私自身あまり好きな言葉ではないのですが、よく「あの人は女子力が高い」とか、「あの子はちょっと女子力が低め」という言い方をしますよね。

「女子力」とはマスメディアが作った造語ですが、簡単に言うと「女性としての魅力」という言葉に置き換えられると思います。

あくまでも「女性としての魅力」を基準としているので、女子力が低くても人間的に魅力的な女性はたくさんいると思います。
女子力を高める方法

ただし、「男性にいつまでも女性として扱われたい」「同性から何歳になっても女性として素敵な人だ」と思ってもらいたいのであれば、周りの女性と比べて自分自身の女子力が高いのか低いのか、また今よりも女子力を高くするためにはどのようなことに気を付ければいいのかに注意を払うことが大事になってくると思います。

女子力の高くするために大事なこととは?

女子力が高いと思われるためには、自分の優れている点を伸ばすよりも、マイナス点を出来るだけ減らす作業に注力することがより効果的です。

例えば、スタイルが良い人けど毛深い女性がいたとします。

この女性が痩身エステに通っても今以上に女子力は高くなりません。

痩身エステに通って今よりも痩せたとしても、ビフォワーとアフターの差が小さいため、総合的な女子力は微増にとどまるからです。

一方、この女性が脱毛エステに通って、毛深かった全身の体毛を程よく脱毛したらどうなるでしょうか?

かなりのマイナスポイントであった毛深さがかなり改善されることで、ビフォワーとアフターの差が大きくなるため、総合的な女子力は今よりもかなり高くなると期待できるでしょう。

例えば、これから数か月後に結婚式を挙げられる女性は、一生に一度の晴れ舞台を可能な限りきれいな花嫁の状態で迎えたいと思っていることでしょう。

そんなとき、サイズの小さいウェディングドレスを着るために、朝夕スポーツジムで汗を流したり、痩身エステに通ったりするのも良いですが、結婚式当日、多くのカメラから、あらゆる角度で毛穴まで見えるアップの写真を撮られることになるので、鼻毛の処理や眉毛を整えるのはもちろんのこと、顔の産毛やうなじ周りの体毛の脱毛対策も、挙式当日に間に合うように早めに始めることをおすすめします。

このように、自分の欠点を改善することで、女子力の低さを効果的に高めることができます。