ワキの青い剃り跡
気になるムダ毛のお手入れはどんな方法でしていますか?

一番手軽にできる方法といえば、カミソリやシェーバーによるお手入れですよね。

簡単で手軽な方法ですが、剃るという方法の場合、処理後、青く剃り跡が残ってしまったり、肌ざわりがチクチク感じたり、すぐに伸びてきて、頻繁な処理が必要だったりと、デメリットも多いです。

カミソリでの処理は、肌の際までそれることがメリットですが、同時に、肌も傷つけていることがあるので、繰り返しお手入れを繰り返していると、肌荒れや乾燥を招くことがあります。

そこで、もっと気軽に綺麗にお手入れすることはできないかと、家庭用脱毛器を検討される方もいるのではないでしょうか。

中でも、ソイエは、家電製品として有名なパナソニックが販売している家庭用脱毛器で、ネットや家電量販店などでも手軽に手に入れることができ、値段もそれほど高くないので購入を考えている方も多いかと思います。

ここでは、家庭用脱毛器ソイエについて、特徴や口コミ、実際使用してみた個人的な感想なども交えながらまとめています。良かったら参考にしてください。

家庭用脱毛器ソイエの特徴

ソイエの特徴
ソイエには、いくつか種類あり、値段も機能によって若干異なります。機能は、脱毛器のみのもの、脱毛器と除毛器と角質ケアの機能が付いたもの、泡脱毛ができるものといった違いがあります。

金額は、店舗などによっても違いますが、だいたい6,000~12,000円くらいです。光脱毛などの家庭用脱毛器は、高いもので7万くらいするものもありますから、それと比べると、とても安い値段で手に入る脱毛器だと思います。

ソイエは、毛を挟んで抜いていく脱毛器で、毛抜きで一本一本抜くよりは、複数本同時に処理できるので便利です。

家庭用脱毛器には、光やレーザーを用いて、熱エネルギーで処理していくものもありますが、ソイエにはそういった機能はなく、抑毛、減毛といった効果は期待できません。単純に、ムダ毛を抜いていく脱毛器です。

充電式なのでコードレスで使用でき、軽いので使用しやすさがあります。また、水洗いができものもあります。

使用できる箇所は、ウデ、アシ、ワキ、ビキニラインです。

パナソニックソイエの口コミと使用感

カミソリやシェーバーなどの除毛という方法で処理していて、仕上がりに不満があった方は、初めて使用する脱毛器としては、仕上がりに満足感を得ることができるでしょう。

ただ、抜いていく方法なので、痛みを強く感じる方もいて、我慢できずに継続できなくなる人もいます。痛みを感じにくい人は、評価い傾向があります。

脱毛器ソイエのメリット

ソイエのメリット
除毛という方法では、剃り跡やチクチク感が出てしまいますが、ソイエは、毛を引き抜いていくので、チクチク感がなく剃り跡も残らないのがメリットです。

また、剃った場合は、すぐにムダ毛が伸びてきますが、根元から抜くので、しばらくは自己処理しなくてよいのもうれしいです。

脱毛エステと比べると、エステの場合は、お手入れの2週間後くらいにムダ毛が抜けるので、それまでは、若干見た目の悪さがありますが、ソイエは、使用時に抜けるので、ツルツルの仕上がりで、翌日に肌を露出するときなどに便利だと思います。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の家庭用脱毛器に比べると、購入価格が安く、あまり費用をかけたくない人に向いています。

脱毛器ソイエのデメリット

ソイエのデメリット
毛を引き抜くので、痛みが強く感じることがあります。しかも、数本引き抜いていくので、人によってはかなり痛く感じるでしょう。

実際に使用してみた感想としては、毛を引き抜くので、やはり痛いです。ワキの脱毛の痛みには我慢できましたが、足の太ももやヒザあたりが非常に痛く、かなり我慢しながら使用していました。太ももは痛すぎるので、あまり使用しなかったです。

よくよく商品説明を読んでみると、太ももやひざなど皮膚のたるみやすい部位への使用はしないで下さいと書いてありました。アシといっても使用範囲は、結構限られているようです。

