医療脱毛と脱毛エステ
自己処理ではなく脱毛の専門店に通いたいけど脱毛エステと医療脱毛のどちらを選択したらよいか迷っている方はいませんか?

脱毛エステとクリニックの脱毛では脱毛方法が違います。

エステで主流の脱毛方法は、光脱毛(フラッシュ脱毛)で、医療脱毛は、レーザー脱毛という方法です。

今回は、脱毛エステと医療脱毛の違い、それぞれのメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

1.脱毛エステと医療脱毛の違い

脱毛エステの光脱毛(フラッシュ脱毛)も医療脱毛のレーザー脱毛も、メラニン色素(黒色)に反応する光を当てて、施術していくという点では似ています。

脱毛エステと医療脱毛の違いは、使用する機械に違いがあり、脱毛エステの光脱毛は、レーザー脱毛ほどの威力はありません。

レーザー脱毛は、毛根部分にレーザー光線を照射して、毛を成長させる毛乳頭を破壊することにより、脱毛していく方法です。

こうした医療用の強力なレーザー脱毛機の使用は、医療行為にあたり医師免許が必要です。

資格がない者がレーザー脱毛をすると医師法違反となってしまいます。ですから、脱毛サロンではレーザー脱毛を受けることができません。

脱毛エステでは、もっとパワーが弱い光脱毛の機械を使用しています。

医療脱毛より脱毛エステの方が通いやすく人気はありますが、脱毛エステの脱毛は、毛根を破壊するようなものではなく、ダメージを与える程度ですので、効果の面では、脱毛エステより医療脱毛の方が高いと考えた方が良いです。

1-1.脱毛エステと医療脱毛を比較!それぞれのメリット・デメリット

ここからは、脱毛エステと医療脱毛を比較した場合のメリット、デメリットを挙げていきたいと思います。

1-1-1.脱毛エステのメリット

  • 費用が安い
  • 痛みが少ない
  • 全国展開しているサロンが多く店舗数が多い
  • 敷居が低く、通いやすい
  • リラックスした雰囲気の中でできる
  • クーリングオフの対象になる

画像の文字列
費用面では、脱毛エステの方が安く手軽に行えます。

また、医療脱毛は痛みが強いのが特徴ですが、脱毛エステはそれほど痛くありません。(お手入れ時の痛みは、一般に、”ゴムをはじく程度の痛み”と表現されます。)

店舗が多く通う人も多いことから気軽に通えるのも脱毛エステの良い点です。

脱毛エステの場合は、研修をうけたエステティシャンがお手入れをしてくれます。

医療のような堅苦しい雰囲気ではなく、リラックスして受けれるのも脱毛エステの良い点です。

脱毛エステの場合、特定商取引法の対象になるので、契約期間が1ヶ月以上、金額が5万以上のものは、条件を満たせばクーリングオフの対象となります。

1-1-2.脱毛エステのデメリット

  • パワーが医療脱毛より弱いので、時間がかかる
  • 回数を多く通わないといけない(期間が長くなる)
  • 肌トラブルがあった場合、医療機関へ出向かないといけない

医療脱毛よりパワーが弱いので、医療脱毛と比較すると通う回数が多くなり期間がかかります。

また、永久脱毛は医療行為となるので、脱毛エステでは永久脱毛はできません。

ちなみに、永久脱毛というと、脱毛後、永久にムダ毛が生えてこない状態だと思っている方もいると思いますが、アメリカの電気脱毛協会によると、永久脱毛は”脱毛完了後1か月経過時点で、毛の再生率が20%以下の状態”と定義されています。

つまり、完全に生えてこなくなるということが保証されているわけでもないということです。

脱毛サロンは医療機関ではないので何か肌トラブルがあった場合は、病院へ出向かないといけません。

サロンのなかには、提携している医療機関を紹介してくれるドクターサポートがあるサロンもあります。

1-1-3.医療脱毛のメリット

  • 出力パワーが大きいので短時間で行える
  • 通う回数が少なくて済む
  • 万が一のトラブル時は、ドクターがすぐ対応できる

脱毛エステより効果が期待できる点がメリットでしょう。

脱毛機のパワーが強いので通う回数も少なくてすみます。

脱毛エステの回数は、選択できますが、一例として、エステで15回くらい通うところが医療脱毛なら5~6回くらいだそうです。回数は、約3分の1程度です。

医療脱毛は、資格をもった医師や看護師が対応します。医療機関なので何かあったときは、診てもらったり薬を処方してもらったりと対応してもらえます。

1-1-4.医療脱毛のデメリット

  • 痛みが強い
  • 費用が高くなる
  • 医療機関なので敷居が高い
  • 店舗数が少ない
  • クーリングオフができない

医療脱毛は、パワーが強い分、痛みも強いですし、費用が高額になります。(費用に関して、健康保険の適用はありません。)

また、医療脱毛の機械は、パワーが強い為、火傷などのリスクも上がるのではないかと思います。

そのため、医師免許を持った者が限定で扱える機械となっているのだと思います。

医療脱毛の施術時の痛みは、個人差はあるものの我慢しづらい痛みと感じる人が多く、途中でやめてしまう人もいるそうです。

クリニックによっては、希望があれば麻酔を使用して施術をするところもあるそうです。

医療機関なので通いづらさを感じる人もいます。エステと病院では、雰囲気や対応もかなり変わってきますよね。
医療脱毛デメリット

脱毛やシミ取り、痩身といった美容医療に関しては、今のところクーリングオフの対象外です。これらの美容医療は、医師による医療行為とみなされるため、特定商取引法の対象外となります。

医療脱毛は費用も高いので、申し込む際は慎重になったほうがよさそうですね。

美容医療については、消費生活センターに途中解約できない、勧誘がひどいというような相談が多くあるため、最近では、美容医療についてもクーリングオフできるようにしようというような動きはあります。

こうしたこともあってか、クリニックの中には、返金保証制度を設けているクリニックもあります。

1-2.安くて通いやすいのは脱毛エステ

医療脱毛も脱毛エステも、それぞれに良い点、欠点がありますから、何を一番重視するかで選ぶと良いでしょう、

通いやすさや費用面での手軽さ、痛みが少ない方法を重視するなら脱毛エステが良いでしょうし、回数や効果を重視し、痛みや費用の高さに耐えられるようなら医療脱毛という方法もあります。

脱毛エステの良さは気軽に通えるという点です。サロンやキャンペーン内容によっては、かなり安く受けれる場合があります。

特に、部位脱毛については低料金なので、医療脱毛と脱毛エステを迷っているなら、一度脱毛エステを受けてみてから決めるというのもおすすめです。

ミュゼ

初心者におすすめのサロンは、ミュゼです。ミュゼのワキやVラインの美容脱毛完了コースは、回数無制限・期間無制限のコース。
店舗数や会員数が多く、全国的にも知名度が高いサロンです。
このコースは、通常料金で2,400円(税抜)~3,600円(税込)です。
さらに、お得なキャンペーンをしていることがありますから、ぜひチェックしてみて下さい。

医療脱毛は、痛み・費用面でハードルが高いという理由から、脱毛エステから始められる方がほとんどです。

脱毛エステでは永久脱毛はできませんが、通ったあとに自己処理が楽になった、毛が薄くなったという人や評判も多く、満足感を得ている人もいます。

脱毛をするなら脱毛エステから始める方が、気軽に利用しやすいのでおすすめです。

脱毛エステでの脱毛に興味のある方は、こちらのページで脱毛エステの選び方を解説していますので、参考にしていただけたらと思います。