VIOラインを全て脱毛しても後悔しない?日本でも当たり前になりつつあるVIO脱毛。

VIO脱毛というのは、ハイジニーナ脱毛とも呼ばれていますが、女性のデリケートゾーンである「陰部」や「肛門」周辺に生えてる陰毛を処理することです。

ただ下半身の陰毛を全処理すると、今まで毛で隠れていた大切な部分が丸見えになってしまうことから、VIO脱毛に躊躇される女性が少なからずいらっしゃることも事実です。

欧米など海外ではVIO脱毛が当たり前の風潮があり、逆に下半身に陰毛が生えている若い女性を見つける方が難しいという現状があるものの、私たちは日本人ですからね。

当然「日本人女性がハイジニーナ脱毛しても本当に後悔しないか?」という点にスポットを当てて検討することが大事になってきます。

そこで、「Vライン、Iライン、Oラインの全ての毛を無くしても、本当に後悔しないのか。」そして、「VIO脱毛してる女性について、同性である女性と、異性である男性はどのような感想を持っているのか」について、順を追って詳しく書いてみたいと思います。


>>目次
1.Iラインを全て脱毛しても後悔しない?
2.Vラインを全て脱毛しても後悔しない?
3.Oラインを全て脱毛しても後悔しない?
4.VIO脱毛してる女性を同性女性はどう思っているのか
5.VIO脱毛してる女性を男性はどう思っているのか
6.もっともおすすめなVIO脱毛サロンはどこか

1.Iラインを全て脱毛してもデメリットはない

VIO脱毛の一角を担っているIライン脱毛。

Iライン脱毛とは、女性器(陰部)の両サイドに生えている毛を脱毛すること意味します。

股の間に生えている毛の脱毛ですね。

女性器をパーツ事に分類すると

  • 大陰唇
  • 小陰唇
  • 膣口

にわかれますが、女性器の両サイドの毛の脱毛を具体的に言うと、「大陰唇周辺」から「足の付け根」までのゾーンに生えているムダ毛を脱毛するということになります。

小陰唇やその内側は粘膜部分なので皮膚が薄いため、「火傷」や「強い痛みを感じる」リスクもあるため、Iライン脱毛の処置対象になるかどうかは脱毛サロンごとに異なります。

また膣口の脱毛ですが、膣口にはそもそも毛が生えることが考えられないため、Iライン脱毛の対象には含まれません。

ちょっと前置きが長くなりましたが、このIライン脱毛にはどのようなメリットとデメリットが考えられるのでしょうか。

Iライン脱毛するかどうか判断するためにも、詳しく検証してみたいと思います。

1-1.Iライン脱毛のメリットは衛生面と男性受けの良さ

女性は陰部周辺に毛が生えていることで、何一つ特をしません。

まずは衛生面、エチケット面での問題点から考えてみます。

生理現象である、「排尿時」や「生理」の時を思い返してみてください。

拭ききれなかったおしっこの水滴が陰毛に付き、下着を黄色く汚してしまいますし、生理の時は、流れ出た経血で大陰唇周りの陰毛は赤黒く固まってゴワゴワ不快感を伴います。

また「おりもの」の量が多い時などは、これまた性器周りに生えている毛に「おりもの」が付着してしまい、シャワーを浴びるまで乾いた状態で毛にこびりついてしまうのを不快に感じた方も多いでしょう。

このように、Iライン周りに毛が生えていることは衛生的に問題ありといわざるをえません。

またIラインに陰毛がモサモサ生えているのは、見た目的にもよろしくありません。

開脚時にパンツの両サイドから毛がはみ出てしまいますし、そうした「はみ毛」を男性に見られてしまうと、ドン引きされてしまい、相手は完全に性的な興奮を失って戦意喪失しまいます。

結婚相手ならいざ知らず、付き合いたての彼氏であれば、テンションが下がってしまい、もはや女性として見てくれなくなる可能性は高いでしょう。

新体操やフィギュアスケートなど、布地の面積が小さいコスチュームを着用したスポーツをしている女性は、衣装やレオタードから陰毛がはみ出していないか、入念にチェックし細心の注意を払う必要があるため、Iラインの毛は邪魔以外の何ものでもありません。

