ハイジニーナ脱毛と温泉
デリケートゾーンのムダ毛を処理したいけど、処理しているのがバレたら、逆に恥ずかしいのではないかと躊躇していませんか?

一昔前までは、ハイジニーナ脱毛(無毛)をする人は、とても少なかったですが、最近では、一般の人でも積極的に脱毛しています。

それでも、欧米などの海外に比べると、日本人でハイジニーナ脱毛をする人は少ないので、人の目が気になるという方もいますよね。

そこで今回は、VIO脱毛後、後悔しないか、温泉などに行った時の対処法などについて書いていきます。

アンダーヘアを処理して後悔しないのか

VIO脱毛やハイジニーナ脱毛をする場合、脱毛後、後悔しないか気になるという方はいます。

日本では、温泉文化がありますし、スポーツジムは共有のお風呂ですし、性行為のとき、彼氏にひかれたりしないかという心配もありますね。

温泉やお風呂では、IOラインを人に見られることはありませんので、特に気にする必要はないでしょう。

Vラインについては、最近は整えている方が多いですから、ハイジニーナは別として、Vラインをいじることについては、全く恥ずかしいということはありません。

彼氏にひかれたりしないかですが、これについては、人それぞれ好みが違いますが、受け入れてくれる男性や喜んでくれる男性が多いです。

心配な方は、自然な感じで整えると良いですが、ハイジニーナ脱毛(無毛)は苦手という日本人男性は、まだまだいるので、彼氏の気持ちを優先するなら、事前に相談するというのもありでしょう。

海外の男性の場合は、デリケートゾーンをお手入れしていないことに抵抗があるという方の方が多いようです。

VIO脱毛を見られるのに抵抗がある場合の対処法

友達や両親等と温泉に行ったとき、VIO脱毛していることを知られたくないという人もいますよね。

ここからは、そういう場合の対処法について書いていきます。

Vラインを自然な形で残す

Vラインについてですが、脱毛エステでは形が選べます。脱毛していることが目立たないようにしたければ、自然な形の逆三角形や楕円形にしておくと無難です。

ハイジニーナ脱毛(無毛)にするか迷っているなら、まずは、Vラインについては、少し残しておくと安心です。

Vラインを残すか残さないかで全然違います。IOラインについては、見えないので全処理で問題ないでしょう。

形について詳しく知りたい方は「アンダーヘア気になる人気の形は?」の記事も参考にしてみて下さいね。

デリケートゾーン用のかつらを使用する

ハイジニーナにしたいという方は、デリケートゾーン用のかつら(アンダーヘア用のウィッグ)を利用するという方法があります。温泉でも取れにくいものを選びましょう。

見られそうな場合の対策としては、以上のような対策がありますが、温泉でデリケートゾーンをチェックしているという人は、まずいないですから、タオルでずっと隠しておけば、気づかれないことがほとんどです。

まずはVラインの脱毛から試してみる

VIOの脱毛に躊躇している方は、まずは、Vラインの脱毛から試してみてはいかがでしょうか?

脱毛エステなら、医療脱毛ほど痛みが強くありませんし、料金的にも安いので気軽に試せます。

Vラインの脱毛は人気です。

やはり服からはみ出て見えてしまう部位は、お手入れが必要と感じている方が多いからでしょう。

大手脱毛サロン「ミュゼプラチナム」は、Vラインが安くお手入れできるので、気軽に申し込めます。

ミュゼ

ミュゼには、Vラインの美容脱毛完了コースがあり、Vラインのみの場合、通常料金で3,600円(税込)、ワキ脱毛+Vライン脱毛の場合、通常料金で2,400円(税抜)です。

しかもこのコースは、回数無制限・期間無制限なので、とってもお得です。

月替わりのキャンペーンでは、もっとお安くなっていることもありますので、興味がある方は最新のキャンペーン情報を確認してみて下さい。

このように、Vラインに関しては、とても安い料金で通うことができますから通いやすいですね。

IラインやOラインについても脱毛エステでお手入れ可能です。

IOラインは、生理の経血や尿、便の付着、ニオイやムレの解消を目的に脱毛する方が多いです。

ハイジニーナとは、一般的にデリケートゾーンを無毛状態にすることを言いますが、ハイジニーナ脱毛をする方は、前述したように衛生面から希望する方や、下着や水着などのおしゃれを楽しみたい方、タレントなど職業上必要な方などがしています。

デリケートゾーンをお手入れしていることは、今では恥ずかしいことでも珍しいことでもありません。

むしろ、水着や下着からはみ出ているほうが恥ずかしいですよね。

アンダーヘアのムダ毛に悩んでいるなら、まずはVラインから始めてみてはいかがでしょうか。