カミソリ負け
ムダ毛をカミソリ処理すると、カミソリ負けを起こして、肌が赤らんだり、痒みが出たり、ヒリヒリしたりすることがありませんか?

本当は、治るまではカミソリを使用したくないけど、ムダ毛はすぐに生えてくるし、そのままにもできないですよね。

ここでは、カミソリ負けを起こしてしまう原因や対処法などについてまとめましたので、今後のムダ毛処理の参考にしてください。

カミソリによるムダ毛処理

カミソリでのムダ毛処理は、安くて、とても簡単なので、日々のムダ毛処理に取り入れている方も多いと思います。

カミソリの良い点は、毛穴付近までムダ毛をカットできる点です。

ただ、毛はすぐに伸びてくるので、チクチク感がでたり、剃り跡が青く見えてしまったりします。そこで、綺麗な状態を維持するには、頻繁な処理が必要になってきます。

カミソリでムダ毛処理をしていると、次のような肌トラブルを起こすことはありませんか?

  • 剃った後、肌が痒くなる
  • 乾燥してカサカサになる
  • 赤くなる
  • 肌が荒れる
  • 埋没毛(埋もれ毛)になる
  • 炎症を起こす

カミソリ負けを起こすのは、もともと肌が弱かったり、生理中などで肌が敏感になっているときだったりが原因の場合もありますが、カミソリの使用の仕方にも問題がある場合があります。

カミソリ負けを起こす原因はお手入れの仕方に問題がある

カミソリでお手入れするとき、次のようなやり方をしている場合は、やり方を見直した方がよいでしょう。

カミソリはずっと同じものを使用している

カミソリ負け
使い古したカミソリを使用していると、雑菌が繁殖したり、サビが生えてしまったりします。

ムダ毛処理をお風呂場でするという人も多いのではないでしょうか。そのまま、風呂場に置いているという人はいませんか?

風呂場は、湿気が多いので、雑菌やサビの原因になります。

ムダ毛を処理していると肌を傷つけることがありますよね。古いカミソリを使用していると、傷口から雑菌が入って炎症を起こしてしまうことがあります。

また、さび付いたカミソリは、肌を傷つけます。切れ味が悪くなると、何度も同じ箇所を剃ったり、力を入れた剃ったりしがちになり、肌を痛めてしまいます。

カミソリを確認して、古くなっていたら、新しいものと交換しましょう。カミソリは安く手に入るので、こまめな交換をおすすめします。

剃るときに石鹸を使用している

カミソリで剃るときに、滑りをよくするため、石鹸を使う方も多いと思います。その際、体を洗う石鹸を使用していませんか?

何も使用しないのも、滑りが悪いのでよくありませんが、体用の石鹸は、体の汚れや皮脂汚れを落とすためのものです。

ですから、剃るときに使用すると、必要な肌の油分を奪ってしまい、乾燥を招きます。

また、めんどくさいからといって、体を洗った後の石鹸を活用してシェービングをするのもNGですよ。

汚れを含んだ泡で剃ると、カミソリでついた傷口に雑菌が入る原因にもなります。

カミソリでお手入れするときは、専用のものを使用しましょう。

シェービングフォームやシェービングジェルは、滑りをよくするとともに、保湿成分や炎症を抑える成分など、肌を守る成分が含まれているものが多いです。

ネットやドラッグストアで手に入ります。

力を入れて剃る・逆剃りをする・何度も剃る

深剃りしようと力を入れて剃ったり、毛の流れに逆らって剃ったり、何度も同じ箇所を剃ったり、良くないと分かっていても、やってしまう方、多いですよね。

カミソリでのお手入れのデメリットといえるチクチク感や剃り跡を軽減しようと、深剃りしようとする方もいると思いますが、どのやり方も、肌を傷つける原因となってしまいます。

深剃りをすると、肌の角質まで剃ってしまうことになるからです。

角質をとるためにピーリングする人もいるくらいだから、角質は不要じゃないの?って思う方もいるかもしれませんが、ピーリングの目的は、古い角質を除去することです。

肌のバリア機能をもった必要な角質もあります。そうした角質までそぎ落としてしまうと、肌が赤くなってしまったり、ニキビができたり、乾燥してかゆみがでたりしてしまうことがあるのです。

深剃りは、肌を傷つけることがあります。毛穴近くの肌が傷つくと、傷を治そうとかさぶたができますが、かさぶたによって毛穴が閉じられてしまうと、伸びてきたムダ毛が外に出れず、埋もれ毛となってしまうこともあります。

カミソリ負けの薬はオロナインが効くの?

カミソリ負けの薬
カミソリ負けを起こしてしまったら、どんな薬が効くのか?

