出産時の剃毛
女性は出産時に、看護師さんや助産師さんに外陰部の周りの毛を剃られることがあります。

なぜ剃毛するのかというと、出産中、会陰切開(えいんせっかい)をしたときに、縫合しやすくするためだそうです。

他には、外陰部を清潔にし、赤ちゃんや母体への感染症を防ぐためとも言われています。

会陰切開とは、出産時に会陰部分を切ることです。

出産についてあまり詳しくない方は、ゾッとするかもしれませんね。

会陰切開に伴う剃毛は初産の時によく行われます

会陰とは、膣口と肛門の間のことをいいます。

赤ちゃんが生まれてくるときに、会陰が伸びないと、赤ちゃんの頭が大きいため、膣が裂けて傷つくことがあります。

自然に裂けてしまうより、会陰切開をして縫合したほう良いという考えで、会陰切開を行うことがあるのです。

他に会陰切開を行う理由は、器具などを使用する必要があるときや、出産が長引いて、赤ちゃんの容態を優先しないといけない場合などです。

会陰切開は、初産の時によく行われます。

そして会陰切開に伴い、アンダーヘア周辺の剃毛が行われるというわけです。

切るときは、麻酔をしてくれる病院もあれば、しない病院もあります。

会陰切開は、とても痛そうなイメージですが、それよりも、陣痛や出産の痛みの方が強いので、会陰切開はそれほど気にならないという人もいます。

会陰切開は、必ずするわけではなく、必要に応じて行います。

出産前に、会陰マッサージなどを行って準備しておくと、稀に切らなくて済む場合もあるようです。

出産前は剃毛だけでなく浣腸をされることもある

ちなみに、病院によって違いますが、分娩室(出産をする部屋)に入る前に、待機する部屋や陣痛室などで剃られることが多いです。

その際、浣腸をされることも。

浣腸は、出産時にいきむと、排便して、赤ちゃんが汚れるのを防ぐ、排便によって赤ちゃんが通りやすくするという理由でします。

浣腸をしても、便が残っていて、出ちゃうこともあるそうです。

剃毛も浣腸も会陰切開も、その必要性を疑問視する声もあり、特別に必要なければしないという病院もあります。

どれも、通常なら恥ずかしさや痛みを伴うものだけど、出産というのは、とても大変なので、それどころじゃなかったというお母さんが多いです。

出産とは、想像するだけでもため息がでるほど、壮絶な感じがしますね。母は偉大です。

脱毛するなら妊娠中を避けるべき理由

少し話が脱線しましたので、、出産時の剃毛の話に戻したいと思います。

さて

「他人に恥部を剃毛されるぐらいなら、事前に自己処理(セルフ脱毛)しておきたい!」

と思う人が多いのは、気持ちはわかりますし当然だとも思います。

ただし、妊娠中はあらゆる脱毛が推奨されていません。

脱毛サロンも医療脱毛(クリニック)も、基本的に妊娠中のお手入れは「肌トラブル」や「脱毛効果の減少」を理由に基本的にNGとなっています。

そもそも、妊娠中はツワリが酷かったり、身体が重かったりで、施術中の間同じ体勢でいることが苦痛なので、脱毛サロンに通う気にもならないですけどね。

また、毛抜き、ワックス、除毛クリーム、家庭用脱毛器などを使用したセルフ脱毛も、肌に負担がかかりやすいという観点で控えるべきとされています。

そのため、将来妊活を考えている方は、妊娠する前に脱毛サロンに通って、脱毛しておくことをおすすめします。

デリケートゾーンの脱毛ならミュゼがおすすめ

費用面など総合的に考慮すると、デリケートゾーンを中心とした脱毛なら、脱毛サロン「ミュゼ」が総合的におすすめです。

  1. ミュゼ

    ミュゼ

    デリケートゾーンの脱毛なら「ミュゼ」での脱毛がお得でおすすめです。

    Vラインのみの脱毛なら、ミュゼプラチナムの美容脱毛完了コースが一番お得ですし、Iライン、Oラインを含むデリケートゾーンの脱毛がセットになったハイジーナ7VIO脱毛コースもおすすめです。

    (※美容脱毛完了コースとは、Vラインの脱毛が「回数無制限・期間無制限」で受けれるコースで、通常料金は3,600円(税込)、ワキ脱毛をセットにすると2,400円(税抜)となり、若干安くなります。)

    また、ミュゼはお得なキャンペーンを頻繁に行っていますので、興味がある方は下記公式サイトより最新情報をチェックしてみて下さい。