。