レーザー脱毛失敗
医療レーザー脱毛は、脱毛方法の中でも、高い効果が期待できる脱毛法として知られています。

家庭用脱毛器やエステと比べると、レーザー脱毛は、強力なレーザーで高い熱エネルギーを発生させ、毛の成長を促す毛乳頭などを破壊することにより脱毛していく方法です。

その分、火傷や肌トラブルなどのリスクも大きくなります。

もちろん、レーザー脱毛ができるのは医療機関に限られていますから、万一があったときは、治療や薬の処方などが行われるはずです。

クリニックでも事前の説明はあると思いますがレーザー脱毛をしようとする人は、あらかじめそのリスクについて、きちんと理解しておく必要があります。

ここでは、一般的に言われるレーザー脱毛のリスクやレーザー脱毛を受けた人が失敗したと感じた例などをまとめました。

1.レーザー脱毛のリスクとはどのようなものか

脱毛には多少のリスクが伴います。

ここからは、一般的に言われているレーザー脱毛のリスクについて書いていきたいと思います。

1-1.レーザー脱毛で肌トラブルを起こすことがある

レーザー脱毛のリスク
レーザー脱毛を受けた後の症状として、赤みが出た、ヒリヒリ感がしばらく残った、腫れたという人は結構います。

施術時に強い熱を使用しますから、赤みがでることはあるでしょう。

ほとんどの場合、その場で冷やしたり薬を塗ってもらえたりと何らかの対処をしてもらえますし、状態によっては軟膏などを処方されることもあります。

これらの症状については、クリニックの指示通りにしていると、しばらくして治ることが多いようです。治らない場合は、クリニックに相談することになります。

1-2.レーザー脱毛でやけどすることがある

出力が弱い家庭用脱毛器や脱毛エステでも火傷が起こる確率はゼロではありません。

レーザー脱毛は、強い熱を使用しますから火傷するリスクも大いにありますよね。

火傷する理由の1つとしては、出力レベルの問題があります。

出力レベルを抑えれば火傷のリスクは減りますが、そうすると期待するような効果が出ないことがあります。

施術者はその人の肌に合った出力レベルを見極める必要があります。

そのため、火傷のリスクが低い、かつ効果もちゃんと出せるといった技術力が高いクリニックを選ぶことは重要です。

施術時に感じる異変について、施術者は細かくは分からないものです。

医療脱毛は、痛みが強いものなので、我慢しすぎる方もいますが、施術中に異変を感じた場合は、我慢せず、その場で施術者に相談することも必要ですね。

1-3.レーザー脱毛で毛嚢炎になることがある

レーザー脱毛は、熱エネルギーでムダ毛にダメージを与えて脱毛していきますが、その熱エネルギーで、周辺の肌もダメージを受けることがあります。

それにより、肌の免疫力が一時的に下がり、毛穴に雑菌が入って毛嚢炎を引き起こしてしまうことがあります

毛嚢炎は、見た目がニキビのような感じになります。毛嚢炎になってしまった場合は、クリニックに相談し、治療や薬などを処方してもらいましょう。

医師の指示に従って対処していれば、1週間ほどで治るでしょう。

1-4.レーザー脱毛で毛が増えたり硬くなったりすることがある

レーザー脱毛で増毛化
脱毛の施術を受けて、毛が増えたり(増毛化)、濃くなったり硬くなったり(硬毛化)することが稀にあります。

毛根の細胞を刺激するような脱毛法において起こることがある現象です。

家庭用脱毛器や脱毛エステの場合、こうしたリスクは低いと言われています。

特に、産毛のような細くて薄い毛に起こりやすいようです。これらの症状があらわれる原因は、はっきりと解明されていません。

クリニックは、こうした事が起きた場合、回数を重ねて施術することにより対処しているようです。

ただ、もともと契約している回数しか施術しないクリニックもありますから、心配な方は、再照射の保障をしてくれるようなクリニックを探すと良いでしょう。

1-5.レーザー脱毛で打ち漏れてしまうことがある

レーザー脱毛で打ち漏れ(照射漏れ)が発生してしまうこともあります。

脱毛エステもですが、人が施術するわけですから、こうした施術者のミスによるリスクはありますね。

レーザー脱毛は、施術後、2~3週間で、ムダ毛が抜け落ちる期間がありますが、打ち漏れていた場合、一部(まとまった範囲)が抜けないことがあります。
レーザー脱毛照射漏れ

