医療系の永久脱毛よりも脱毛サロンの通い放題の方がお得な理由「ムダ毛のない全身ツルツルの身体を手に入れたい!」

これは女性であれば誰しもが思い描く理想の状態だと思います。

毎日自己処理するのは大変ですから「一生ムダ毛が生えてこず、お手入れする必要もない脱毛方法」を望む声が多いのは当然ですよね。

これが永久脱毛に多くの興味が注がれる理由です。

ただ誤解してはいけないのが、毛のないツルツルの肌を手に入れるために「永久脱毛」がベストな方法とは限らないということ。

永久脱毛については、一般的に誤解されている点も多いので、永久脱毛の定義をはっきりさせた上で、医療脱毛で行える永久脱毛の限界、意外と知られていない脱毛サロンのメリットなど書いてみたいと思います。

永久脱毛って一生毛が生えてこないの?

永久脱毛は、美容外科・皮膚科などの医療機関だけが施術を行うことができる脱毛方法です。

主に、レーザー脱毛器を用いた脱毛施術になりますが、医師免許を持っている者のみに許された脱毛行為になります。

そんな永久脱毛ですが、言葉の雰囲気からか「ムダ毛のない全身ツルツルの身体が手に入る」と思っている人も多いようです。

ですが、「永久脱毛の定義」を見る限り、それは全くの誤りであることがわかります。

永久脱毛とは毛の再生率が20%以下の状態

永久脱毛ですが、アメリカの電気脱毛協会によって、下記のように明確に定義されています。

永久脱毛とは、脱毛完了後1か月経過時点で、毛の再生率が20%以下の状態を言う

引用元:電気脱毛協会(American Electrology Association)

つまり、医療機関の提供している永久脱毛コースで脱毛してもらったからといって、一生ムダ毛が生えてこないことを保証されたわけではないのです。

え?そんなの永久脱毛じゃないじゃん!

と思われる方もいると思いますが、永久脱毛の定義が決まっている以上、文句を付けてみても仕方がありません。

まずは「永久脱毛とはムダ毛がなく一生毛が生えてこない状態ではない」と正しく理解すること。

永久脱毛(医療脱毛)は脱毛サロンの光脱毛と比べて脱毛料金がかなり高めです。

「以前に高いお金を払って永久脱毛したのに毛が生えてきた…話が違う!」と、勝手に勘違いして後から後悔するのが一番不幸です。

脱毛サロンが永久脱毛できない本当の理由

ちなみに、永久脱毛の定義が「脱毛完了後1か月経過時点で、毛の再生率が20%以下の状態」なら、「レーザー脱毛(医療脱毛)」だけでなく「光脱毛(脱毛サロン)」の施術も永久脱毛と言えるんじゃないか?と思われる方もいると思います。

脱毛サロンだって、回数重ねれば「ほぼ永久に毛が生えてこない状態」にすることは可能ですからね。

ですが、法律で「永久脱毛を行えるのは、医療機関のみ」とされているので、医療機関ではない脱毛サロンは「永久脱毛」できないことになっています。

脱毛行為等に対する医師法の適用

以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。

用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

引用元:厚生労働省HP「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて」

簡単に言うと、人体に大きなダメージを与える医療機器は、医療機関以外は使ってはダメよということです。

脱毛エステは医療機関ではないので、永久脱毛(医療レーザーやニードルを使った脱毛)をすると医師法違反になってしまうから出来ないということ。

ただし、永久脱毛で使われる「医療レーザー」や「ニードル」が使えないとしても、実際は脱毛サロンでも「ほぼ永久に毛が生えてこない状態」が可能であるのはどう解釈したらよいか。

利用者の立場としては、難しい専門用語に右往左往するのではなく、今ある脱毛サービスの中から「費用対効果(コスパ)」ベースに選んでいくしかありません。

永久脱毛とサロンの通い放題はどっちが得か

永久脱毛
永久脱毛しても、何らかの理由で再び毛が生えてくる可能性はあります。

よく言われるのが、妊娠出産をすると永久脱毛したのに毛が生えてきたり、生えてなかった箇所から毛が生えてくるようになるというケース。

ただし、永久脱毛後にほとんど生えてこないケースだってあります。

つまり、個人差があるので「生えてくるのか」「生えてこないのか」どっちかわからないということです。

そう考えると、「永久脱毛」という言葉自体にはそれほど大きな意味はないということがわかります。

「コスパ」中心に「最後まで通い続けられる方」を選ぶ

私たちが望むのは、最終的に「ムダ毛のないツルツルした肌」を手に入れることです。

「ムダ毛のないツルツルした肌」の定義ですが、ここでは不要な箇所はほとんど毛が生えていない状態、そして一部毛が生えていて欲しい箇所(Vラインなど)は、自分の好みで残す面積や形を選ぶことができるという状態とします。

