医療脱毛と脱毛エステ
脱毛サロンと医療脱毛のどちらを選択したらよいか迷っている方はいませんか?

脱毛しようと思って、いろいろネットで調べてみたはいいものの、「脱毛エステサロン」と「医療脱毛」の違いがわからず、どっちにするのか決めかねている方も少なからずいると思います。

でも、ご安心ください!

それぞれの明確な違いを理解することで、自分がどちらを選ぶべきかが自ずとはっきりしてくると思います。

今回は「脱毛サロン」と「医療脱毛」の共通点や違いをわかりやすく解説し、結局どちらを選んだ方が良いのかの「判断基準」についてかなり踏み込んで書いてみたいと思います。

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの共通点

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの共通点
まずは、脱毛サロンと脱毛クリニックの共通点から。

どちらも『専門の脱毛機器を用いて脱毛施術を提供している店舗』という点で共通しています。

「ミュゼ」や「キレイモ」は脱毛サロンですし「アリシアクリニック」や「レジーナクリニック」は医療脱毛クリニックです。

ただ括りは違えど、どちらも脱毛したい人のニーズを満たすためにサービスを提供していることに変わりありません。

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違い

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違い
続いて、脱毛サロンと脱毛クリニックの違いについて。

正直、共通点よりも圧倒的に相違点の方が多いです。

特に違いが顕著なものとして

  • 脱毛効果が違う
  • 脱毛期間が違う
  • 脱毛料金が違う

の3点があげられます。

順番に見てきましょう。

脱毛サロンでは永久脱毛できないの?

脱毛サロンでは永久脱毛できないの?まず脱毛サロンと医療脱毛とでは、脱毛効果(威力)が違います。

医療脱毛は、永久脱毛を目的としています。

永久脱毛は医療行為なので、それを脱毛クリニック(医療機関)が行うことは何の問題のありません。

一方の脱毛サロンは、減毛(げんもう)や抑毛(よくもう)の効果しか謳えません。

医療機関ではないので、医療行為(永久脱毛)を行えないからです。

減毛や抑毛は、毛根、毛包にダメージを与え毛乳頭の働きを弱めることで、毛の細さを細くしたり、毛が生えにくい状態になることです。

毛根、毛包を完全に死滅させることを目的とした永久脱毛とはニュアンスが異なってくることがわかると思います。

毛根、毛包を破壊して永久脱毛する医療脱毛と、毛根、毛包に大きなダメージを与えて毛を生えにくくする脱毛サロン。

「脱毛するからには以後一本の産毛も許せない!」という方は、迷わず医療脱毛クリニックを選ぶと良いでしょう。

脱毛機器の違いが脱毛効果に直結する

医療脱毛と脱毛サロンでは、脱毛の威力が違うということを書きましたが、そもそも使用する脱毛マシンに違いがあります。

エステで主流の脱毛方法は、光脱毛(フラッシュ脱毛)で、医療脱毛は、レーザー脱毛という方法です。

脱毛エステの光脱毛も医療脱毛のレーザー脱毛も、メラニン色素(黒色)に反応する光を当てて、施術していくという点では似ています。

脱毛エステと医療脱毛の違いは、使用する機械に違いがあり、脱毛エステの光脱毛は、レーザー脱毛ほどの威力はありません。

レーザー脱毛は、毛根部分にレーザー光線を照射して、毛を成長させる毛乳頭を破壊することにより、脱毛していく方法です。

先ほども少しふれましたが、こうした医療用の強力なレーザー脱毛機の使用は、医療行為にあたり医師免許が必要です。

資格がない者がレーザー脱毛をすると医師法違反となってしまいます。

ですから、脱毛サロンではレーザー脱毛を受けることができません。

一方の脱毛サロンですが、医療脱毛よりもパワーが弱い光脱毛用の機器を使用しています。

この説明をそのまま額面通りに受け取ると、サロン脱毛は、毛根を破壊するようなものではなく、ダメージを与える程度なので「効果の面では、脱毛サロンより医療脱毛の方が高い」ということになります。

