ハイジニーナへの反応!男受け、女受け、後悔の有無などここ数年で増えてきたのがハイジニーナにする女子の数。

海外ではハイジニーナの方が当たり前ですから、数年遅れで日本にも浸透しつつあるのでしょう。

と言ってもまだまだ少数派で、日本人女性に関して言うと、温泉やスポーツジムに行ってもチラホラ見かける程度。

でも、一昔前だと、ほとんど見かけなかったことを考えても、ハイジニーナ女子の人口は間違いなく増えてきています。

「ハイジニーナにしようかな」って考え始めている方も増えてきていると思いますので、今回はハイジニーナに対する一般的な反応を男女別にわけてお伝えするとともに、日本人がハイジニーナにするメリットやデメリットについても詳しく書いてみたいと思います。

アンダーヘアを処理して後悔しないのか

VIO脱毛やハイジニーナ脱毛をする場合、脱毛後、後悔しないか気になるという方はいます。

日本では、温泉文化がありますし、スポーツジムは共有のお風呂ですし、性行為のとき、彼氏にひかれたりしないかという心配もありますね。

温泉やお風呂では、IOラインを人に見られることはありませんので、特に気にする必要はないでしょう。

陰毛の「密度」や「面積」を少なくすることも可能

Vラインについては、最近は整えている方が多いですから、ハイジニーナは別として、Vラインをいじることについては、全く恥ずかしいということはありません。

彼氏にひかれたりしないかですが、これについては、人それぞれ好みが違いますが、受け入れてくれる男性や喜んでくれる男性は決して少なくありません。

ただハイジニーナ脱毛が当たり前である海外と比べ、日本人の場合、デリケートゾーンが無毛であることに抵抗感を持っている男性はまだまだいるので、彼氏の気持ちを優先するなら事前に相談すると良いと思います。

友達や両親等と温泉に行ったとき、VIO脱毛していることを知られたくないという人もいますよね。

Vライン脱毛は、アンダーヘアを全て無くすだけでなく「密度」や「面積」を少なくすることも可能なので、そのあたりの希望は脱毛サロンのスタッフに相談すると良いでしょう。

Vラインは全処理せず減毛し形を整える

Vラインについてですが、脱毛エステでは形が選べます。脱毛していることが目立たないようにしたければ、自然な形の逆三角形や楕円形にしておくと無難です。

ハイジニーナ脱毛(無毛)にするか迷っているなら、まずは、Vラインについては、少し残しておくと安心です。

Vラインを残すか残さないかで全然違います。IOラインについては、見えないので全処理で問題ないでしょう。

形について詳しく知りたい方は「アンダーヘア気になる人気の形は?」の記事も参考にしてみて下さいね。

デリケートゾーン用のかつらを使用する

ハイジニーナにしたいという方は、デリケートゾーン用のかつら(アンダーヘア用のウィッグ)を利用するという方法があります。温泉でも取れにくいものを選びましょう。

見られそうな場合の対策としては、以上のような対策がありますが、温泉でデリケートゾーンをチェックしているという人は、まずいないですから、タオルでずっと隠しておけば、気づかれないことがほとんどです。

まずはVラインの脱毛から試してみる

VIOの脱毛に躊躇している方は、まずは、Vラインの脱毛から試してみると良いでしょう。

脱毛エステなら、医療脱毛ほど痛みが強くありませんし、料金的にもリーズナブルなので気軽に試せます。

Vラインの脱毛は人気です。

やはり服からはみ出て見えてしまう部位は、お手入れが必要と感じている方が多いからでしょう。

Vライン脱毛やVIO脱毛はミュゼがお得!

  1. ミュゼ

    ミュゼ

    数ある脱毛サロンの中で、1番おすすめできるのが、脱毛サロン「ミュゼ」です。

    ミュゼの強みは何と言っても、「ワキ」「Vライン」の人気部位脱毛が他社サロンと比べ断トツに安いところ。

    毎月キャンペーン内容が変わるものの、なんと「ワキ」+「Vライン」の通い放題プランを100円で受けることができます!

    (2019年現在、Mカード入会で、「両ワキ+Vライン美容脱毛6回コース」を「通い放題(料金そのまま)」にアップグレードできます。)

    もちろん、脱毛する目的は人それぞれ異なりますので、全ての人にとってのNO.1脱毛サロンなんて存在しません。

    ただ、脱毛サロンのお手入れで「ワキ」と「Vライン」がどの程度ツルツルになるのかをまずは試したい人が圧倒的に多いことを考えても、現時点で総合的に一番おすすめできる脱毛サロンは「ミュゼ」だと思っています。

Vラインの次はI、Oライン脱毛の検討へ

このように、Vラインに関しては、とても安い料金で通うことができますから通いやすいですね。

IラインやOラインについても脱毛エステでお手入れ可能です。

IOラインは、生理の経血や尿、便の付着、ニオイやムレの解消を目的に脱毛する方が多いです。

ハイジニーナとは、一般的にデリケートゾーンを無毛状態にすることを言いますが、ハイジニーナ脱毛をする方は、前述したように衛生面から希望する方や、下着や水着などのおしゃれを楽しみたい方、タレントなど職業上必要な方などがしています。

デリケートゾーンをお手入れしていることは、今では恥ずかしいことでも珍しいことでもありません。

むしろ、水着や下着からはみ出ているほうが恥ずかしいですよね。

アンダーヘアのムダ毛に悩んでいるなら、まずはVラインから始めてみるのがおすすめです。