それが手に入るのであれば、料金が安ければ安い方が良いですよね。

「ムダ毛のないツルツルした肌」を手に入れるためには、脱毛サロンで18回程度、医療脱毛ではその半分の9回程度の脱毛回数が必要だと言われています。

「自己処理不要」「ほぼ毛がないツルツル肌」に到達するのに、おおよそ必要な脱毛回数を「脱毛サロン」の場合と「脱毛クリニック」の場合とにわけて、表にしてみました。

自己処理不要(サ) 自己処理不要(ク) ツルツル(サ) ツルツル(ク)
産毛(顔、背中) ~14回 ~7回 ~21回 ~10回
普通の毛 ~12回 ~6回 ~18回 ~9回
剛毛(ワキ、VIO) ~12回 ~6回 ~18回 ~9回

※(サ)は脱毛サロン。(ク)は脱毛クリニック。

ツルツルになるのに必要な料金比較

今回はツルツルになることが目的なので、脱毛クリニックで9回、脱毛サロンで18回、脱毛する場合の料金比較になります。

脱毛サロンで18回全身脱毛するためには、リーズナブルな脱毛サロンのケースで、約30万~40万ほどの脱毛料金が必要です。

一方の、脱毛クリニックで9回全身脱毛する場合、リーズナブルな医療クリニックで施術するとして、だいたい60万円以上の料金が必要になってきます。

脱毛サロンなら18回よりも通い放題プランがお得

脱毛サロンの方が圧倒的に料金的なメリットはあるので、まずは脱毛サロンの方から見ていきます。

毛のないツルツルの肌を手に入れるために、脱毛サロンに18回通う。

でも最初にお話しした通り、毛がなくなっても何らかの理由で毛が生えてくる可能性がありますよね。

それに、脱毛サロンの全身脱毛に18回通うのも、全身脱毛サロンの通い放題プランに申し込むのも、サロンによってはほとんど料金が変わらないことがあるんですよね。

一番良い例が、銀座カラーの全身脱毛し放題「リーズナブル脱毛コース」。

全身脱毛の通い放題なのに、その料金は前代未聞の197,650円。

参考記事:銀座カラーの「リーズナブル脱毛コース」はコスパ最強

銀座カラーの全身脱毛し放題「リーズナブル脱毛コース」には、顔脱毛は含まれていないのですが、それでも20万円未満で全身脱毛の通い放題に申し込めるのは、銀座カラーを除いて他にはありません。

「顔脱毛ありの全身脱毛」、「顔脱毛なしの全身脱毛」、あるいは「複数部位の脱毛」など、全身脱毛に対するニーズは様々なので、脱毛サロンの全身脱毛に興味がある方は、下記の記事を参考にしてみてください。

参考記事:全身脱毛で一番お得な脱毛サロンはここ!失敗したくない人必見

医療脱毛は「料金」と「痛み」に納得の上で申し込む

一方の医療脱毛ですが、脱毛サロンよりも脱毛料金こそ高いものの、サロンにはないメリットもあります。

それが、脱毛完了までのスピードの速さ。

脱毛に一番求めることが、料金とかではなく「短い期間でツルツルの肌を手に入れたい」ということであれば、医療脱毛(脱毛クリニック)が最有力候補になるため、脱毛クリニックの中でコスパの良いところを選ぶのが良いでしょう。

ただし、医療脱毛で使われる「医療レーザー」は、サロンの光脱毛とは比べ物にならないほど「本当に痛い!」ので、脱毛完了までの間、心が折れずに通い続けることができるかどうかが、一番大事になってくると思っています。

最初から脱毛クリニックの全身脱毛に申し込むと、痛みに我慢できなかった場合、何十万もの大金をドブに落とすことになるので、まずはテスト的に「ワキ」などの部分脱毛を低料金で始めてから、耐えられそうであれば全身脱毛に申し込むか検討するというので遅くないと思います。

「永久脱毛」と「サロンの通い放題」まとめ

最後に、「永久脱毛」と「サロンの通い放題」の選び方について、簡単にまとめたいと思います。

  • 「永久脱毛」という言葉自体にそれほどこだわる必要はない
  • 全身ツルツルになるために「脱毛サロン」を選ぶか「医療脱毛」を選ぶか
  • 脱毛サロンは「コスパよく(安く)」ツルツルになれる
  • 医療脱毛は「スピーディーに(早く)」ツルツルになれる
  • 医療レーザーは「痛い」から完了まで通い続けられるかがポイント
  • 生えてくる可能性があるなら脱毛サロンの通い放題プランの方が安心

脱毛サロンの選び方については、こちらに詳しく書いているので参考にしてください。

参考:脱毛サロンの選び方