パイナップル豆乳ローション

パイナップル豆乳ローションは、ムダ毛処理後のお肌を整えるローションで、いろいろなメーカーが販売していますが、知名度が高いのは鈴木ハーブ研究所が出している商品です。

脱毛サロンほどの目に見えた脱毛効果が期待されるわけではありませんが、ムダ毛がそこまで気にならない方は、自己処理とこちらのパイナップル豆乳ローションで肌を整えるという方法も良いでしょう。

ここでは、鈴木ハーブ研究所の「パイナップル豆乳ローション」が気になってる方のために、「パイナップル豆乳ローション」の特徴やメリットについてまとめてみました。

パイナップル豆乳ローションの特徴

パイナップル豆乳ローションは、ムダ毛処理後の肌のお手入れやムダ毛ケアができるローションです。

ムダ毛を処理をすると、肌が乾燥してカサカサになったり荒れたりすることがありますよね。パイナップル豆乳ローションを使用することで乾燥した肌や荒れた肌をケアし、ツルスベ肌に導く効果が期待できます。

鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションの内容量や値段、成分は次の通りです。

商品価格:2,700円(税込)
内容量:100ml(両腕ひじ下使用で約1ヶ月)
全成分:水、エタノール、ダイズ種子エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、豆乳発酵液、イリス根エキス、テトラヒドロピペリン、パイナップル果実エキス、ザクロ果皮エキス、パパイン、カルボマー、アルギン酸Na、BG、メチルパラベン

パイナップル豆乳ローションには、大豆エキスやアイリスエキスといった植物性イソフラボンが使用されていて、ムダ毛ケア(ムダ毛処理後の肌のケア)ができます。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きを持っているということを聞いたことがある方は多いかと思います。

また、肌をケアするため、パイナップルエキスやパパイン酵素、ザクロエキス、マンダリンオレンジ果皮エキスなどが配合されています。

パイナップルエキスやパパイン酵素は、角質ケアや肌を軟らかくする、ザクロエキスはハリ・ツヤを与える、マンダリンオレンジ果皮エキスは、キメを整えるといった役割があるようです。

成分の中に、エタノールが使用されていますが、エタノールは余分な皮脂を取り除き、黒胡椒由来のコスモぺリンは成分を浸透を助ける役割をしています。

パイナップル豆乳ローションの使い方

パイナップル豆乳ローションは、毎日1回、ムダ毛処理後やお風呂上りなど、肌が綺麗な状態の時に使用します。顔への使用もできます。

1回の使用量は100円玉大。例えば、両ワキの場合は、2つ分。両腕ひじ下の場合は、4つ分。
2~3回重ね塗りすると、より効果を実感できるそうです。

1本の内容量が100mlとなっています。1ヵ月の使用量の目安は、”両腕ひじ下使用で約1ヶ月”となっています。

他の部位に使用した場合の目安(1日1回、1ヶ月使用した場合の目安)は、次の通りです。

  • 顔:0.5本
  • 両ワキ:0.5本
  • 両ひじ上:1本
  • 両ひざ下:1.5本
  • 両ひざ上:2本

パイナップル豆乳ローションの口コミや効果は?

パイナップル豆乳ローションの使い心地はどうなのでしょうか。
豆乳ローションの評価
ローションという商品名なので、とろみ感があるテクスチャーなのかなと思いがちですが、水のようにサラッとして、さっぱりとしたつけ心地でベタつきません。

ムダ毛処理後は、肌が荒れがちで、乾燥してカサカサになってしまうという方もいると思いますが、パイナップル豆乳ローションを使用することで、肌がすべすべになったという方もいます。

香りについてはそれほどしないので、気にならないという意見が多いです。

総合的に見て使用感については、割と高評価の方が多いようです。

ムダ毛への効果については、抑毛や減毛の効果は実感がないという意見が多いですが、中にはムダ毛の成長が遅くなった気がする、毛が薄くなった気がするといった意見もあるようです。

使用感は良いものの、値段が高くて続けられないといった意見もあります。

パイナップル豆乳ローションのコストパフォーマンスは?