ただし、ここには少々誤解があるため、それはこのページの後半部分で詳しく書いていきます。

脱毛サロンの方が脱毛完了までの回数が多い

さきほど、脱毛効果(使用する脱毛機の威力)が脱毛サロンよりも医療脱毛の方が高いと書きましたが、その結果、脱毛完了まで通う場合、脱毛サロンの方が多い回数通うことになります。

痛みは強いけど、その分強いパワーを照射することで、短い期間で脱毛完了するのが、医療脱毛クリニック。

一方、医療脱毛よりは痛みはないが、その分弱いパワーで照射することで、少し長い期間かけて脱毛完了するのが、脱毛サロン。

簡単に言うと、こういうことです。

「医療脱毛よりも脱毛サロンの方が、脱毛完了までの回数が多い」という違いがあります。

医療脱毛の方が脱毛費用の相場は高い

最後に、脱毛に要する費用(脱毛料金)の違いについてふれておきます。

ご存知の通り、医療脱毛は医療機関で行う脱毛施術になります。

しかも、美容外科の範疇なので、医療行為なのに保険適用がありません。

そのため、脱毛サロンに比べて医療脱毛の方が、脱毛料金の設定がかなり高め(相場全体で見ても)になっています、、

気軽に脱毛をはじめてみたいけど、医療脱毛は敷居が高いと感じる方が多いのは、医療脱毛には大金が必要だからという点も大きく影響していると考えられます。

脱毛サロンと医療脱毛それぞれの「得手」「不得手」

脱毛サロンと医療脱毛。

一体どっちを選ぶべきなのかの判断基準に踏み込む前に、脱毛サロンと医療脱毛それぞれの「得手」「不得手」について洗い出してみたいと思います。

結局のところ、「脱毛サロン」も「医療脱毛」もただの脱毛施設です。

こちらとしては、自分が望むことが「高いレベル」かつ「より低予算」で実現できる脱毛施設を最終的に選べばいいだけの話ですからね。

脱毛サロンの方が「得意なこと」と「不得意なこと」、そして医療脱毛の「得意なこと」と「不得意なこと」を今一度整理し、自分がどちらに興味をそそられるのか、いったん頭の中を真っ白にした状態で見ていってください。

脱毛エステのメリット

画像の文字列
まずは脱毛サロンの優れた点(メリット)からです。

  • 費用が安い
  • 痛みが少ない
  • 全国展開しているサロンが多く店舗数が多い
  • 敷居が低く、通いやすい
  • リラックスした雰囲気の中でできる
  • クーリングオフの対象になる

コストパフォーマンスでは、圧倒的に脱毛エステサロンの方に分があります。

また、医療脱毛は痛みが強いのが特徴ですが、脱毛エステはそれほど痛くありません。

お手入れ時の痛みは、一般に、”ゴムをはじく程度の痛み”と表現されています。

店舗が多く通う人も多いことから気軽に通えるのも脱毛エステの良い点です。

脱毛エステの場合は、研修をうけたエステティシャンがお手入れをしてくれます。

医療のような堅苦しい雰囲気ではなく、リラックスして受けれるのも脱毛エステの良い点です。

脱毛エステの場合、特定商取引法の対象になるので、契約期間が1ヶ月以上、金額が5万以上のものは、条件を満たせばクーリングオフの対象となります。

脱毛サロンのデメリット

続いて、脱毛サロンの弱点(デメリット)についてみていきます。

  • パワーが医療脱毛より弱いので、時間がかかる
  • 回数を多く通わないといけない(期間が長くなる)
  • 肌トラブルがあった場合、医療機関へ出向かないといけない

