脱毛エステとほくろ脱毛時にどうしても気になってしまうのがホクロの存在。

脱毛方法としてメジャーなのが、光脱毛(脱毛サロン)とレーザー脱毛(医療脱毛)の2パターンですが、いずれもメラニン色素(黒色)に反応する光をムダ毛にあてて熱エネルギーでムダ毛を処理していく方法です。

そのため、ほくろが多い方を中心に「ホクロの黒色に照射して火傷したりしないの」と心配になってしまう気持ちはよくわかります。

今回は「ホクロと脱毛」をテーマに、「ホクロに照射しても問題ないのか」、「そもそもほくろが多くても脱毛出来るのか」、といた疑問点を解消していきたいと思います。

ホクロが多く人も脱毛可能です

早速一番の核心である「ホクロが多くても脱毛出来るのか」という疑問について。

結論から言うと、ホクロが多くても脱毛サロンに通えるので安心してください。

脱毛部位に、ホクロがあったり、シミがあったり、傷跡があったりというのは、人間であればごく自然の事です。

脱毛サロンでは、「ホクロ」など照射できない部位には、保護シールなどを貼って光が当たらないように保護してから、光を当てていきます。

保護シールなどの対処は、スタッフがチェックしてやってくれますので、こちらで事前に何かする必要はありません。

保護の仕方は、サロンによって異なるので事前に確認しておくと安心です。

光脱毛でホクロが増える可能性について

ヤフー知恵袋や匿名掲示板を見ていると、脱毛に関するあらゆる不安が書き込まれていることに気づかされます。

その中で「脱毛サロンでの施術を繰り返すことでホクロが増えたりしないのか」という不安の声が目に留まりました。

「光脱毛の照射がホクロ化に影響を与えるか」ということを心配しているのだと思います。

ホクロが出来る原因は限られている

ほくろができる原因は、紫外線やホルモンバランスの変化、過度の摩擦や圧力によるものだと言われています。

脱毛エステの光は、紫外線ではありません。

また、光を当てることによってホルモンバランスが変化するということは考えられません。

それに、脱毛施術は摩擦や圧力を与えるものでもありません。

これらのことから、脱毛照射がホクロが増える原因に直接関係あるとは考えられません。

脱毛した部分にホクロっぽいのが出来たみたいに感じても、それが脱毛が原因ではないということです。

脱毛施術でホクロが消えることはありません

脱毛エステとほくろ「脱毛施術でホクロが消えることってあるの?」

こんな疑問を持っている人もいるかもしれませんが、脱毛施術でホクロが消えることはありません

「でも医療脱毛(レーザー脱毛)で、ほくろが消えたって口コミを見かけたよ!」って反応が返ってきそうですが、
脱毛サロンでも医療脱毛クリニックでも、脱毛施術でホクロが除去されることはありません。

何故かというと、どちらもほくろ部分は保護シールを貼って、光やレーザーが当たらないようにケアした後に施術を行うから。

ホクロに照射しないので、ホクロが消えるも消えないもありません。

ホクロを無くしたいのであれば、ホクロ除去を専門に行っている医療機関に相談しましょう。

ほくろに生えてる毛の脱毛施術について

次に「ほくろに毛が生えてるんだけど脱毛出来るの?」って疑問。

実はホクロから毛が生えてくることはそれほど珍しい話ではありません。

問題は「ホクロから生えてきた毛」の処理方法。

前述の通り、脱毛施術においては、ホクロ部分は保護することになるので、脱毛サロンでホクロ部分の毛の脱毛は出来ません。

ニードル脱毛ならホクロの毛の脱毛が可能?

医療脱毛の一つである「ニードル脱毛」がホクロの毛の脱毛に効果的という話を聞きます。

難しい言葉で「絶縁針脱毛(電気針脱毛)」とか言われたりします。

「電気」や「針」というイメージ通り、毛穴の一本一本に針を刺して電気を流していく。

電気によって毛根にある発毛に関与する細胞を破壊することで脱毛するんですね。

医療行為なので、「ニードル脱毛」は皮膚科、脱毛クリニックなどの医療機関で施術を受けることになります。

ただし、「ニードル脱毛」は痛みが大きい上に、料金がかなり高めなので、利用するにしても「ホクロから生えている毛のみの脱毛」に限定した方が良いと思います。

ほくろの毛は「切る」がベスト

ほくろのムダ毛処理ほとんどのホクロは良性なのですが、厄介なことに中には悪性のものもあります。

ほくろを刺激すると癌化してしまうことがあるそうなので、毛を抜くより出来るだけ近いところをカットする方が好ましいと個人的には思います。

毛穴があるところの場合はどうしても毛が生えてしまいますので、そうした場合は、「抜いたり」「剃ったり」するよりも、ハサミなどでカットするという方法が一般的です。

ほくろに毛が生えているといっても、1つか2つくらいでしょうから、それほど手間もかからないですよね。

無理やり毛抜きで抜くよりも、ハサミなどでカットする方が、ホクロにとっては優しい処理方法と言えます。