打ち漏れていた場合は、クリニックに連絡して再照射してもらいましょう。

ほとんどのクリニックで再照射してもらえるはずですが、してもらえないこともありますから、打ち漏れが起きた場合の対応についても事前に確認しておいた方が良いです。

また、照射漏れが起きた場合、クリニックに伝える期間が決まっていることもありますので、その辺の確認も必要です。

毛が抜けなかったのは、レーザーが反応しなかったということも考えられるので、照射漏れかどうかの判断が難しかったりもします。

自分は照射漏れと思っても、クリニック側から、照射漏れと判断してもらえないこともあります。

2.レーザー脱毛で何に失敗したと感じたか

これまでまとめてきたようなリスクが実際に起こってしまった場合に、医療脱毛をしたこと後悔する人が多いです。

ちゃんとクリニック側に対応してもらえた場合は、それほどダメージは少ないので信頼できるクリニックを探すことが重要です。

他にも、医療脱毛を受けたことで後悔している人の失敗例を列挙してみました。

2-1.レーザー脱毛で痕が残ってしまった

レーザー脱毛トラブル
レーザー脱毛後、色素沈着を起こしたり、火傷したりして痕が残ってしまったという人もいます。

大抵の場合、クリニック側が治療や薬の処方をしてくれるので、指示に従っていれば、治ることがほとんどですが、中には、そのまま痕が残ってしまったという話も聞きます。

肌を綺麗にしようと思って医療脱毛に行くわけですから、逆に痕が残ってしまったら悲しいですよね。

万一の事が起きた場合に、きちんと対応してくれるクリニックだと良いのですが、中には、そうでないクリニックもあります。

何か起きたときは、施術を受けたクリニックを受診するのが一番ですが、対応が悪いクリニックに再受診するのは抵抗がありますね。

きちんと対応してくれて、どうしても痕が残ってしまった場合は、しかたがないと諦めもつきますが、クリニックの対応が悪いと精神的にもダメージは大きいです。

顔脱毛など、火傷痕や炎症が目立つ箇所の場合は、職業柄仕事に影響がでてしまう人もいるでしょう。

信頼できるクリニック選びが大切ですし、万一の時の治療や治療費の負担や保証はどうなるのかといったことも契約前に確認しておきたいですね。

また、レーザー脱毛のリスクや火傷痕が起こる原因は、クリニック側だけではありません。

例えば、脱毛の施術を受ける場合、施術前後は日焼けしない、施術後はプールや温泉はしばらく控えるなどの注意事項があります。

そうした注意事項をちゃんと守っておかないと、思わぬ肌トラブルを招くことがあります。後々後悔しないためにも、自己管理も大切です。

2-2.レーザー脱毛の施術時の痛みが思ったより痛かった

レーザー脱毛は痛いと聞いていたけど、これほどまでとは、、と後悔する人もいて、申し込んだものの、途中でやめてしまう人もいます。

痛みが苦手という方は、脱毛エステの方が向いていると思いますが、レーザー脱毛をしたい場合は、麻酔を使用してくれるクリニックもありますから、そうしたクリニックを探してみるのというのもありでしょう。

2-3.施術者が男性だったり利用者に男性がいたりして抵抗があった

脱毛エステの場合は、女性専用サロンというところが多く、スタッフも全員女性のところがほとんどです。

医療脱毛の場合は、男性医師が対応するところや施術者が男性ということも普通です。

また、女性専用というわけでなく、男性の利用者もいて、待合室が男性と同じということもありえます。

VIO脱毛など施術箇所によっては、施術者が男性だと恥ずかしくて抵抗がある人も多いですよね。

男性に施術されたり、男性と同じクリニックに通うのが嫌な方は、女性専門のクリニックがありますので、そうしたクリニックを探しましょう。

3.レーザー脱毛のリスクまとめ

レーザー脱毛のリスクを減らす
知名度が高い、大きなクリニックでもレーザー脱毛のリスクは避けられないものです。

リスク低くするためには、まず、クリニックに言われた注意事項は守り、自分自身の不注意で起こってしまうトラブルを減らす事が大切です。

技術力が高い信頼できるクリニックを見つけましょう。

万一のことが起こった場合に、そのクリニックがどのように対応をしてくれるのか、治療や治療費、再照射の保証はあるのかといったことも、事前によく確認しておく必要がありますね。

いろいろなクリニックがありますから、自分に合ったクリニックを探しましょう。

脱毛エステの方に興味がある方は、「脱毛エステの選び方」のページを参考にしてくださいね。