ワキの黒ずみ
暑い季節になるとノースリーブや水着などを着ると思いますが、わきの黒ずみやデリケートゾーンの黒ずみが気になることはありませんか?

女性のワキは、電車のつり革をつかんでいる時や日常生活の何気ない仕草で、見えてしまう部位ですね。

デリケートゾーンについては、水着着用時や異性との性行為のときに、見えてしまうので、お手入れされている方も多いと思います。

これらの部位の黒ずみは日ごろからケアしておきたいものです。

そこで今回は、ワキが黒ずんでしまう原因や黒ずんでしまった場合の対処法について書いていきたいと思います。

ワキ・デリケートゾーンの毛の自己処理は黒ずみを加速させる要因

紫外線を浴びると、紫外線が皮膚の奥まで入り込んで、DNAを破壊してしまったり、皮膚がんになってしまったりすることがあります。

このようなことを防ぐために、皮膚の奥深くにあるメラノサイトという所が、メラニン色素を作り出します。

メラニン色素は、肌の本体に紫外線が届かないように守る役割を担っています。

メラニンというと、シミの原因などと言われ、悪いイメージがありますが、本来は肌を守る役割をもっているものなのです。

紫外線などの刺激や摩擦を与えられると、皮膚を守ろうとして、メラニン色素を作り出す活動が活発化します。

このメラニン色素が、皮膚に沈着してしまうと、黒ずみやシミになってしまうのです。

本来は、肌の生まれ変わり(肌のターンオーバー)によって、この黒ずみは消えることが多いのですが、刺激が与えられ続けて、メラニンが過剰になったり、肌のターンオーバーが正常に行われなかったりすると、そのまま黒ずみが残ってしまう(色素沈着をおこしてしまう)ことがあるのです。

ワキやVラインは紫外線が頻繁に当たる場所ではありませんね。なのになぜ黒ずみになってしまうのでしょう?

ワキやVラインの場合、メラニン色素をつくろうとする原因は、服による摩擦やムダ毛の処理による刺激が考えられます。

ワキ脱毛・Vラインの脱毛エステで黒ずみを予防

黒ずみの予防
黒ずみを予防するには、刺激や摩擦を与えないのが一番です。

例えば、下着には、摩擦が少ないものを着用するなどの対策をとることもできますね。

ムダ毛の処理方法も見直してみましょう。

もし、ワキやVラインのムダ毛処理は、自己処理しているということであれば、脱毛エステがおすすめです。

自己処理の場合は、「脱毛」か「除毛」ですが、毛を無理やり引き抜くようなやり方は、毛穴や肌への刺激が強く埋没毛などの肌トラブルを起こしやすいです。

剃るという方法は、剃り跡が残りますし、すぐに伸びてくるので、頻繁に処理をしないといけませんよね。

頻繁なムダ毛処理は、繰り返し肌へ刺激を与えることになってしまいます。

脱毛エステは、熱エネルギーでムダ毛を処理するので、肌に刺激が全くないわけではありませんが、回数を重ねるうちに自己処理が楽になってきます。

ムダ毛処理による肌負担を減らせます。

ですから、黒ずみができやすいワキやデリケートゾーンのムダ毛のお手入れ法は、脱毛エステが良いのです。

ワキ脱毛・Vラインの脱毛なら脱毛サロン「ミュゼプラチナム」でとってもお得にお手入れできる

ミュゼ

脱毛エステは、料金が高いというイメージをお持ちの方も多いですが、ワキとVラインの脱毛に関しては、とても安くお手入れを受けることができます。

大手脱毛サロン「ミュゼプラチナム」の美容脱毛完了コースを検討してみて下さい。

通常料金は、次の通りです。(2017年9月調査時点)

  • ワキ+Vラインの脱毛・・・2,400円(税抜)
  • Vラインのみの脱毛・・・3,600円(税込)
  • ワキのみの脱毛・・・3,600円(税込)

「え?こんなに安いの?」と思われた方も多いと思います。

でも、このコース、料金が安いだけではありません。

回数無制限・期間無制限(何回でも・いつまでも)で通えるのでとってもお得なんです!

さらに、キャンペーンで安くなることもあります。(キャンペーンは時期により変更になります)

最新情報は、下記公式サイトよりご確認ください。

脱毛エステに通うときは、まずは無料カウンセリングを受けます。無料カウンセリングでは、サロンの脱毛方法や料金について話を聞くことができます。

さらに、疑問点がありましたら、スタッフに気軽に質問できます。

ミュゼは、強引な勧誘がないサロンですから、話を聞いてみて、行きたいサロンではなかった場合は、契約をしなくてもOKです。

興味がある方は、気軽に無料カウンセリングを受けてみましょう。お店の雰囲気やスタッフの様子なども肌で感じることができますよ。

無料カウンセリングの申し込みは、上記の公式サイトからできます。

ミュゼは、スタッフの口コミ・評判が良いサロンなので、脱毛サロン初心者におすすめできるサロンです。

すでにワキ・Vラインが黒ずんでしまった場合は黒ずみ対策クリームで対処する

すでにできてしまった黒ずみが気になるという方には、黒ずみ専用の美容クリームがおすすめです。

最近は、ニオイも抑えてくれるクリームがあるので、夏場のお手入れにもってこいです。

  1. ワキの黒ずみ対策専用ジェル ピューレパール

    ワキの黒ずみ対策専用ジェル ピューレパール

    ピューレパールは、ワキ、ひじ、二の腕、ひざ、ビキニライン、乳首に使える黒ずみ対策ジェル。
    潤い成分と美白成分がしっかり入っています。
    無添加、低刺激で、敏感肌の方にもおすすめです。
    外出前と寝る前に使用します。
    ピューレパールの良い点は、臭いの原因になる雑菌も同時に抑えてくれることなので、お出かけ前にこそ活用すべきアイテムになってきます。

  2. アットベリー

    アットベリー

    アットベリーは、低刺激、無添加(合成香料・着色料・鉱物油・バラペン・アルコール不使用)の黒ずみ対策クリームです。
    ニオイの原因となる雑菌の繁殖も防いでくれる優れものといえます。
    黒ずみ対策とわからないデザインで、大きさも持ち運びに便利な大きさです。
    ワキだけでなく、二の腕、ひじ、ひざにも使用可能。
    コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタエキス・セラミド・天然ビタミンEなどの美容成分がたっぷり入ったエステ級の高級ジェルで、朝と夜に塗るだけなので、手軽に黒ずみケアができます。

  3. イビサクリーム

    イビサクリーム

    Ibizaクリームは、美白成分(トラネキサム酸)と肌荒れ防止成分(グリチルリチン酸2K)が配合されています。
    さらに、6つの美容成分配合(ヒアルロン酸、ローズ水、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、大豆エキス、カモミラエキス)で、肌に潤いを与え、メラニンの生成を抑えてくれます。
    香料・着色・鉱物油・パラベンは、一切不使用です。朝晩1日2回塗って使用します。
    デリケートゾーンにも使えるのでVIOゾーンの黒ずみが気になる方にもおすすめです。

黒ずみをケアをして、自信をもって毎日を過ごしましょう。