脱毛エステのはしご
最近、女性の脱毛方法の中でも人気の脱毛エステ。1つのサロンにとどまらず、いろいろなサロンを利用している人もいますよね。

脱毛エステを掛け持ちしたり、はしごしたりすることはできるのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、掛け持ちやはしごは可能ですし、実際にやっている人も多くいます。

ここでは、脱毛サロンを掛け持ちしたり、はしごしたりする場合のメリット・デメリットや注意点などについてまとめました。

脱毛サロンをはしごするメリット

脱毛サロン掛け持ちのメリット
脱毛サロンのハシゴは、通うサロンをばらけさせることになるため、多少のめんどくささはついて回ります。

それでも、複数サロンを掛け持ちする人がいるのは、それを上回るメリットが得られるからです。

脱毛サロンをハシゴするメリットですが、主に

  • 複数の脱毛サロンを体感でき比較することができる
  • 各サロンを「いいとこ取り」でき、お得に多くの部位を脱毛できる

この2つのポイントに集約されると思っています。

以下、詳しく解説します。

複数の脱毛サロンを実体験し比較できる

脱毛サロンは、それぞれに「施術方法」や「脱毛料金」はもちろんの事、「接客」、「店舗の雰囲気」、「通いやすさ(予約の取りやすさ)」も全く異なってきます。

同じサロン同士でも店舗間で微妙に異なるので、サロンが異なれば、より大きな差として感じるのは、当然と言えば当然のこと。

例えば、施術方法だと「冷却ジェルの使用の有無」や「照射後のお手入れの方法」や「お手入れ前の剃毛ルール」などに違いがありますよね。

予約システムも実際使ってみないと、どのサロンの予約システムが使いやすいのか、わかりません。

料金はもちろんのこと、スタッフの接客の仕方や店舗の雰囲気、施術室なども違うので、「自分の好みに合っているサロンはどこなのか」を実体験を通して知ることができます。

各キャンペーンの複数利用で、お得に脱毛できる

「各脱毛サロンのキャンペーンをいいとこどり」することで、結果としてコスパよく複数部位脱毛したい。

それが、脱毛サロンをハシゴする人の多くが期待する一番のメリットだと思います。

部分脱毛のキャンペーンは、各サロンで安くなる部位が違ってきますので、「複数部位脱毛のコスパを最大化」できる可能性があります。

  • 「ワキ脱毛」と「Vライン脱毛」は「ミュゼ」の通い放題プラン!
  • 「ヒザ下」「ヒジ下」の脱毛は、エピレのファーストプラン!

という具合に、各サロンのおいしいところだけ、つまみ食いできるのです。

脱毛サロンをはしごする際の注意点とデメリット

ここまで「脱毛サロンを二刀流」することのお得なポイントのみをお話ししました。

ですが、脱毛サロンのハシゴにも「デメリット面」や「注意しなければならない点」も残念ながらあります。

どの脱毛サロンもお得なキャンペーンは初回のみ

脱毛サロンはしごのデメリット
各サロンでは、脱毛エステを受ける前に無料カウンセリングを実施しています。

無料カウンセリングでは、氏名や住所といった基本情報や脱毛の自己処理方法、脱毛エステの経験の有無、薬の服用や持病がないかっといったことを聞かれたり、そのサロンの脱毛方法や料金プランの説明があったりします。

カウンセリングには、約1時間ほどかかりますので、初回は時間をとられるというデメリットがあります。

ただ、無料カウンセリングはサロンを詳しく知る良い機会と考えることもできますね。

脱毛サロンを掛け持ちする場合は、そうした手間がかかったり、料金や通い方について計画をたてたりといったことが必要です。

本当に掛け持ちしたほうがお得なのかといったことも考えておいた方が良いでしょう。

同じサロンの場合は、1回で複数の部位を施術できますが、別々のサロンに行くと、その分、交通費や予約の手間もかかります。

また、各サロンのキャンペーンは初回限定となっていることがほとんどなので、その辺の注意も必要ですね。

ご存知の方もいるとは思いますが、脱毛サロンのエピレは、TBCがプロデュースしたサロンです。エピレとTBCのキャンペーンは、「TBC・エピレがはじめての方限定」となっていることがほとんどですので気を付けてくださいね。