Iラインの毛を脱毛することは、衛生的にもメリットが大きく、また異性である男性受けの良さが大きいことも大きなメリットだということができます。

1-2.Iライン脱毛のデメリットは脱毛中に恥ずかしいことぐらい

一方の、Iラインのムダ毛を脱毛することのデメリットですが、正直私的には特に思いつきませんでした。

強いてあげるとすれば、脱毛中に恥ずかしいことと、他の部位よりも皮膚組織が薄いため痛みが若干強いことぐらいでしょうか。

ただ、脱毛施術に恥ずかしいといっても、施術してくれるのは同性である女性ですし、プロの脱毛施術スタッフです。

また、Iライン脱毛は両足を大きく広げ「M字開脚」状態で脱毛施術していくわけではありません。

脚を片足ずつ横に倒して、その狭い隙間から施術を行いますし、「膣口」や「小陰唇のビラビラ部分」や「クリトリス」など、見られたときもっともはずかしい局部については、紙パンツ等で隠しながら施術していくので、極力恥ずかしさを感じないように考慮されています。

そんなわけで、「Iライン脱毛中ってアソコの具が丸見えになってしまうのかしら・・・」という心配には及びません。

私自身Iライン脱毛した経験はありますが、そんなに見られている意識もなく、同性だったこともあり、全然恥ずかしい感じはしませんでした。

ここまで、Iライン脱毛のメリットデメリットについて書いてみましたが、結論としては、Iラインの陰毛を全処理するデメリットはほとんどなく、脱毛したメリットの方がかなり大きいので、迷っている方は、そんなに気にせずIライン脱毛に踏み切って良いのではないかと思います。

1-3.Iライン脱毛に「ミュゼ」がおすすめな2つの理由

  1. ミュゼ

    ミュゼ

    Iライン脱毛は脱毛サロン「ミュゼ」でやってもらうのが、一番おすすめです。
    理由2つあって、ミュゼの脱毛方法(S.S.C方式)が他の脱毛サロンよりも痛くないからなのと、キャンペーン期間中はVIO脱毛料金が信じられないほどリーズナブルだからです。

    実はミュゼは、ウィンターキャンペーン中につき、12月31日まで、I脱毛含めたVIO脱毛をたった780円(税抜き)で行うことが可能です。

    ミュゼでは、上記キャンペーン中、「ワキ+Vライン脱毛し放題」と「Iライン脱毛1回」、「Oライン脱毛1回」が可能です。

    まずはIライン脱毛がどのようなものか実感してみたい方は、ミュゼでのIライン脱毛を検討されるのが良いでしょう。

2.Vライン脱毛は全処理ではなく密度を薄くするのがおすすめ

続いて、VIO脱毛の一角を担っているVライン脱毛について。

Vライン脱毛とは、ビキニライン(デルタ地帯)に生えている陰毛を脱毛すること意味します。

実は、Vラインは衣服を脱いで裸になったときに一番一目につく箇所になるため、Iライン脱毛、Oライン脱毛とは比べ物にならないぐらい、脱毛するのにハードルが高いと感じる女性が多いそうです。

Vラインをツルツルに全処理するかどうかは、無毛でアソコの毛が全くなくても、恥ずかしくないかどうかを自問自答することで自然と結論が出るでしょう。

2-1.Vラインの陰毛を全部無くしたら銭湯とかで恥ずかしくない?

例えば、温泉や大浴場など、不特定多数の前で全裸になる場面を考えてみましょう。

顔見知りの友達もいるかもしれないし、保守的な50代のおばさんや、最近の流行をよくわからない60代、70代の年配のおばあちゃん世代も公衆浴場には多くいます。

そんな中、一番目に付くVラインの毛を全部無くして、アソコがツルツルの状態で、ウロウロしていたら、場合によっては、驚かれたり、奇異な目で見られることもあるかもしれません。