パイナップル豆乳ローションは1本100mlで2,700円(税込)です。

例えば、脚全体に使用したい場合は、両ひざ下は1.5本、両ひざ上は2本が1ヶ月の使用目安ですから、毎日1回使用するなら、1ヶ月に3.5本も使用することになりますね。
パイナップル豆乳ローションのコスパ
脚だけでなく、ワキやひじなどにも使用したい場合は、もっと消費してしまいます。

毎日使用するには高額と感じる方も多いでしょう。毎日は使用せず、ムダ毛処理のアフターケアに使用するというのであれば、消費量も抑えられますからちょうど良いでしょう。

パイナップル豆乳ローションで抑毛や減毛はできるの?

化粧水で、簡単にムダ毛の抑毛や減毛ができたら、とっても嬉しいのですが、そもそもパイナップル豆乳ローションに抑毛や減毛効果はあるのでしょうか?
パイナップル豆乳ローションで抑毛はできるのか?
パイナップル豆乳ローションは、ムダ毛処理後のケアに使用できるローションとして紹介されています。

また、”ムダ毛対策(ムダ毛ケア)とは、ムダ毛処理後の肌を整え、お手入れを楽にするということです。”(引用:鈴木ハーブ研究所公式サイトより)とい説明されています。

商品説明に抑毛や減毛効果があるとは書かれていません。

口コミを見ていると、パイナップル豆乳ローションに抑毛や減毛効果を期待して購入している人がいるように感じるのですが、そうした効果があると思っている人はいませんか?

実は、私もそういうことを目的としたローションだと思っていました。(といっても、それほど効果には期待してませんでしたが。)

パイナップル豆乳ローションには、抑毛や減毛の効果があるわけではないので、そうした効果を期待して購入すると、期待外れで高い買い物だったということになりかねません。

購入を考えるなら、ムダ毛処理後の肌のお手入れに使用できるローションという位置づけで考えた方が良いでしょう。

肌への使用感の評価は、割と良いので、ローションが肌に合えば、荒れがちなムダ毛処理後の肌のお手入れにはちょうど良い化粧水ですね。

抑毛や減毛、もしくは、脱毛がしたいなら、別の方法を考えた方が良いでしょう。

パイナップル豆乳ローションよりもおすすめの脱毛方法

ムダ毛のお手入れ
ムダ毛のお手入れをしたいなら、脱毛エステがおすすめです。

脱毛エステは、料金が高いというイメージを持っている方が多いようですが、かならずしもそうではありません。

例えば、ワキの脱毛なら、パイナップル豆乳ローションとあまり変わらない金額、むしろ、それより安い金額で、ムダ毛のお手入れができます。

パイナップル豆乳ローションは、抑毛や減毛効果が見込めるわけではありませんし、脱毛はできません。継続して使用し続けるなら、料金も高くなってしまいます。

脱毛エステでは、ムダ毛に反応する光を当てて、ムダ毛を処理していきます。反応があったムダ毛は、2週間後くらいに抜け落ちます。

回数を重ねることで、自己処理が楽になっていくというものです。

ワキ脱毛がお得なミュゼプラチナム

ワキ脱毛が安いことで有名なミュゼを取り上げてみたいと思います。

ミュゼ

ミュゼのワキ脱毛のコース(美容脱毛完了コース)は、回数無制限(何度でもOK)・期間無制限(いつまでもOK)で、通常料金が、3,600(税込)です。

この回数無制限・期間無制限の美容脱毛完了コースは、他にVラインのみのお手入れ、ワキ+Vラインのお手入れといったコースがあります。ワキ+Vラインのお手入れの場合は、通常料金は2,400円(税抜)です。(コース料金は、いずれも2017年1月調査時点のものです。)

また、キャンペーンを利用するともっとお得な料金でお手入れできることがあります。(キャンペーンは時期により異なります。)

ミュゼは、他にも部位脱毛や全身脱毛のコースがあります。通常料金だと料金は高めですが、キャンペーンを利用することで割引になることもあります。

キャンペーンの最新情報やお申込みは、下記公式サイトから確認できます。

パイナップル豆乳ローション

ミュゼのワキ脱毛の美容脱毛完了コースとパイナップル豆乳ローションと比較するなら、ローション2本(1日1回両ワキ4ヶ月分使用した場合の目安量)より安い料金で、ワキのムダ毛のお手入れが何度でもできます。

そもそも、期待する効果が違うので比較するべきではないのかもしれませんが、パイナップル豆乳ローションに抑毛や減毛効果を期待していたという方は、脱毛エステを検討されてみてはいかがでしょうか。

それほどムダ毛が気にならない方は、自己処理+パイナップル豆乳ローションで肌を整えるという方法も良いでしょう。