キレイモと銀座カラーを徹底比較!銀座カラーとキレイモ。

どちらも言わずと知れた大人気の脱毛サロンで、現在銀座カラーが52店舗、キレイモが62店舗全国展開しています。

両者はサービス形態が似通っていることから共通点も多いのですが、その一方で最もお得感を感じるサービスが銀座カラーとキレイモとで異なっていたりします。

つまり、それぞれのサロンの特長をより理解し、どちらが自分の脱毛ニーズをよりお得に満たしてくれるサロンなのかを見極めることが何よりも大事になってきます。

銀座カラーとキレイモの共通点

まずは、銀座カラーとキレイモの共通点から。

どちらも、全身脱毛がお得な脱毛サロンになります。

キレイモは全身脱毛サロンなので、部位脱毛はありません。

一方の、銀座カラーは、部位脱毛(両ワキ、両ひざ下、両ひじ下、顔セット、腕全セット、足全セット、VIOセット)は用意されているものの、全身脱毛コースほどのお得感は感じません。

どちらも通い放題の全身脱毛プランが安い

あくまで料金だけを比較した場合、単一部位脱毛、複数部位脱毛だと、銀座カラーよりも安い脱毛サロンがあるということです。

つまり、最初から全身脱毛を考えている人が2者択一で悩むのが、この「銀座カラー」と「キレイモ」ということになります。

中でも、どちらも通い放題の全身脱毛プランがあることが、一番のポイントです。

銀座カラーとキレイモの相違点

お得に全身脱毛したい人は「銀座カラー」か「キレイモ」のどちらかを選ぶことになると思います。

でも、どちらを選んでもいいというわけではありません。

最初にお話しした通り、お得感を感じるサービスがそれぞれで異なるため、自分の脱毛ニーズをより安く満たしてくれる方を選ぶ必要があります。

キレイモは顔脱毛を含めた全身脱毛が安い

  1. キレイモ

    キレイモ

    「最高のコスパで全身脱毛したい!顔から足の爪先まで徹底的に!」

    そんなあなたに一番おすすめなのが全身脱毛サロン「キレイモ」です。

    全身脱毛する場合「通い放題プランのコスパ」、「顔脱毛の施術範囲の広さ」、「年間脱毛回数の多さ」、「1回の施術で全身してもらえるか」がサロン選びの最大のポイント。

    これらを全て高いレベルで満たしているのが「キレイモ」になります。

    一番のおすすめは「通い放題のスペシャルプラン」ですが、それ以外にも「月額制プラン」や「回数制限のパックプラン」の用意もあります。

    施術室も多く設置されており、夜や土日の営業時間が長いなど「予約の取りやすさを重視」しているのもキレイモの特長です。

    冷却ジェルを使用しないので、冬場の脱毛でも不快感がありません。

    脱毛サロンの選び方として、まずは「ワキ」や「Vライン」など部位脱毛を低料金で始めたい人は「ミュゼ」、全身脱毛したい人は「キレイモ」をベースに選んでいくのがおすすめです。

銀座カラーは顔脱毛なしの全身脱毛が安い

  1. 銀座カラー

    銀座カラー

    「全身脱毛をどこよりも低料金でしてもらいたい!」

    そんな人におすすめなのが、銀座カラーの全身脱毛し放題「リーズナブル脱毛コース」。

    このコースには顔脱毛が含まれないのですが、通い放題なのに総額わずか197,650円(月額6,500円)で全身脱毛することができます。

    「全身脱毛したいけど顔はとりあえずいいや」って人は銀座カラーが一押しですのでぜひチェックしてみてください!

    なお、複数部位の脱毛を検討している人だと、銀座カラーの「フリーチョイス脱毛」や「定番セット(腕全セット、顔セット、足全セット、VIOセット)」が気になるかもしれませんが、価格がかなり高めに設定されているため、コスパ的にはあまりおすすめできません。

