乳輪クリニックの脱毛
乳輪周りや胸にのムダ毛は、部位が部位だけに、どう処理したらよいか悩むことがありますよね。

胸のムダ毛は、仕上がりの面からも、自己で処理より専門店にお任せするのがおすすめですよ。

ここでは、乳輪・乳首周り・胸の医療脱毛と脱毛エステについて書いていきます。

クリニックの乳輪・乳輪周り・胸の脱毛

医療脱毛の場合、主にレーザー脱毛かニードル脱毛になります。

いずれの方法も、ムダ毛の処理方法としては痛みが強い方法になります。また、費用も高額です。

医療脱毛の良い点は、高い効果が期待できるということです。

クリニックの脱毛方法は、専門的知識や高度な技術力が必要な脱毛になりますから、利用するときは信頼できるクリニックを探しましょう。

レーザー脱毛

レーザー脱毛の場合、メラニン色素(黒色)に反応するレーザーを使用します。

胸の脱毛メニューはありますが、乳輪部分の脱毛は、受けていないというクリニックも多いです。

色素沈着が激しい場合は断られたり、また、施術できるクリニックがあったとしても、火傷のリスクがあるといった説明があると思います。

レーザー脱毛は、脱毛エステと比べると、痛みが強い方法です。

効果の面では、脱毛エステより期待できますが、胸のような濃いムダ毛が少ない箇所、薄いムダ毛といった個所には、痛みや金額の面でハードルが高いと感じる人も多く、脱毛エステの方が人気があります。

レーザー脱毛で脱毛する場合は、事前の説明をよく聞き、技術面で信頼できる医者がいるクリニックを見極めることが大切ですね。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴一本一本に針を刺して電流を流し、毛乳頭にダメージを与えて脱毛していく方法です。

想像してみてもわかると思いますが、かなり痛みを伴う方法で、レーザー脱毛より痛いと言われています。また、一本一本処理していくので、時間もかかる方法です。

効果は、レーザー脱毛より高いと言われていますが、料金も高くなります。

ニードル脱毛の場合は、エステの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛のように、色素に反応させて脱毛していく方法ではないので、色素に関係なく脱毛することができます。ですから乳輪の施術も受けてくれます。

ただ、痛みが非常に強い、料金が高いということから、あまりお勧めはしません。こちらも、技術力が必要な脱毛方法なので、利用される場合は、信頼できるクリニックを探しましょう。

胸の脱毛は痛みが少ない女性専門サロンの脱毛エステがおすすめです

脱毛エステの胸の脱毛
あなたが、脱毛の初心者なら、痛みや料金の点から、医療脱毛より脱毛エステの方が通いやすいでしょう。

また、クリニックの場合は、施術する医師やスタッフが女性とは限りません。

利用者も女性のみで限定しているというとこは少なく、男性の利用者と待合室が同じということも少なくありません。

脱毛サロンの場合は、ほとんどのサロンが女性限定ですし、スタッフも女性のみです。

胸のような、恥ずかしさを伴うような部位は、脱毛エステがおすすめです。

クリニックの場合、全国展開しているようなとこは限られていますが、大手脱毛サロンは、全国にあるということが多いので、地方でも質の良いサロンで施術を受けることができます。

乳首周り(乳輪)・乳輪周り・胸の脱毛エステが受けれるサロン

胸の脱毛エステが受けれるおすすめの脱毛エステサロンをランキングしました。

  1. 脱毛ラボ

    脱毛ラボ

    安い料金で脱毛エステを受けるなら、脱毛ラボがおすすめです。
    脱毛ラボは、他のサロンと比較すると、全身脱毛、部位脱毛ともに料金が低料金のサロンです。
    脱毛エステは、一般的に2~3ヶ月に1回通うのが普通ですが、脱毛ラボには、2週間~月1で通えるスピードプランがあります。(一括払いのパックプランになります。)
    また、脱毛サロンでは少ない月額制を取り入れているサロンなので、スポーツジムのように毎月定額料金を支払って無理なく通いたいという方にもおすすめのサロンです。
    脱毛ラボの胸の脱毛は、左右乳輪周りと両胸(乳輪はできません)のお手入れが可能です。

  2. ミュゼ

    ミュゼ

    ミュゼは、脱毛エステをするなら、一度は検討したいサロンです。
    ミュゼは、キャンペーンを利用すると、料金が半額になったり、契約金額によってはワキやVラインの美容脱毛完了コース(回数無制限・期間無制限!)が無料でプレゼントされたりととてもお得になることがあります。(キャンペーンは時期により変更になります。)
    脱毛エステに通うなら、ミュゼのキャンペーンをチェックされることをおすすめします。
    ミュゼは、乳輪周りや胸(乳輪はできません)の脱毛エステが可能です。