スポーツジムのサウナ浴場でも同じですね。

VIO脱毛が流行しているからといって、Vラインの陰毛を全部無くしている日本人女性は、まだまだ少数派。

そのため、他人の目を意識するのであれば、Vラインの全ての処理を永久になくしてしまうのは、かなりリスクの高いことだといわざるを得ません。

2-2.全ての彼氏や旦那が「あそこの毛が全くない女性」を好むわけではない

男性の性的趣向として「パイパン状態の女性」が好まれるケースが多いのは事実です。

アダルトビデオのレンタル状況を分析してみましたが、ランキング的に見ても、やはり陰部の毛を全部無くしている「パイパン」ものの売れ行きやレンタルは好調のようです。

そのため、パートナーの男性の中にも「アソコの毛(マンコに生えている陰毛)を全部脱毛してほしい」と内心求めている方は多いとは思います。

ですが、全ての彼氏や旦那が「あそこの毛が全くない女性」を好むわけではないということも、同時に知っておいた方が良いでしょう。

ちょと男性的な表現になってしまいますが、全ての彼氏や旦那が「マン毛を剃ったパイパンマンコ」が好きなわけではないということです。

Vラインの陰毛を脱毛サロンで全部処理してもらうと、永久脱毛ではないものの、かなり長い間、陰毛が生えてこないことになります。

既婚の女性であれば、離婚しない限り、他の男性の性癖を気にする必要はありませんが、ただ単に今付き合っているだけの彼氏の性的趣向のために、いったんパイパンにしてしまうと、その彼と別れた後、別の彼氏の趣味がそうでなかった場合に、後悔することにもなりかねません。

そのため、Vラインの陰毛を全処理する予定の方は、少なくとも彼氏や旦那にも相談してから施術に踏み切るのが良いでしょう。

2-3.Vライン脱毛はまず形を決めます

さて、そんなVライン脱毛ですが、脱毛施術の流れとしては、以下の通りとなります。

  1. 脱毛サロンへ来店予約をします
  2. 無料カウンセリングの実施します
  3. Vラインの仕上がりデザインを決めます
  4. 脱毛範囲に沿って照射(脱毛施術)を行います。

たいてい、どのサロンでもVライン脱毛の流れに大差はないので、同じような流れの繰り返しだと思ってかまいません。

この中でもっとも大事になってくるのが、3.の「Vラインの仕上がりデザイン」を決めるところ。

Vラインの形は大きく分けると

  • スクウェア(逆台形)型
  • スクウェア(逆台形)型(小さめ)
  • 逆三角形型
  • Iライン型
  • Iライン型(細長)
  • ハート型
  • タマゴ型
  • 全処理(ツルツル・パイパン)型

こうした選択肢をベースに、自分の希望するVラインの形を決めていくことになります。

迷っている方や脱毛初心者の方は、逆三角形型やスクウェア型が人気が高く定番なので、無難でおすすめだと思います。

Vラインの全ての毛を無くしてしまうと、温泉地とかの大浴場で服を全部脱いだ時に、恥ずかしいと感じる女性も少なくないと思いますし、下半身のムダ毛を全部無くしたいという意思を最初から持っている女性(モデルさんや、アスリート、スポーツ選手、美意識の高い方、海外での生活が多い方、外国人とお付き合いや結婚されている女性)以外は、前述の定番のVラインの形にしておくのがよいでしょう。

2-4.【結論】Vライン脱毛は、薄く陰毛を残すのが無難だしおすすめ

Vライン脱毛についてまとめますが、Vラインの陰毛を薄く残すのが定番で無難なのでおすすめになります。

Vラインの毛を薄く残すというのは、

  • 陰毛の生えている面積を小さくする
  • 毛の生えている密度を少なくする

という意味です。

陰毛の生えている黒々した部分の面積を小さくすることで、ショーツから毛がはみ出してしまう不格好なこともなくなりますし、毛の生えている部分の密度を少なくすることで、不潔でモッサリした感じから、清潔感のある股間にイメージを変えることができます。

あとはお好みの形に仕上げてもらうと良いでしょう。

別に外国人のように、全部の陰毛を無くしてしまう必要はないので、肩の力を抜いて、気軽にVライン脱毛に踏み切ってなんの問題もありません。

Vラインがモジャモジャ剛毛だったり、タワシのようにワシャワシャ陰毛が生えている女性は、何一つ得することがないので、女子力を高めるためにも、Vライン脱毛をサロンでやってもらうのがいいと思います。

2-5.Vライン脱毛を検討しているならミュゼをおすすめします

  1. ミュゼ

    ミュゼ

    Vライン脱毛は脱毛サロン「ミュゼ」でやってもらうのが、一番おすすめです。
    理由2つあって、ミュゼの脱毛方法(S.S.C方式)が他の脱毛サロンよりも痛くないからなのと、キャンペーン期間中はVIO脱毛料金が信じられないほどリーズナブルだからです。