全身脱毛サロンでよくある初月無料といったキャンペーンは、契約が前提となっていることもあるので、よく確認しましょう。

脱毛部位の重複に気を付ける

脱毛サロンの掛け持ちで注意したいことは、効果や肌への負担を考えて、同じ時期に同じ部位の脱毛をしないということです。

ムダ毛は、毛周期というものがあり、生えて抜けてを繰り返しています。

光脱毛の脱毛エステでは、今生えて見えている毛(成長期の毛)に対して光を当てていきます。まだ、生えていない毛には、効果がありません。

そのため、一般的に、毛周期を考えて2~3ヶ月に1回脱毛エステに通うといったサロンが多いです。効果の面からも効率が良いからです。

そうしたサロンを利用する場合、脱毛を早く終わらせたいからといって、期間をあまり開けずに通ったとしても、効果は期待できず、効率が悪くなってしまいます。

また、光脱毛の脱毛エステは、メラニン色素(黒色)に反応する特殊な光を当てて、熱エネルギーでムダ毛をお手入れしていく方法です。

脱毛エステを受ける際は、保湿をしたり、冷却をしたりするのは、肌トラブルを防ぐためでもあります。

脱毛エステを受けた箇所は、肌がダメージを受けた状態ですから回復するまで、ある程度の期間をかけて休ませてあげる必要があるでしょう。

各脱毛サロンで、何ヶ月空けないといけないということが、決められていますから、その辺も考慮して受けるようにしましょう。

以上のような理由から、同じ時期に同じ部位(その周辺の部位も含む)の脱毛を複数サロンで受けることは、避けるようにしましょう。

脱毛できる有効期限に注意!

脱毛サロンはしご注意点
脱毛エステのコースによっては、保証期間などといって、選択した脱毛回数を消化できる有効期限が決まっているサロンもあります

掛け持ちしたものの、有効期限が迫ってしまって、間隔が開けられないというようなことがないようにも注意が必要です。

脱毛サロンをはしごする目的を明確にする

ここまで脱毛サロンをハシゴすることによるメリットについて書いてきましたが、目的も持たずに複数サロンを掛け持ちしても、何のお得感も感じない結末になる可能性もありえます。

部位脱毛がお得なコースは、脱毛回数が限定されている場合が多いため、最初の期待値が高すぎると「安かったけど思ったほど効果を実感できなかったな」と、不満に感じる人もいると思います。

また掛け持ちやはしごは、思ったより手間をとられることになりますから、続けられるように最初に目的をはっきりさせておきましょう。

・いろいろな脱毛サロンを体験して自分に合うか見極めたい
・複数の部位を可能な限り安く脱毛したい

どのような目的でもいいですが、ハシゴ前に「通い方のパターン」をイメージしておくと良いです。
その場合、通い方のパターンとしては、主に2つあります。

異なる部位を掛け持ちするパターン

同じ部位を違うサロンに通って掛け持ちするという方法もありますが、同時期に同じ部位を別のサロンに通うことは、前述したように、効果の面や肌への負担からおすすめできません。

同じ時期に通って掛け持ちするなら、異なる部位を異なるサロンで受けるという方法があります。

キャンペーンをうまく活用すれば、料金がお得になります。

例えば、ワキ脱毛とVIO脱毛がしたい場合、ワキ脱毛キャンペーンをしているサロンと、VIO脱毛が安くなるキャンペーンをしているサロンを掛け持ちするというような方法です。

ワキ脱毛が安くてもVIO脱毛は通常料金で高いというような場合は、別のサロンのキャンペーンを探してみましょう。

キャンペーン利用後、別のサロンのキャンペーンをはしごするパターン

前述したサロンを掛け持ちするより、こちらの方が無理なく通えます。

脱毛サロンのキャンペーンでは、部分脱毛2回いくらとか、4回いくらというように、回数が少なく限定されていることが多いですよね。

サロン側からすると、初めて利用する方向けに、今後も利用してほしいというお試し価格で安くしているわけなのです。ですが、利用者側からすると効果が物足りなかったりします。

同じサロンで継続するなら、通常価格で回数を追加することになりますが、キャンペーンだけを受けて、他のサロンへはしごすれば、お得になることもあります。同じ部位でお得なキャンペーンをしているサロンを探せばよいのです。

脱毛エステキャンペーンの活用
例えば、あるサロンのワキ脱毛4回というキャンペーンを利用して、それが終わったら、別のサロンの部分脱毛2回というキャンペーンを利用すれば、6回ともキャンペーン価格でお得に脱毛エステが受けれます。