医療脱毛よりパワーが弱いので、医療脱毛と比較すると通う回数が多くなり期間がかかります。

そして、繰り返しになりますが、永久脱毛は医療行為となるので脱毛サロンでは永久脱毛はできません。

それから、脱毛サロンは医療機関ではないので、何か肌トラブルがあった場合は病院へ出向かないといけないのもウィークポイントと言えなくもないです。

ただ大手脱毛サロンの多くが、提携している医療機関を紹介してくれるドクターサポートがついているため、この点についてはどれほど心配する必要はありません。

医療脱毛の最大のメリットは脱毛効果

先ほどは脱毛サロンが「勝っていること」と「不得意なこと」について書いてきましたが、簡単に言うと医療脱毛の得意なことは、脱毛サロンの「不得意なこと」になります。

医療脱毛の方が勝っている点としては

  • 出力パワーが大きいので短時間で行える
  • 通う回数が少なくて済む
  • 万が一のトラブル時は、ドクターがすぐ対応できる

こうしたことが挙げられます。

中でも、脱毛サロンよりも脱毛効果が期待できる点が最大の特長でしょう。

脱毛機のパワーが強いので通う回数も少なくてすみます。

脱毛エステの回数は、選択できますが、一例として、エステで15回くらい通うところが医療脱毛なら5~6回くらいだそうです。回数は、約3分の1程度です。

医療脱毛は、資格をもった医師や看護師が対応します。医療機関なので何かあったときは、診てもらったり薬を処方してもらったりと対応してもらえます。

医療脱毛は費用が高く痛みがあるのがデメリット

続いて、医療脱毛のデメリットを挙げてみます。

  • 痛みが強い
  • 費用が高くなる
  • 医療機関なので敷居が高い
  • 店舗数が少ない
  • クーリングオフができない

結構多いですね。

医療脱毛は、パワーが強い分、痛みも強いですし、費用が高額になります。

美容脱毛ですので、費用に関して、健康保険の適用はありません。

また、医療脱毛の機械は、火力(脱毛パワー)が強い為、火傷などのリスクも脱毛サロンと比べて上がってくるのは致し方ありません。

逆に言うと、医師免許を持った者が限定で扱える機械となっているのだとも言えます。

医療脱毛の施術時の痛みは、個人差はあるものの我慢しづらい痛みと感じる人が多く、途中でやめてしまう人もいるそうです。

もちろん脱毛クリニックによっては、希望があれば麻酔を使用して施術をするところもあります。

脱毛サロンと病院では、雰囲気や対応も大きく変わってきますから、敷居が高く通いづらさを感じる人もいると聞きます。

医療脱毛デメリット

脱毛やシミ取り、痩身といった美容医療に関しては、今のところクーリングオフの対象外です。これらの美容医療は、医師による医療行為とみなされるため、特定商取引法の対象外となります。

医療脱毛は費用も高いので、申し込む際は慎重になったほうが良いです。

美容医療については、消費生活センターに途中解約できない、勧誘がひどいというような相談が多くあるため、最近では、美容医療についてもクーリングオフできるようにしようというような動きはあります。

こうしたこともあってか、クリニックの中には、返金保証制度を設けているクリニックもあります。

サロンと医療脱毛どっちにすべき?【まとめ】

ここまで、脱毛サロンと医療脱毛の特長や違いについて延々と書いてきましたが、

「で、結局どっちがいいの?」
って結論で話しめくくりたいと思います。

まず、ですが
「脱毛するんだから、脱毛完了後に一本のチョロ毛の再生も許せない」
って方には脱毛サロンは不向きです。

「髪の毛」と「まつげ」と「眉毛」以外のありとあらゆる毛の存在を永久に消し去りたいって方もいらっしゃると思いますので、その場合は脱毛クリニックで全身脱毛をすると良いでしょう。

このように「永久に無毛のツルッツル」を譲れない方は迷わず医療脱毛を選んでください。

脱毛サロンもほとんど毛がない状態にできる

ですが、

「自己処理が必要なくなるぐらいムダ毛がほぼない状態にしたい」だとか
「高額な脱毛料金も痛い施術もどっちもNGだけど限りなく永久脱毛に近い状態にしたい」

って女性の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

そうであれば、まずは脱毛サロンから始めた方が満足度は高いのではないかと、私自身は自分の実体験を通して確信を持っています。

なぜなら、個人差はあるものの、脱毛サロンであっても、脱毛完了後は毛がほとんどない状態にすることは可能だからです。

法律的に医療行為(永久脱毛)を謳えなかったり、医療脱毛よりも照射パワーを抑えなければならないものの、毛根に大きなダメージを与える施術を何度も繰り返すのは医療脱毛クリニックと同じですからね。