    実はミュゼは、ウィンターキャンペーン中(2016年12月31日月末まで)につき、Vラインの脱毛をたった780円(税抜き)でしてもらうことが可能です。

    ミュゼでは、上記キャンペーン中、「ワキ+Vライン脱毛し放題」と「Iライン脱毛1回」、「Oライン脱毛1回」が可能です。

    まずはVライン脱毛がどのようなものか実感してみたい方は、ミュゼでのVライン脱毛を検討されるのが良いでしょう。

3.Oラインの毛は全部脱毛が正解

最後に、VIO脱毛の一角を担っているOライン脱毛についても触れておきます。

Oライン脱毛とは、肛門周辺に生えている陰毛を脱毛すること意味します。

「お尻の穴の周りに生えているムダ毛の処理なんてそんなに重要じゃないでしょ?」
なんて思っている女性がもしいらっしゃったら、その認識は今すぐ改めたほうが良いです。

少量だろうが、Oラインに生えている毛は、衛生的にマイナスなだけでなく、これまた旦那や彼氏とエッチをする時に、見られてしまうと、男性の方のテンションが急速に盛り下がってしまいます、、

3-1.肛門周辺に陰毛が生えてると排泄物がこびりつくのが不衛生的

何よりも、肛門の周りに毛が生えていると、排泄時に出た便が毛に引っ付いてしまって、そのまま固まってこびりついた状態で、ショーツの中に滞在することになります。

ショーツも汚れるため、不衛生的ですし、誰かの目についたときに、驚かれたり、不快感を与えてしまう可能性もあります。

最近ではウォッシュレットもあるため、肛門の毛に付着したウンチを洗い流すことは可能ですが、その場合でも、水滴がつくことで毛が湿ってしまいます。

そうなっては、お尻が濡れた感じが長く続いて不快感を感じてしますので、いずれにせよ肛門の周りに毛は全処理するにこしたことはないということになります。

3-2.旦那や彼氏の多くは、エッチの時に女性の肛門に生えてる毛を見ると萎えるそうです

また、肛門の周りに毛の生えている女性は、男性からのウケがよくありません。

性行為の最中に、どうしてもお付き合いしている男性に肛門は見られてしまうので、エチケットとしてお尻の穴の回りのムダ毛は処理するのがよいでしょう。

彼氏に肛門を見られることよりも、肛門に生えてる毛を脱毛していないことの方がよっぽど恥ずかしいってことですね。

引用元:脱毛エステの選び方「肛門周りの毛は脱毛しないと恥ずかしい!」

心無い男性は、「この間、ナンパした女性とホテルにいったら、ケツ毛にウンコがついてて萎えた」なんてことを平気で友達と笑い話にしているそうなので、Oライン周りの毛は、衛生的な面からだけでなく、見た目的なデメリットをなくすためにも、全処理したほうがよいと思います。

3-3.Oライン脱毛するデメリットは、脱毛施術中にお尻の穴を見られること

O脱毛するデメリットを強いてあげるとすれば、脱毛スタッフに施術中お尻の穴を見られるのが、少し恥ずかしいことぐらいだと思います。

Oライン脱毛時の体勢ですが、「うつ伏せの状態で施術する脱毛サロン」と、「四つん這いになってお尻を突き出した状態で施術する脱毛サロン」にわかれます。

肛門回りの脱毛なので、お尻の割れ目が開いた状態でないと施術できないので、恥ずかしいと感じる女性はいると思います。

ただ、私もOライン脱毛をサロンでしてもらった経験がありますが、施術箇所と関係ない部分には大きなバスタオルをかけてくれて、露出部分が極力少なくなるように気遣ってくれたり、そもそもOライン脱毛時間が10分程度と短時間で終わるため、思ったほど恥ずかしくはなかったです。

あとは慣れてくれば、Oライン脱毛時の恥ずかしさに関しては、ほとんど気にならなくなります。

3-4.Oライン脱毛で脱毛サロン「ミュゼ」がおすすめな2つの理由

  1. ミュゼ

    ミュゼ

    Oライン脱毛は脱毛サロン「ミュゼ」でやってもらうのが、一番おすすめです。
    理由2つあって、ミュゼの脱毛方法(S.S.C方式)が他の脱毛サロンよりも痛くないからなのと、キャンペーン期間中はVIO脱毛料金が信じられないほどリーズナブルだからです。