痛みには慣れていく方もいるようですが、個人的には無理でした。

無理やり引き抜くせいか、部位によっては、使用後、毛穴部分が赤いポツポツになることがあります。抜けない毛もあるため、結局仕上げにカミソリを使用していました。

泡脱毛の方が、若干痛みが軽くなった気がします。おそらく泡脱毛の場合は、入浴時に使用していたので、体温が上がって毛穴が開いていたので、抜けやすかったのかもしれません。

出血することがあります。無理やり引き抜いたときに肌が傷つくせいか、傷痕がになってしまうことがあり、ツルツル感を味わいたかったけど、それほど頻繁に使用するのは躊躇してしまいました。

毛を引き抜く方法なので、引き抜いたときに毛穴を傷つけ、埋没毛になりやすいです。繰り返しの処理で、肌が汚くなることがありました。

使用してみた感想としては、剃るよりも毛を引き抜くという脱毛器のツルツル感は魅力的でしたが、繰り返しお手入れすることを考えると、光脱毛の方が、綺麗にムダ毛のお手入れができるのではないかと思います。

ソイエの場合、脱毛箇所が限られているのもデメリットです。限定的な部位に使用したいのであれば良いのかもしれませんが、顔の脱毛、うなじや背中などの体の背面、IOラインなどを考えているなら、別の方法も取り入れてみても良いかもしれません。

広範囲を脱毛したいならソイエより脱毛エステ

ソイエは、脱毛範囲が限られるので、お手入れできない部位がでてきます。また、繰り返しお手入れすることにより、肌を痛めてしまうこともあります。

脱毛エステの良い点は、お手入れを重ねるうちに、自己処理が楽になっていくということです。

脱毛エステは、料金が高いイメージがありますが、お得なサロンもあります。ここでは、全身脱毛の料金が他のサロンと比較して低料金なサロンを列挙してみました。

全身脱毛でおすすめのサロン2選

キレイモ

キレイモは全身脱毛サロンです。全身脱毛サロンの中には、顔の料金が別というところもありますが、キレイモは、顔を含む全身脱毛プランになっていて、しかも料金が比較的低料金です。
家庭用脱毛器ではできない全身の脱毛、顔の脱毛ができるのが魅力です。
支払方法が月額制と一括払いのパックプランがあります。

脱毛ラボ

脱毛ラボは、全身脱毛、選べる部分脱毛24ヶ所、選べる部分脱毛12ヶ所、1部位から脱毛できる1回単発脱毛プランなどがあり、メニューが豊富です。
いずれも、他サロンと比較して低料金なので安く脱毛エステを受けたい人におすすめです。
支払方法が月額制と一括払いのパックプランがあります。

部位脱毛でおすすめのサロン2選

ミュゼ

ワキとVラインの脱毛を考えているのならソイエよりも脱毛エステのミュゼの方がお得感があります。
毛を引き抜いていく脱毛器が使用したいという方は別ですが、脱毛エステが高いからということで、ソイエの購入を考えているならミュゼがおすすめです。
ミュゼのワキやVラインの美容脱毛完了コースは、ソイエの購入価格と同じくらい、もしくは、それよりも安い料金で脱毛エステを受けることができます。
しかも、回数無制限・期間無制限です。ワキやVラインの脱毛なら、ミュゼを検討してみてはいかがですか。

エピレ

エピレは、総合エステティックサロンTBCがプロデュースしたサロンで部位脱毛がお得です。
エピレやTBCが初めての方限定のファーストプランは、部位脱毛がとてもお安く受けれるプランです。
ソイエではできない部位の脱毛を考えている方におすすめです。

個人的には、脱毛なら、引き抜く方法より脱毛エステの方が、長期的に見て肌には良いと思いますが、ソイエは、家庭用脱毛器のなかでは、それほど高額というわけではありませんし、毛を抜いた後の肌触りは良いので、そうしたメリットを求める方は試してみるのも良いかもしれないです。

毛を引き抜くという脱毛法は、無理やり引き抜くことにより毛穴を傷つけ、埋没毛になったり、そこにバイ菌が入って炎症を起こすこともあるため、アフターケアや使用上の注意をよく読んで使用されることをおすすめします。