それ以上したければ、また別のサロンを探してもいいですし、どちらか気にいったサロンの通常料金で受けるという方法もあります。

複数のサロンを経験した分、良いサロンの見極めも楽ですね。

脱毛サロンのハシゴ中に勧誘されても気にしない

脱毛エステを掛け持ちやはしごしてお得に利用するために、キャンペーンのみを利用するという方も多いと思いますが、脱毛エステの利用には、無料カウンセリングがつきものです。

その際に、勧誘がないかといったことも気になる点かと思います。

昔は、脱毛エステの勧誘というとしつこくて断りづらいイメージがありましたが、最近のサロンは、勧誘しないと宣言しているサロンがほとんどです。ですから、強引な勧誘を受けることは、ほぼないでしょう。

もしあるとしたら、おすすめのプランなどの紹介だったり、キャンペーンはお試し価格的な位置づけをしているサロンが多いですから、キャンペーン後にコースを継続しないかといったことを聞かれたりするということはあるかもしれませんね。

脱毛サロンの勧誘
すぐに断っても良いのですが、気持ち的に利用しづらくなる人も多いと思います。

その際は、キャンペーンを利用してみてから考えますというように、とりあえず答えておいて、継続しない場合は、利用後に断りましょう。

はしご(掛け持ちに)におすすめな脱毛サロン

  1. ミュゼ

    ミュゼ

    ミュゼの最大の特長は「ワキ」「Vライン」の人気部位脱毛が他社サロンと比べ格段に安いところ。

    毎月キャンペーン内容が変わるものの、なんと「ワキ」+「Vライン」の通い放題プランを100円で受けることができます!(Mカード【年会費無料のクレジットカード】の入会が条件)

    まずは「ワキ」と「Vライン」がどの程度ツルツルになるのかを試した上で、他の脱毛サロンと掛け持ちするか、ミュゼでその他の部位を追加で脱毛するか決めると良いでしょう。

  2. エピレ

    エピレ

    エピレの「ファーストプラン」を利用することで、部位脱毛をお得な料金で受けることができます。

    「ファーストプラン」では
    ・「19部位から選べる2か所脱毛プラン・・・980円」
    ・「両ワキ脱毛6回プラン・・・500円」
    ・「両ワキ+Vライン脱毛6回プラン・・・700円」
    ・「VIO・5脱毛2回プラン・・・6000円」
    ・「フェイス・5脱毛2回プラン・・・6000円」
    の中からいずれか1つを選ぶことができます。

    エピレの「ファーストプラン」でお得に部位脱毛しながら、他の脱もサロンがお得な部位脱毛キャンペーンをやっていれば、そちらと掛け持ちしてもいいでしょう。

    エピレの「ファーストプラン」は回数制限こそあるものの、お得な料金で部位脱毛を体験できるという点では、ハシゴに欠かせないサロンの1つだと言えます。

  3. ジェイエステ

    ジェイエステ

    ジェイエステも、初めての方1回限り限定でお得なコースが用意されています。

    ・両ワキ×12回+希望の3部位×1回・・・300円
    ・あしまるっと脱毛(ひざ上・ひざ下・ひざ・足の甲指)の4か所×2回・・・2000円
    ・デリケート5プラン(デリケートゾーン5パーツ)×2回・・・2000円
    ・フェイス6プラン(顔の6パーツ)×2回・・・2000円

    ジェイエステがはじめての人は、この中から1つだけ選んで受けることが可能です。

    「ワキ脱毛」を安く体験できるサロンは、ミュゼを筆頭に他にもありますが、足やデリケートゾーンやフェイスラインの脱毛を破格の値段で体感できるサロンはなかなかありません。

    部位脱毛に興味がある方は、ジェイエステも選択肢の1つに入れておくと良いでしょう。

多くのサロンをお得に体験できるのがハシゴ最大のメリット

脱毛サロンに通う人が年々増えていることから、店舗数を増やしているサロンが多く見られるとともに、新規の利用者獲得のために、破格のキャンペーンを打ち出すサロンも増えてきました。

ほとんどの脱毛サロンが毎月何らかのキャンペーンを実施していますので、うまく活用してお得に脱毛サロンを体験しましょう。

脱毛サロンのハシゴもそうですが、一番大事なのは「自分のニーズに一番応えてくれる脱毛サービスをお得に受けること」ですので、いま一度、こちらの「脱毛サロンの選び方」を解説したページに目を通してもらえたらと思います。