    実はミュゼは、ウィンターキャンペーン中(2016年12月31日月末まで)につき、VIOラインの脱毛をたった780円(税抜き)でしてもらうことが可能です。

    ミュゼでは、上記キャンペーン中、「ワキ+Vライン脱毛し放題」と「Iライン脱毛1回」、「Oライン脱毛1回」が可能です。

    まずはOライン脱毛がどのようなものか実感してみたい方は、ミュゼでのOライン脱毛を検討されるのが良いでしょう。

VIO脱毛してる女性を同性女性はどう思っているのか

VIO脱毛していることを同性である同年代や年下の女性は「おしゃれで女子力が高い」と感じている場合が多いです。

また、VIOラインの除毛をしたことがない女性は「やばい。私先を越されてる」と、コンプレックスに似た焦りを感じることもあるでしょう。

今までVIO脱毛をしたことがない、陰毛を整えたことすらなく生えっぱなし女性は、他人から見れば一目でわかりますから、羞恥心を感じ、脱毛に興味を持ち始めるきっかけにもなるかもしれませんね。

生まれつきアンダーヘアが薄い人は女性もいらっしゃいますが、そうではなく普通に生え揃っている女性であれば、ボーボーだと思われないように、アンダーヘアのお手入れを欠かさないことが大事になってきます。

適切にVIO脱毛をしている女性は男性から見て好感度は高い

同性である女性からの目線だけでなく、男性からの意見を聞くことも、それ以上に重要ですよね。

自分でよかれと思っても、男性から「美しい」と評価されないないとむなしくなってしまいます。

男の子側の意見としては、自分の愛する女性には、「ほどよくVIO脱毛していてほしい」という意見が大半のようです。

適切にというのがポイントで、男性からしたら

  • Vライン・・・薄く毛を残す
  • Iライン・・・全処理する
  • Oライン・・・全処理する

というVIOラインの脱毛が好感度が高いように感じます。

「モデルが職業なので全部の毛を無くしたい」
「アスリートで、競技のためにVIOラインの毛を全て無くす必要がある」
「海外在住が多く、パートナーも外国人なので、周りの女性と同じようにVIOラインは全処理したい」

というような、VIOを全処理する(特にVラインの毛を全部剃り落とす)必要性を感じている女性ばかりではないですからね。

脱毛初心者や、周りからきれいに見られるためにVIO脱毛したいと思っている、多くの女性は、上記を元にVIOライン脱毛をしていくのが理想なんじゃないかなと思います。

「パイパンで毛が生えてないマンコが好き」という男性もそれなりに多くいますが、全員がそうではないですし、不安な気持ちを残したまま、そこまで相手の要望だけに合わせてあげるリスクを女性側が負う必要はないでしょう。

多くの女性にとっては、取りあえずVラインの毛は少し残しておくという程度が望ましいと思います。

後々、「やっぱりすべての毛を無くしたい」と思ったら、またその時に決めればよいと思います。

もっともおすすめなVIO脱毛サロンは「ミュゼ」に決まり

  1. ミュゼ

    ミュゼ

    VIO脱毛は脱毛サロン「ミュゼ」でやってもらうのが、一番おすすめです。
    理由2つあって、ミュゼの脱毛方法(S.S.C方式)が他の脱毛サロンよりも痛くないからなのと、キャンペーン期間中はVIO脱毛料金が信じられないほどリーズナブルだからです。

    実はミュゼは、ウィンターキャンペーン中(2016年12月31日月末まで)につき、VIOラインの脱毛をたった780円(税抜き)でしてもらうことが可能です。

    ミュゼでは、上記キャンペーン中、「ワキ+Vライン脱毛し放題」と「Iライン脱毛1回」、「Oライン脱毛1回」が可能です。

    まずはVIO脱毛がどのようなものか実感してみたい方は、ミュゼでのVIO脱毛を検討されるのが良いでしょう。

このように、VIO脱毛を考えている女性は、まずは脱毛サロン「ミュゼ」でVIO脱毛を一度体験したのちに、全身脱毛や、その他の部位の脱毛をどうするのか、検討されるのが良いと実感しています。