    ※複数部位の脱毛であれば、脱毛ラボの「選べる28箇所プラン」の方がはるかにお得です。

剃り残しがあった場合のペナルティ

他のサロンと同様、「銀座カラー」も「キレイモ」も、当日の脱毛施術に際し「前日までに自己処理をして来てくださいね」とアナウンスがあります。

剃り残しがあった場合、「銀座カラー」「キレイモ」もペナルティがありますが、両者対応が異なります。

まずは、キレイモの剃り残し時の対応から。

キレイモでは「シェービング補助サービス」が受けられる

キレイモでは、自己処理で剃り残しがあった場合、シェービング補助サービスを受けることができます。

「自分では剃りにくい部位」や「自己処理での剃り残し部分」をキレイモスタッフが代わりにのシェービングしてくれます。

「自分では剃りにくい部位」は、手が届きにくい箇所のことで、うなじ・背中・ヒップ・Oラインが該当しますが、そもそもこちらでは自己処理する必要がありません。

一方の「自己処理での剃り残し部分」ですが、本来自己処理してくる前提で、剃り残しがある場合にシェービング補助が受けられます。

シェービング補助の料金は、「パックプラン」や「スペシャルプラン(通い放題プラン)」の場合「無料」です。

「月額定額プラン」の場合、シェービング補助サービスとして1000円が必要になります。

ただし、剃り残し箇所が複数個所あっても「一律1000円」で対処してくれるため、正直良心的だと思います。

銀座カラーのシェービングはコースによって異なる

銀座カラーにもシェービングサービスが用意されていますが、「リーズナブル脱毛コース」と「スピード脱毛コース」とで、また「剃り残し」なのか「自分では剃りにくい部位」なのかで、対応が異なってきます。

まず、私がこのサイトで何度もおすすめしている「リーズナブル脱毛コース」ですが、激安なだけあって、シェービングサービスは有料になります。

自分では剃りにくい部分、具体的には「背中」「腰」「ヒップ」「Oライン」「えり足」ですが、全身シェービング補助代 として、1回につき3,000円が必要になります。

剃り残しについては、全身シェービング補助のサポート対象外なので、お手入れ時は剃り残し部分を避けて照射されます。

一方の、「スピード脱毛コース」ですが、全身シェービング補助は毎回無料。

剃り残しについても、スタッフがシェービングして脱毛してくれます。

注意点としては、施術時にシェーバーを持参しないと、忘れるたびに顔剃り用のシェーバーを有料で購入するはめになるので、毎回持参しましょう。

ただし、シェービング代がかかると言っても、その代金込みで考えても「リーズナブル脱毛コース」は破格の価格なので、おすすめであることに変わりまりません。

剃りにくい箇所も、彼氏(旦那さん)や女友達に協力してシェービングしてもらうことで、可能な限りシェービング代を節約するのも良いと思います。

銀座カラーとキレイモの選び方【まとめ】

最後に、キレイモと銀座カラーの選び方について、簡潔にまとめてみます。

  • キレイモも銀座カラーも全身脱毛がお得なサロン
  • 全身脱毛には顔脱毛を含むプランと含まないプランがある
  • 顔脱毛ありの全身脱毛が安いのが「キレイモ」
  • 顔脱毛なしの全身脱毛が安いのが「銀座カラー」

顔脱毛は、箇所が箇所だけに「希望する人」と「希望しない人」に大きく分かれます。

銀座カラーが向いているのはこんな人

顔脱毛することで、「毛穴を目立たなくしたい」、「キレイな肌を取り戻したい」、「化粧ノリを良くしたい」と前向きな意見がある一方で、顔は他の部位と比べても皮膚が薄くて敏感な箇所だけに、慎重になる人がいるのも理解できます。

「顔脱毛することで、脱毛箇所が炎症をおこしたり、赤みがかったり、肌トラブルが心配」

「ゴーグル越しといっても、目の周りの脱毛は視力が悪くなりそうで不安」

「自分は敏感肌なだけに、顔脱毛で皮膚の状態が劣化しないか気になる」

このように、顔脱毛にちょっと抵抗があると思う方は、自分の直感に従い「銀座カラー」の全身脱毛プランに申し込むと良いでしょう。

銀座カラーの全身脱毛し放題「リーズナブル脱毛コース」は、顔脱毛こそ含まれないものの、通い放題なのに総額わずか197,650円(月額6,500円)で全身脱毛できるのは、ちょっと他のサロンでは考えられない破格なサービスになります。

正直そこまで知られていない穴場的なサービスだと思う反面、いつこのサービスが終了するかわからないので、興味がある方は早めに申し込まれることをおすすめします。

顔以外の全身脱毛をしてみて、それでも顔脱毛が気になるようであれば、顔脱毛単体の部位脱毛を検討すると良いででしょう。

参考:部分脱毛の料金が安いのはどの脱毛サロンか

キレイモが向いているのはこんな人

ただし割合で言えば、顔脱毛含めた全身脱毛をしたい人の方が多いと思います。

もちろん、サロンスタッフも安全面を最重要に考えて顔脱毛してくれますし、肌の状態が気になったら、顔脱毛だけ中止して様子を見ればいいと考える人も多いと思います。

その場合は、最初から顔脱毛含めた通い放題の全身脱毛の方が、トータルで考えればコスパは良いため、「キレイモ」の全身脱毛通い放題プランに申し込むと良いでしょう。