カミソリ負けにはオロナインを使用する方も多いようですね。私も、カミソリ負けして傷っぽくなってしまったときは、オロナインを薄く伸ばして使用します。

家にあるオロナインH軟膏の効能・効果をみてみると、”にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも”となっていました。

かゆみについては、書いてありませんでした。

オロナインは、カミソリによる切り傷や擦り傷には使えそうですが、痒みや赤みその他の炎症を抑えてくれるかは不明です。

切り傷につかえる市販の薬は、他にもありそうですね。

私の場合ですが、カミソリ処理後、赤みがあるときは冷やして、乾燥して痒みが出ている場合は、保湿ケアをしています。今のところ、そうした対処法で治まっています。

市販の薬は、使用できない部位もありますから、説明書に従って使用してください。市販の薬を使用しても治らないとき、逆に悪化してしまったときは、カミソリ負けでないこともあります。

また、カミソリ負けがひどいときや、長く炎症が続いている場合などは、早めに皮膚科を受診しましょう。

痕が残りそうな炎症や肌荒れは、自己判断せずに早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

肌にあまり負担をかけずにカミソリでムダ毛を処理する方法

カミソリ負けを頻繁に起こすいう方は、今までのやり方を見直してみてはいかがでしょうか。

カミソリで処理するときは、次のようなことに気を付けて行いましょう。
カミソリでの自己処理

  • カミソリは定期的に交換する
  • 剃る前に、お手入れ部分を綺麗にしておく
  • 体やムダ毛を温めておく
  • 専用のシェービングフォームやジェルを使用する
  • ムダ毛を剃るときは毛の流れに沿って行う
  • お手入れ後は、肌を冷やして保湿ケアを行う

カミソリは、時々、汚れていないか、サビていないかをチェックして綺麗なものを使用しましょう。

使用後は、よく洗って、乾燥させて保管しておくことも必要です。

シェービング中に、雑菌が入らないためにも、シェービングしたい部位は、まず汚れをきれいに落としておきましょう。

また、シェービング後に、体を洗うと、石鹸で油分を落としてしまい乾燥を招きます。

シェービングは、体を洗った後が良いでしょう。

カミソリで剃る前に、蒸しタオルなどで体やムダ毛を温めておくと、毛が柔らかくなり処理がしやすいです。

シェービングフォームやジェルはとても便利です。滑りが良くなり、綺麗にシェービングできますし、炎症を抑えたり、肌を保護したりする成分で、肌を守りながらムダ毛処理ができます。

ムダ毛を剃るときは、毛の流れに沿って剃ります。逆剃りするより、あまり綺麗にならないかもしれませんが、シェービングフォームなどを活用すれば、剃りやすくなります。

お手入れ後は、肌荒れを起こしやすくなっているので、冷やして炎症を抑え、保湿クリームなどで保湿します。冷やすことで赤みが抑えられたり、保湿することで、かゆみが軽減されたりします。

カミソリによる頻繁なムダ毛のお手入れを避ける方法

カミソリは、肌に負担をかけやすいムダ毛の処理方法です。シェービングするなら、電気シェーバーの方が、カミソリより肌に負担が少ないです。

電気シェーバーは、肌を傷つけないように安全ガードがついているなど配慮されていたりするので、カミソリよりおすすめです。

とはいえ、前述したような、肌にあまり負担をかけずにカミソリでお手入れする方法も、電気シェーバーも、深剃りすることができず、チクチク感が残ったり、剃り跡が残ったりと仕上がりに満足がいかなかったり、すぐに伸びてきて頻繁なムダ毛のお手入れが必要になったりしますよね。

それほど処理が必要ない部位には、それでよいと思いますが、足や腕、ワキなど、よく露出する頻繁なお手入れが必要な部位には向きません。
ワキ脱毛
そうした部位には、脱毛エステがおすすめです。

脱毛エステでは、医療脱毛のように、永久脱毛はできませんが、料金的にもそれほど高くないですし、痛みも少ないお手入れ法です。

脱毛エステのお手入れ法は、光脱毛という方法が主流で、この方法だと、ムダ毛に反応する光を当てて、熱エネルギーで処理していきます。

お手入れ後は、2週間後くらいに、反応があったムダ毛が抜け落ちるので、見た目にもシェービングより綺麗です。

1・2回くらいでは、それほど満足できないかもしれませんが、回数を重ねていくと、ムダ毛が目立たなくなっていき、6回くらいで、自己処理が楽になっていきます。

頻繁な自己処理を行う必要がなくなれば、肌への負担も軽減することができます。

全身脱毛となると脱毛エステは高額になってしまいますが、部位脱毛の場合は、それほど高額ではありません。

とくに、ワキの脱毛は、とてもお安くお手入れができます。ワキをカミソリで処理しているという方は、脱毛エステのお得なプランを活用されることをおすすめします。

ワキ脱毛でおすすめのミュゼ

ミュゼ

ミュゼのワキ脱毛は、どこのサロンよりもお得です。
ワキ脱毛(美容脱毛完了コース)の場合、通常料金3,600円(税込)で、何度でもいつまでもお手入れができます。(回数無制限・期間無制限)
ワキ+Vライン(美容脱毛完了コース)は、さらにお得で、通常料金2,400円(税抜)です。

初めて脱毛エステを受ける場合、どれくらいの回数が必要なのか、通っても満足できず何度も通わないといけないのかといったことが不安になる方もいると思いますが、このコースの場合は、回数で金額が高額になる心配をしなくて良いのがメリットです。

ミュゼは、通常料金がキャンペーンで割安になることもあります。最新のキャンペーンや申し込みについては、下記公式サイトから確認できます。

脱毛サロンでは、契約前に無料カウンセリングを実施しています。ミュゼは勧誘を行わないサロンなので、契約せず話を聞くだけもOKです。気軽に利用してみましょう。

ワキの間違った自己処理を続けていると、色素沈着を起こして黒ずみになってしまうこともあります。カミソリ負けなどに悩まされているなら、脱毛エステのこうしたお得なプランを利用してみるのもおすすめです。