  3. ディオーネ

    ディオーネ

    ディオーネは痛くない脱毛方法ハイパースキン法(※後述します)でお手入れしていくサロンです。
    光脱毛の脱毛エステでは、乳輪の脱毛は施術できないサロンが多いのですが、ハイパースキン法のディオーネでは乳輪・乳輪周り・胸のお手入れができます。

脱毛経験者にエステの乳輪周り・胸の施術は恥ずかしくないのか聞いてみた

胸の脱毛の体験談
相手が女性とはいえ胸の部分を見られるのは、恥ずかしさはないのか気になるという方もいますよね。

全身脱毛で胸の脱毛エステも受けた知人に、恥ずかしさについて聞いてみました。

「タオルを外すときは抵抗があったけど、施術が始まったら、それほど気にならなかったです。施術してくれたスタッフは、集中してテキパキとやってくれたし、恥ずかしさにも気遣いをしてくれました。」

スタッフも毎日やっていることなので、意識して見るということはないし、同じ女性として、恥ずかしさには配慮してくれるので、心配や不安はいらないみたいですね。

彼女によると、脱毛エステで脱毛するなら、胸のみの脱毛ではなく、全身脱毛や他の部位とセットで受けると一連の流れの中でやっていく感じになるので、恥ずかしさは、感じにくいと思うとのことでした。

脱毛エステやクリニックでは乳輪の脱毛はしていないところが多い

乳輪の脱毛
脱毛エステの光脱毛(フラッシュ脱毛)や、医療のレーザー脱毛は、メラニン色素(黒色)に反応する光やレーザーを用いて脱毛していく方法ですから、色がついている乳輪(乳首周り)は、お手入れできないところがほとんどです。

光が黒色に反応すると火傷などの危険性があるからです。

クリニックのレーザー脱毛場合は、対応しているところもありますが、リスクが伴いますし、色素沈着が濃かったりすると断られることもあるでしょう。クリニックのニードル脱毛の場合は、乳輪の施術が可能です。

上記で挙げた乳輪のお手入れができる脱毛エステのディオーネは、一般的な脱毛エステで使われている光脱毛とは、少し違います。

ディオーネのハイパースキン法の場合、光脱毛のように色素に反応させて脱毛していくという方法ではなく、休止期(まだ生えていない時期)のムダ毛に光を当てていき、発毛因子に働きかけて抑毛していくという方法です。

ですから、ディオーネでは乳輪も脱毛のメニューに入っています。

乳輪を脱毛したい場合は、自己処理するかクリニックのレーザー脱毛、ニードル脱毛、エステのハイパースキン法という方法です。

口コミや評判を聞くと、ハイパースキン法は、光脱毛よりも効果の実感が遅いようなので、光脱毛よりも回数が多く必要になる可能性があります。

乳輪を希望しない、多少の痛みがあっても良いなら、光脱毛の方がおすすめです。

乳輪・乳輪周り・胸の脱毛エステは痛みが少ない方法

乳毛脱毛エステの痛み
ディオーネのハイパースキン法で脱毛する場合は、ジェルの温かみを感じる程度で痛くありません。ハイパースキン法は高熱を使用しないので、肌に優しい方法と言えます。

ミュゼや脱毛ラボなど多くの脱毛サロンで使用されている光脱毛の場合は、”ゴムではじく程度の痛み”だと一般的に表現されます。

乳輪周りや胸のムダ毛は、薄いムダ毛が多く、濃いムダ毛だったとしても、量はそれほど多くないという人がほとんどです。

ですから、他の部位と比べると痛みはそれほど強くないと感じる人が多いようです。

まとめ

クリニックの脱毛は、痛みが強いことや料金面から、通いづらさがあります。

自己処理は負担が大きかったり肌トラブルも起こしやすいので、胸まわりの脱毛は、脱毛エステがよいでしょう。

脱毛エステの場合、自己処理よりは費用がかかるというデメリットはあります。全身脱毛や他の部位とセットにしたり、キャンペーンを活用することで料金がお得になります。

脱毛エステで主流の光脱毛では乳輪の脱毛はできないところがほとんどなので、乳輪をするなら、ハイパースキン法のディオーネです。

乳輪を含まなくてよいなら、効果の実感の面からも光脱毛サロンがおすすめです。

脱毛サロンは、お得なキャンペーンを実施していますから、申し込み前に上記の公式サイトから確認してくださいね。

料金などの詳細は各サロンの無料カウンセリングで確認できます

各サロンは、無料カウンセリングを実施しています。無料カウンセリングでは、そのサロンの脱毛法や料金システムについての説明を詳しく受けることができます。(また、疑問点についても確認できます。)

無料カウンセリングは、話を聞くだけでもOKです。最近のサロンは、勧誘をしないサロンがほとんどなので、安心して受けれます。

無料カウンセリングや最新のキャンペーン情報は、上記の公式サイトから申し込み、確認できます。

今回取り上げたサロン以外のサロンについて興味がある方は「脱毛エステの選び方」のページも参考にしてください。