そもそも、そんなに「永久脱毛」という言葉に振り回される必要はないと私は思っています。

永久脱毛というと、脱毛後、永久にムダ毛が生えてこない状態だと思っている方もいると思いますが、アメリカの電気脱毛協会によると、永久脱毛は『脱毛完了後1か月経過時点で、毛の再生率が20%以下の状態』と定義されています。

つまり、完全に生えてこなくなるということが保証されているわけでもないということです。

であるならば、言葉に振り回されず、「脱毛の威力の違い」とそれによる「脱毛完了までの回数の違い」と「脱毛に要する費用」で、脱毛サロンと医療脱毛のどちらを選ぶか決めればいいと思うわけです。

自己処理が必要ないレベルにするまでの期間は、その方の毛質や体質によるため個人差がありますが、サロンでのお手入れに通い続けることで、ムダ毛の自己処理が必要ないレベルに達することは十分可能だということです。

まずは部位脱毛を試すことから

大事なことは、脱毛サロンでどの程度ムダ毛が駆除されるかという実体験を積むことだと思います。

サロン脱毛で自分の満足する脱毛結果が得られるのであれば、痛くて高い医療脱毛クリニックに通う必要がありませんからね。

なのでオススメとしては、部位脱毛のリーズナブルな脱毛サロンで気になる部位を脱毛し、脱毛効果を試すことから始めること。

人一倍毛が太かったり、地肌が黒かったりと、脱毛に不向きな体質だった場合、脱毛サロンで十分な結果が望めない可能性もありますから、まずは少額で脱毛サロンを部位脱毛を経験することが、賢い選択だと思います。

ワキとVラインの脱毛から始める

最初に脱毛したい人気部位として「ワキ」と「Vライン」を挙げる女性は多いです。

どちらも頻繁に自己処理が必要な部位ですし、めんどうですからね。

なので、特にこだわりがない限り、「ワキ」と「Vライン」の部位脱毛を脱毛サロンで開始するのが一番おすすめです。

ミュゼなら両ワキ+Vライン美容脱毛完了コースが100円で!

ミュゼ

まずは「ワキ」「Vライン」あるいはその両方を脱毛サロンでお手入れしたいという方は、迷うことなくミュゼに決めることをおすすめします。
ミュゼのラインナップにある「美容脱毛完了コース」は、回数無制限・期間無制限でお手入れしてもらえるコースなのですが、「両ワキ美容脱毛完了コース」と「Vライン美容脱毛完了コース」が、それぞれ3600円支払うだけで受けられる破格の料金設定になっています。

さらに、キャンペーン中は「両ワキ+Vラインの美容脱毛完了コース」が合わせて100円支払うだけで回数無制限・期間無制限で受けられたりと、更にお得になっていることがあるので、要チェックです。

まずは部位脱毛からはじめて脱毛サロンの脱毛具合を確かめたい方は迷わずミュゼで決まりです。

脱毛サロンで満足できなかった次のステップが医療脱毛

脱毛サロンの良さは手軽な料金で気軽に通えるという点です。

部分脱毛であれば基本料金もリーズナブルですし、ほぼ毎月行っている「キャンペーン」を利用することで、さらに安く受けられる場合もあります。

医療脱毛は、痛み・費用面でハードルが高いという理由から、脱毛エステから始められる方がほとんどです。

脱毛エステでは永久脱毛はできませんが、通ったあとに自己処理が楽になった、毛が薄くなったという人や評判も多く、満足感を得ている人もいます。

脱毛をするなら脱毛エステから始める方が、気軽に利用しやすいのでおすすめです。

脱毛エステでの脱毛に興味のある方は、こちらのページで脱毛エステの選び方を解説していますので、参考にしていただけたらと思います。